NEXUS アーティスト・インタヴュー:サカナクション 山口一郎が語る「バンド主催の野外レイブパーティ」計画

現在、全国ツアー「SAKANAQUARIUM2014"SAKANATRIBE"」真っ只中のサカナクション。今回のインタヴューは、今の彼らがそこで新たに見出そうとしているものについて、語ってもらった。

アルバムを引っさげてのツアーではないだけに、バンドにとっての今の時点での集大成と新しい可能性を見せる場となっている今回のツアー。「SAKANATRIBE」というタイトルも、そのヴィジョンを象徴する言葉になっている。

それを一言で言うと、バンドが新しい「音楽体験の場」を生み出そうしている、ということ。キーワードは「野外レイブパーティ」だ。

果たしてどういうことなのか?

取材・文=柴那典



いずれサカナクション主催の野外レイブパーティをやりたい

――今回のNEXUSのインタヴューでは、ライヴツアーについての話を聞ければと思っています。今はまさに全国ツアーの真っ最中で。

山口
はい。

――今やっている「SAKANAQUARIUM2014 "SAKANATRIBE"」というのは、新作アルバムをリリースしてのツアーというわけではないわけで、どういう位置付けと意図が今回のライヴツアーにあるのかというところから話してもらえればと思うんですけれども。

山口
まず “SAKANATRIBE”って名前を今回のツアーから初めて使っているんですけど、それはいずれサカナクション主催の野外レイブパーティをやりたいと思っていて。そのレイブパーティの名前を“SAKANATRIBE”にしたいんだっていうところからなんですね。そういうことを前回のツアーが終わったときくらいにスタッフのみんなに話していて。

――なるほど。レイブパーティをやりたいと思ったのは?何故

山口
今の日本のフェスって、親切すぎると思うんですよ。トイレがあって当たり前、会場までバスがあって、食べ物があって。

――環境が整備されすぎていて、テーマパークのようになっている。

山口
そうそう。それはそれで一つとしていいんですけど、やっぱり僕が音楽に感動してきたことの一つには環境というのもあったんですね。こういうシチュエーションだからこそ、こういう音楽に感動するという感覚があって。もちろん、ただ単に過酷な環境を提供したいわけじゃないんですよ。ただ、ミュージシャン側からどんな風に音楽を聴くかの環境を提案できるとしたら、僕はやっぱりレイブだなと思った。それも、親子で来れるような、初めての野外音楽とキャンプが一緒になる音楽パーティみたいな、すごく規模のデカい盆踊りみたいなもの。そういうのが、サカナクション主催でやれたらいいなっていう考えがあって。それをいきなり始めるんじゃなくて、とりあえず”SAKANATRIBE”という名前でのツアーをやった上で延長線上にレイブパーティっていうものを着地させたいという。

テーマは「0から100」

――なるほど。それはすごく興味深い試みですね。

山口
なので、今回のセットリストも、それを見据えた上での集大成的なセットリストになっていて。そういう意味合いを持つツアーなんですよね。「0から100」っていうのがテーマなんですけど。

――「0から100」というのは?

山口
いろんな意味合いがありますね。ボリュームが0から100っていうのもあるし、アンダーグラウンドからオーバーグラウンドへっていう意味もあるし、「過去から今」というのもあるし。いろんな意味で「0から100」。それを上手く表現したかったっていうのが今回のセットリストです。

――リリース後のツアーではないだけに、「サカナクションというバンドはこういうバンドである」っていうことをプレゼンテーションする場になっているわけですね。

山口
5人だけがサカナクションじゃなくて、演出もサウンド面も含めて、いろんな人が関わりあって一つのコンサートが作り上げられているわけで。それをより分かりやすく表現したのが今回のツアーだし、いつかやる野外レイブパーティもそういうものでありたいんですね。

サカナクション

2005年に活動を開始し、2007年にメジャーデビュー。日本の文学性を巧みに内包させる歌詞やフォーキーなメロディ、ロックバンドフォーマットからクラブミュージックアプローチまでこなす変容性。様々な表現方法を持つ5人組のバンドである。

2013年3月には6枚目となるアルバム「sakanaction」をリリース。バンド史上初のオリコン週間1位を記録し、トップ10にも4週連続でランクイン。今なおロングセールスを続けている。

このアルバムリリースに続く全国12カ所18公演、幕張メッセ2デイズや大阪城ホールなど大型アリーナクラスを含む全国ツアー「SAKANAQUARIUM2013 sakanaction」を開催。各地、即日ソールドアウトする反響をみせた。

2014年1月から新たに全国ツアー「SAKANAQUARIUM 2014 "SAKANATRIBE"」が開催されている。

音楽的な評価も受けながら「ミュージシャンの在り方」そのものを先進的にとらえて表現し続けるその姿勢は、新世代のイノベーターとして急速に支持を獲得している。

オフィシャルサイト


■TOUR INFORMATION
「SAKANAQUARIUM2014
“SAKANATRIBE”」


3月01日(土) 新潟 新潟テルサ
3月07日(金) 福岡 ZEPP FUKUOKA
3月08日(土) 福岡 ZEPP FUKUOKA
3月11日(火) 東京 ZEPP TOKYO
3月12日(水) 東京 ZEPP TOKYO
3月15日(土) TOKYO DOME CITY HALL ※追加公演
3月16日(日) TOKYO DOME CITY HALL ※追加公演

3月28日(金) 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)
3月29日(土) 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)
※振替公演

9th Single
『グッドバイ/ユリイカ』(両A面)

2014年1月15日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD):VIZL-607 / 1,800円(税抜)
通常盤(CD):VICL-36857 / 1,200円(税抜)

【収録曲】
1. グッドバイ
2. ユリイカ ※映画「ジャッジ!」エンディング曲
3. 映画(AOKI takamasa Remix)

<DVD>
1. ユリイカ MUSIC VIDEO
2. Behind the scenes of SAKANAQUARIUM 2013 sakanaction -LIVE at MAKUHARI MESSE-



山口x津野対談

サカナクション インタビュー

インタヴューArchives