NEXUS アーティスト・インタヴュー:UNISON SQUARE GARDEN「攻めの姿勢を示したかった」“無敵感”あふれる新作にみなぎる迫力の由来

UNISON SQUARE GARDENが、5枚目となる新作アルバム『Catcher In The Spy』をリリースした。

純度の高い興奮を生み出すライヴパフォーマンスを武器に評判をどんどん高めてきた彼ら。アルバムにも、「自由で楽しいロックンロール」を掲げてきたバンドならではの、奔放な発想と生々しい迫力が詰まっている。聴いてるうちにガッツポーズをとりたくなるような“無敵感”にあふれた一枚だ。

「有無を言わせない3ピース」が作り上げた、激しく、熱く、芯の強いニューアルバム。その内実を、3人と語り合った。

取材・文=柴那典

今のこのバンドを、もっと生々しく感じてほしい

――まず、アルバムが完成しての手応えはどうですか?

斎藤宏介
(Vo, G)
第一印象はロック・アルバムができた、という感触ですね。

――ロック・アルバムができた。

斎藤
よりバンドっぽさを増してきてると思います。今の自分たちが最強だと思ってるこのバンドを、生々しく感じて欲しいと思うんですよね。それがサウンドに落とし込まれて、より骨太なものとして、音になっている。

――なるほど。田淵さんはどうですか?

田淵智也
(B)
思い通りの作品ができてよかった、という感じですね。完成図はずっとイメージしていたから、その狙い通りにできた。実は前作ほど「作っちゃったな」という感覚はなかったんですけれど。

――前のアルバムの『CIDER ROAD』の取材のときには、相当手応えある作品を作れたという話をしましたよね。

田淵
あれは今振り返っても、すごいアルバムだったと思うんです。あそこで、デビューの時からやってきた「これがJ-POPの新しい価値観になればいい」というものを突き詰めた作品が作れた。だから、今回は肩肘を張ってるような作品が続くよりも、肩の力を抜いて見せたほうがいいと思って。前作の延長線上にはないものをいれようと思って、こんな感じになりました。

前よりメンバーの背中が大きく見える

――僕としては、前のアルバムあたりからUNISON SQUARE GARDENというバンドが覚醒してきてる感じがするんですよ。すごいバンドにどんどんなってきている、というか。皆さんとしては、バンドのあり方がどう変わってきた感覚があります?

斎藤
より洗練されていた感じがありますね。任せられる部分を任せられる関係性ができてきた。僕ら3人がバンドに必要なものを1/3ずつ落としこんで、それが一つの形になる。そういうことが、よりハッキリしてきた感じがある。僕の場合はそれは歌を歌ってギターを弾くということにつきるし、そこでいいパフォーマンスをすることが、バンドを引っ張っていく力になる。そこは誰にも負けずにやっていこうと思いますし。

――持ち場がはっきりした、という?

斎藤
そうですね。
鈴木貴雄
(Dr)
ただ、3人ともやっていることの方向性はずっと変わってないと思います。「自分に何ができるか?」ということをずっと模索している。面白いことがしたいし、感動させたい。そのためにどういうパフォーマンスをするかは、僕も、スティックの持ち方、座る位置、シンバルの高さも、いろんなことを1cm単位で考えていて。それでも満足はできない。「これはできた」「でもこれはできなかった」という繰り返しです。ただ、そういう繰り返しは変わってないけれど、でも前よりメンバーの背中が大きく見えるし、お客さんの数は増えたし、間違ってないという自信も強くなった。そういう変化だと思いますね。

――よりプロフェッショナルになったということですよね。しかも、UNISON SQUARE GARDENの場合は、そのうえでちゃんと「バンドが楽しい」という感覚を全方位に放出している。それがすごいと思うんですけれども。

斎藤
それが一番のテーマですからね。そもそも3人でバンドを組んだのは、CDを出すためでも、誰かの記憶に残るためでもなくて、ただ楽しいから、ライヴをしたいというところからスタートしたんです。その気持ちが10年経ってもいまだにあるというのが一番大きい。どうやったら楽しみ続けられるのか、そのためにそれぞれが自分の持ち場をもって、そこを聖域として、やりたいことを120%やっていく。そういうことが感覚的にわかってきた感じがあるんです。

最終的にみんなが笑顔になる作り方ができた

――アルバムの中身についても訊いていこうと思うんですけれども。まず“「桜のあと(all quartets lead to the?)”と“harmonized finare”は、それぞれアニメ『夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜』と映画 『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』への書き下ろしですよね。

田淵
そうですね。

――どちらも、これまでタッグを組んできた相手との、信頼関係のあるタイアップだったわけですけれども。それはアルバム制作にどう作用しましたか?

田淵
むしろ制作に作用しないようにしたという感じかな。やっぱりいいアルバムをいい曲順、いいラインナップで作るために、いびつなものがあると困るんです。あくまで次のアルバムから逆算して考えている。ただ、特にタイアップのシングルって、アルバム以上にチーム一丸となってやるものなので、クライアントにいろんな要望があるのも、それが自分たちのやりたいことと違っても当たり前だと思うんです。ただ、僕らの場合はそこが違わなかったし、特に今回は信頼して任せてくれた。アルバムの方向性が濁らないように曲が書けたし、そこに評価をいただいたと思います。

――では、アルバムの中で“桜のあと”はどういうピースを担っている曲でしょう?

田淵
“桜のあと”は自分たちが好きな調味料を全部ぶっかけてたみたいな曲で、自分の中でもスーパーホームランを打った曲だと思っているんです。こういう曲がシングルで出せるって、すごくラッキーだと思いますね。デビュー当時だったら「これはわかりにくい」って言われてたかもしれないけれど、チームの信頼関係もあるから、最終的にみんなが笑顔になる作り方ができた。これができたからアルバムができたと言っても過言じゃない曲になったと思ってます。


田淵
ただ、この曲は『CIDER ROAD』の延長線上の一つだと思うんです。だから、それ以外の振り幅の曲でバランスをとっていくようにした。そういう意味でも、全ての基準になっている曲という気がしますね。

UNISON SQUARE GARDEN

斎藤宏介(Vo, G)
田淵智也(B)
鈴木貴雄(Dr)

透明感に溢れながらも個性的なトゲを持つ斎藤宏介のボーカルとエッジが効いたコンビネーション抜群のバンドアンサンブルが共鳴共存するROCK/POPの新世界。キャッチーなメロディーラインとアンバランスな3人の個性が織りなす鮮烈なライヴパフォーマンスで右肩上がりにセールスと動員を延ばし続ける3ピース・ロックバンド。テレビアニメ『TIGER&BUNNY』オープニングテーマ等、活躍の場を広げている。

オフィシャルサイト


ニューアルバム
『Catcher In The Spy』

2014年8月27日(水)発売

初回限定盤(2CD):TFCC-86483 / 3,241円(税抜)

通常盤(CD):TFCC-86484 / 2,593円(税抜)

【収録曲】
01. サイレンインザスバイ
02. シューゲイザースビーカー
03. 桜のあと (all quartets lead to the?)
04. 蒙昧termination
05. 君が大人になってしまう前に
06. メカトル時空探検隊
07. 流れ星を撃ち落せ
08. 何かが変わりそう
09. harmonized finale
10. 天国と地獄
11. instant EGOIST
12. 黄昏インザスバイ

初回限定盤付属LIVE CD
UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014 “桜のまえ” at Zepp Tokyo 2014.03.22

【DVD収録曲】
01. メッセンジャーフロム全世界
02. 23:25
03. kid, I like quartet
04. セク × カラ × シソンズール
05. 流星のスコール
06. ため息 shooting the MOON
07. マスターボリューム
08. きみのもとへ
09. ドラムソロ〜セッション
10. シャンデリア・ワルツ
11. ワールドワイド・スーバーガール
12. 場違いハミングバード
13. 桜のあと (all quartets lead to the?)

<初回限定盤&通常盤初回ブレス分共通封入特典>
・都内某所で行われるブレミアムライヴ招待チケットが当たる応募券
・ UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014「Catcher In The Spy」(10月〜11月開催の各地ライヴハウス公演と11月開催の各地ホール公演対象)チケット先行予約応募券


■TOUR INFORMATION

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014「Catcher In The Spy」

09月13日(土) 新潟LOTS
09月14日(日) 仙台rensa
09月17日(水) 熊谷HEAVEN’S ROCK VJ-1
09月20日(土) 岐阜club-G
09月21日(日) 福井CHOP
09月23日(火祝) 浜松窓枠
09月27日(土) 広島CLUB QUATTRO
09月28日(日) 福岡DRUM LOGOS
10月03日(金) 柏PALOOZA
10月05日(日) 松本ALECX
10月10日(金) 熊本B.9
10月12日(日) 松江canova
10月13日(月祝) 高松MONSTER
10月18日(土) 水戸LIGHTHOUSE
10月19日(日) 横浜BAYHALL
10月23日(木) 神戸チキンジョージ
10月25日(土) 奈良NEVERLAND
10月30日(木) CLUB SONICいわき
11月03日(月祝) 青森Quarter
11月08日(土) 桜坂セントラル
11月14日(金) 札幌道新ホール
11月16日(日) 栃木県教育会館
11月21日(金) 名古屋市公会堂
11月24日(月祝) オリックス劇場
11月28日(金) 中野サンプラザホール
11月29日(土) 中野サンプラザホール

インタヴューArchives