NEXUS アーティスト・インタヴュー:WEAVER

セルフ・プロデュースによる新作アルバム『Handmade』を完成させたピアノロックバンド、WEAVER。とても意欲的で、前のめりで、熱量の高い音楽がこめられている。2009年のメジャーデビューから、CMソングやドラマ主題歌のタイアップも経て一躍人気者となった彼ら。しかし、ライヴハウスツアーに明け暮れた昨年は、一度バンドの足場をしっかりと固めることに費やされた一年だったようだ。そのことが、ピアノ・ベース・ドラムのアンサンブルに徹したサウンドの力強さに表れている。そして、以下のインタヴューでも語っているけれど、これまでの“優等生”的なキラキラしたポップスのイメージを覆すような言葉も歌われている。

なぜ新作が自分たちの殻を破るようなアルバムになったのか。その理由を、3人に語ってもらった。

取材・文=柴那典

一番意志のこもったアルバムに仕上がった

――新作は非常に挑戦的なアルバムだし、自分たちのアイデンティティを強く打ち出してきているアルバムだと思うんです。そういう手応えもあるんじゃないかと思ったんですけれども。どうですか、でき上がった感触っていうのは?

杉本
ほんとに、今までで一番いいアルバムができた自信がありますね。新しい部分、挑戦している部分を自分たちから発信していこうという思いで2012年はやってきたので、それがちゃんとアルバムとして形にできたなという。すごく手応えはあります。
奥野
今回セルフ・プロデュースっていうことで、自分たちの判断で全てを選んで乗り越えてやってきたんで、一つ一つの音が愛しい感じがありますね。これまででも、一番意志のこもったアルバムに仕上がったと思うんで。これからWEAVERっていうのはこういうバンドですっていう代名詞として出していけるような作品ができたのかなって思ってます。
河邉
制作もすごく大変だったんですよ。やっぱり自分たちだけで、誰かに判断してもらうものじゃなくて自分たちがいいと思ったものを目指すっていうのはすごく難しいことで。誰かに背中を後押しされることなく、自分たちが信じたもので進んでいくっていうのは、やっぱり悩んだりしたところもあったし。

――まず2012年の活動として「3人の音で勝負する」というテーマがあったわけですよね。その集大成としてアルバムを作ろうという。

杉本
そうですね。

――そういうテーマを掲げてやっていこうと思った最初の理由はどこにあったんですか?

杉本
2011年の秋ごろに3人で話し合って決めたんです。デビューしてからは亀田誠治さんと作品を作って、ライヴをするのにも照明さんやPAさんもプロフェッショナルな方で、困ったときには助けてもらってきて。ただ、これから次のステップにバンドが上がっていくのに何が必要なのかを考えると、やっぱりそれは自分たち3人のグルーヴ感、音楽性だと思ったんです。もっと3人でできることがあるんじゃないかっていうことに改めて気付いて。で、まず2012年春のライヴツアーを、機材搬入のような基本的なところから全部ちゃんと自分たち3人でやろうと。そこで新しいものを見つけていこうと話し合いました。

――ライヴを3人でやるとなると、曲のアレンジも発想を変えていかないといけないわけですよね。

奥野
そうですね、単純に音源を再現するには楽器が足りないので。そこをどう埋め合わせるかには試行錯誤しました。でもまあ、それって僕らが昔ピアノ・バンドになってギターがいなくなった分「じゃあ、どうしよっか」って言って、ベースがギターみたいなことをしてみたりとか、ピアノがパワー・コードを弾いてみたりとか、そのときに挑戦していたことと同じ感覚で。そういう意味でも、他の方と一緒に音楽を作る経験をした上で初心に帰るようなことができた。今まで以上に自由な発想でいろんなことに取り組めたし、そこで得られたものは大きいなって思いますね。

――3人で鳴らせる音というテーマを掲げて、まずアレンジとか、曲作りとか、サウンド面ではどういう変化が生まれました?

杉本
それまでサポートの方とやってる時間が長かったので、音が抜けた、スカスカした感じがしたので、最初はちょっと怖かったりもしたんですけど。でもやっぱりそこは3人のグルーヴ感しかないなという部分があったので、僕自身も今までと全く同じことをするんじゃなくて、改めてフレーズを作り直したりした曲はいくつかありましたね。
河邉
「MTV Unplugged」に出演したのが、さらにそういうことを考える機会になりましたね。削ぎ落とした3人だけの音でできることってどんなことだろう、極限まで減らして表現するにはどういう風にアレンジしたらいいんだろうとか、今までしなかったことに挑戦してきた。そのぶん、今回アルバムを作るときに幅が増えた感じはしますね。

新しいことを果敢にやっていきたい気持ちがどんどん膨らんできた

――11月の渋谷WWWのライヴでも、途中でキング・クリムゾンの“21世紀のスキッツォイド・マン”のカヴァーをやってましたよね。ああいうスリリングなアンサンブルをやったり、インプロっぽいことをやったりしてもちゃんとWEAVERの音になるという感触もあったんじゃないかと思うんですけれど。

河邉
ライヴハウスツアーで初めてそういうセッションみたいなことをやったんです。ライヴハウスだからできること、その場限りでできることがもっとあった方がいいんじゃないかっていうことで、3人のアドリブでいろんなことをするシーンをちょっとずつ増やしていって。普通より早く入ってアレンジを作ってみたりもしましたね。それまでは、歌を聴きにきてるお客さんが多いからそういうことをしても喜ばれないんじゃないかという怖さもあったんですけど、実際にツアーでお客さんが喜んでくれるのを見て、どんどん挑戦できるような気持ちになっていきました。

――セッション的な感覚が増えてきたことって作る曲にも影響を与えました?

杉本
それは間違いないです。やっぱりもう、精神的にも自分たちから新しいことを果敢にやっていきたい気持ちがどんどん膨らんできたので。今まではライヴをするにしてもお客さんが盛り上がるため、歌を伝えるためにわかりやすくしないといけないっていう、安心感みたいな部分を求めすぎてたと思う。でも、そうじゃなくて音楽ってその中にフックとなるような、惹きつける、次何が起こるんだろうとか、「これ何をやってるん?」っていう部分が、伝えたいメッセージの強さを増してくれると思うので。そういうフックになる部分を一番表現できるのが音だと思うし、今回はたとえば曲を作るときでもリズムから作っていって、そこから後でメロディを乗せたり、今まであんまりやらなかったこともやってみました。
奥野
たとえば“Shall we dance”は3人でセッションっぽく作り直して。元の曲より、ちょっとヒリヒリした感じというか、刺激的な感じになったと思います。

――“風の船 〜Bug's ship〜”とか“Reach out”みたいに、途中で拍子が変わったり、展開がどんどん変わっていくような曲もありますよね。こういう、割りと自由度の高い曲があるのもこのアルバムのポイントかなと思ってるんですけど、その辺はどうですか?

杉本
ほんとに、今言ってもらった2曲っていうのはそういうセッション感とか、自分たちがこの一年で得たものが一番現れている曲じゃないかなって思いますね。“Reach out”はツアーが終わって最初にできた曲だし、“風の船 〜Bug’s ship〜”は「MTV Unplugged」を経験した上でもっといろんなことができるということに気付いて作った曲だったので。まさにその通りですね。

WEAVER

杉本 雄治(Pf & Vo)、奥野 翔太(B & Cho)、河邉 徹(Dr & Cho)

2004年兵庫県下では屈指の進学校である神戸高校の同級生として出会い、4ピースバンドWEAVERを結成。 2007年、現在の3人編成となり、ピアノロックバンド『WEAVER』としてラ イブハウス神戸VARITを中心に活動をスタート。2009年10月にデビューダウンロードシングル「白朝夢」にてデビュー。2011年までにアルバム『Tapestry』、『新世界創造記・前編』『新世界創造記・後編』『ジュビレーション』をリリース。
2012年3月からは全国31箇所33公演、WEAVER Live House TOUR 2012「Piano Trio Philosophy 〜do YOU ride on No.66?〜」を開催。全国のライヴハウスで3人の原点を再認識する為、3人だけで鳴らすありのままの音を伝えてきた。

http://www.weavermusic.jp/
『Handmade』特設サイト


New Album『Handmade』
2013年1月16日発売

<初回盤(DVD付き)>
AZZS-14 /3,300円(税込)

<通常盤>
AZCS-1022 / 2,800円(税込)

[CD収録曲]
01.Performance
02.Shall we dance
03.風の船 〜Bug’s ship〜
04.Reach out
05.blue bird
06.アーティスト
07.君がいた夏の空
08.ふたりは雪のように
09.偽善者の声
10.Free will
11.The sun and clouds

[DVD収録内容]
7月にビルボードライブ東京で開催された「MTV Unplugged」のライブ映像5曲に加え、 2012年のWEAVERのライブハウスツアー、レコーディングなどの活動に密着したドキュメンタリー映像を収録。

[ライヴ情報]
WEAVER Handmade TOUR 2013
「Piano Trio Performance」


3月20日(水・祝)仙台・Rensa
3月23日(土)札幌・PENNY LANE24
3月30日(土)新潟・LOTS
4月6日 (土)高松・MONSTER
4月7日 (日)広島・クラブクアトロ
4月13日(土)福岡・DRUM LOGOS
4月14日(日)大阪・Zepp Namba
4月20日(土)名古屋・Zepp Nagoya
4月21日(日)東京・Zepp DiverCity

インタヴューArchives