NEXUS アーティスト・インタヴュー:サンボマスター

ロックンロールとは何も8ビートと3コードでシンプルな循環メロディを激しく鳴らし歌うものだけではない。
ロックンロールとはロックをぶん回しながら、そこに集まった人の人生をもぶん回すものだ。
サンボマスターのアルバム『ロックンロール イズ ノットデッド』は、彼らの音楽的な懐のデカさと、終わりなき衝動のカタマリが完全一体となった、素晴らしいアルバムだ。
ソウルやファンクに根ざしたグルーヴ、時代的な流れと普遍性を孕んだコード展開。彼らの音楽からはここ60年間ものロックの大絵巻を感じる事が出来るが、それと同時に彼らの一曲一曲は問答無用の「今」を叩き付けて来る。

この世の中は解決出来ない事で今日もいっぱいだ。だけどその解決出来ない気持ちを抱えながらも、僕らは「明日」という前へ前へと歩を進めてしまう生き物である。サンボマスターはそんな僕らの日々と気持ちのケツを叩きながら、このアルバムでは同時にロックンロールの明日をも照らし出す。
何も変わらないかもしれない日々と世界。だけどそんなくそったれな世の中と共に、僕らは今日も生きている。その突破口を見出すのは誰か? 自分だと。そんな事に気付いていながらどこかで逃げたり楽してしまう僕らを、このアルバムは「もう休んだだろ、さあ行こう!」と奮い立たせる。

これはヴォーカルの山口隆と共にUstreamで対談をしたものをブラッシュアップしたインタヴュー。もうすぐアルバムを掲げて全国を回るツアーが始まる今だからこそ、もう一度感じて欲しいと思い、ここにアップした。
ライヴが始まってから終わるまで、ほぼずっと歌ったり叫んだり喋り倒したりと、口が閉じる瞬間がない山口の生き様を。そしてその山口という火薬を着火させたり、狙いを定めさせる役割を果たすメンバーとの頑強な絆を、是非、ライヴで確かめて欲しい。

取材・文=鹿野淳 構成=柴那典

命のきらめきに、名前をつけたかった

――まずは『ロックンロール イズ ノットデッド』というアルバムについて語ろうと思います。これは恒例の一発録りでレコーディングしたんだよね?

山口
そうですね。僕、レコーディングは一回しか演奏しないと決めてるから。

――あのやり方は明らかに寿命をかなり縮めてると思う(笑)。だってこの一瞬にすべてをかけて投げ出すというのは相当神経を使うだろうから。

山口
うん。あれはね、やる前にめちゃめちゃ緊張するんですよ。おかしなテンションになって始めるんで。レコーディング中に心臓が痛くなることもあります。オススメしないですね(笑)。

――そもそもサンボマスターというバンドが一発録りでレコーディングするようになったのは何故なんですか? 自分のリスペクトしていた人達と同じやり方で、いわば魂を受け継ぎたいという意識があったから?

山口
そうですね。僕らが出てきた2000年くらいの頃って、大概の音楽のやり方が出揃ったみたいなことを言われていて。そうすると、新しいことをやろうとすると、マインドで新しくするしかねえなって思ったんですよね。新しい痛みとか新しい喜びに対応するには、方法論をどうこうするより、むき出しのことをやるべきなんじゃないかと思って。何より、僕はロックンロールをやってるから、嘘をつきたくないというのがあるんですね。むき出しじゃない演奏をやりたくない。

――『ロックンロール イズ ノットデッド』もね、そのとても激しい思いを、とても柔らかい音楽にしている。素晴らしいアルバムを作ったと思います。

山口
あぁぁ、ありがとうございます!

――これはどういうところから作っていったの?

山口
バンドマンって、3・11の震災が起きてから、ものすごく活動しましたよね。被災地にすぐ物資を運んだ。布団を持っていったり、水を持っていったりした。僕はまずそれを、すごく尊敬したんです。

――自分たちも猪苗代湖ズとして音楽をすぐに配信していたよね。

山口
僕もそれはやらせていただきました。ただ、それはもう性分なんだから、黙っていたって、やるだけで。でも、みんなが大変な中、行動を起こした。逆境を跳ね返す力があった。僕はその事自体に名前をつけたかったんです。それで『ロックンロール イズ ノットデッド』というタイトルにした。ミュージシャンだけじゃなくて、ロックンロールが好きな人、音楽が好きな人、その全員が持っている命のきらめきに、名前をつけたかったんです。

サンボマスター

2000年結成。山口隆(唄とギター)、近藤洋一(ベースとコーラス)、木内泰史(ドラムスとコーラス)によるスリーピースバンド。2003年にメジャーデビュー、まっすぐで力強い歌詞と、ロックンロールからブルーズ、ソウルなど幅広い影響を感じさせるバンドサウンドで、多くのオーディエンスを虜にしてきた。2011年には初のベストアルバム『サンボマスター 究極ベスト』をリリース。2012年にはレーベル、マネージメントを移籍し、『ロックンロール イズ ノットデッド』を発表。

http://www.sambomaster.com/


New Album
『ロックンロール イズ ノットデッド』

2012年7月11日発売

【初回限定盤】VIZL-477 / ¥3,500(税込)
【通常盤】VICL-63885 / ¥3,000(税込)

[CD収録曲]
1. ロックンロール イズ ノットデッド
2. あなたのことしか考えられない
3. 恋する季節 ~NHK Eテレ「大天才! てれびくん」エンディングテーマ曲オリジナルバージョン
4. ビューティフル
5. I love you & I need you ふくしま ※初回盤限定チャリティ・トラック
6. あなたに心奪われたから
7. 希望は捨てない
8. 静かに光りつづけるもの
9. 泣いてばかりじゃ見つからないぜ ~ハードコアスイートソウルの誕生~
10. 青春のかけら
11. 君だけ信じてみたかった
12. 衝動バケモノ
13. うまくいくんだよきっと
※「I love you & I need you ふくしま」を本CDに収録するにあたり、1曲分相当の収益を 福島県災害対策本部に寄付させていただきます。

【ライヴ情報】
「ロックンロール イズ ノットデッド ツアー」

09/17(月・祝)沖縄 ナムラホール
09/21(金)熊本 DRUM Be-9 V1
09/23(日)福岡 DRUM LOGOS
09/27(木)仙台 Rensa
09/29(土)郡山 HIP SHOT
10/08(月・祝)新潟 LOTS
10/12(金)高知 X-pt.
10/14(日)高松 オリーブホール
10/19(金)大阪 ZEPP NAMBA OSAKA
10/21(日)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
10/26(金)名古屋 ZEPP NAGOYA
11/02(金)広島 CLUB QUATTRO
11/04(日)金沢 AZ
11/09(金)札幌 ペニーレーン24
11/15(木)東京 ZEPP DIVERCITY TOKYO
11/16(金)東京 ZEPP DIVERCITY TOKYO

インタヴューArchives