NEXUS アーティスト・インタヴュー:REDMAN 「とにかく常に、何事にも熱くありたい」――情熱の5人組REDMANが語る音楽愛とアニメ愛

1stミニアルバム『FLAME OF LIFE』をリリースしたREDMAN。「情熱の赤」を掲げた名前通り、真っ直ぐでエモーショナルな熱を込めたロックを鳴らす5人組だ。石川聡を中心に集まったメンバーが鳴らすのは、迫力あるギターサウンドと、その裏腹にある繊細な感情。そして、もう一つのバンドの大きな特徴は、全員が濃くて強い“アニメ愛”を持っているということ。1stシングル“Callenge the GAME”は、アニメ『遊戯王ZEXALⅡ』のエンディングテーマ。よくあるタイアップではなく、その裏側にはアニソンへの強い思い入れもあったという。その辺りのことも語ってもらった。

取材・文=柴那典



NEXUS SELECT


俺、歌っていないとダメになってしまう人間なので

――まずはREDMANというバンドがどんな風に始まって、どういうところを目指しているのかという話を聞ければと思うんですけれども。どういうきっかけで始まったんでしょうか。

石川
まず、俺がもうひとつバンドをやっていまして。2012年の末ぐらいに活動休止をせざるを得ない状況になったんですよね。それで半年くらい期間が空いてしまうということになって。そこで俺のソロプロジェクトを立ち上げようってなったのがそもそものきっかけだったんですよね。俺、歌っていないとダメになってしまう人間なので、少しでも歌っている場所が欲しいという理由もあって、このプロジェクトを立ち上げて。それでことの発端が始まった感じです。

――最初はバンドをやろうっていう始まりではなかった?

石川
そうですね。

――それがバンドになったのは?

石川
ソロをやろうってなったときに1ヶ月後にライヴが決まっていたんですよ。その間でメンバーをイチから探して、曲を作ってリハーサルに入ってライヴをするっていう無茶苦茶なスケジュールではあったんですけど、それを達成して。元々地元のライヴハウスを通じて仲良かった杉原(亮)と(吉岡)宗一郎と大熊(桂斗)をまず集めて、その4人でバンドを始めて、ライヴをしていって、レコーディングもその翌月にしてって感じの活動でした。

――いきなり全速力ですよね。

石川
そうですね。前々から予定していたものではなくて、急遽立ち上がったプロジェクトだったので、全てが急ピッチで進んでた。細かいことを考える余裕もなく、怒涛の日々を過ごした感じでした。

即断ですね。「やる」って言ったら早いので。

――元々みなさんは地元のライヴハウスで付き合いがあった。

吉岡
そうですね。

――みなさんは声がかかったとき、どういう第一印象だったんでしょうか。

杉原
(石川)聡とはずっと友達みたいな感じで8年くらい付き合いがあるんです。家も近かったり、一緒に遊んでたりもして。お互いのやっているバンドも知ってたので、音楽的にも尊敬していて、いずれ一緒にやりたいなとは思っていたんです。で、そのときちょうど僕も別のプロジェクト誘われてたときで、聡に相談して。「メタルバンドに入らないかっていう話があるんだけど、メタルはやったことないから悩んでるんだよね。」みたいな話をしたら、「お前、俺とやれよ」って。「じゃあ、やる」って言って決めたという。

――なるほど。即断でした?

杉原
即断ですね。彼はもう「やる」って言ったら早いので。その日のうちに「一緒に俺んちに来い」みたいな感じで聡んちに行って、こういう曲を作ろうって。年末には渋谷でライヴがあるぞ、みたいなどんどん進んで行っちゃった感じです。そんな状況でやっていましたね。

――吉岡さんも即断でした?

吉岡
はい。ベースがいないっていうんで、「俺いるよ」って。それで声をかけてもらって。

――5人になったというのは?

石川
この4人で始まってから、活動していく中で(園木)理人くんを入れた感じですね。元々杉原が知り合いだったんだよね。
杉原
そうですね。元々渋谷のライヴハウスを拠点に僕がライヴ活動していたんですけど、そこで出会って。もともとギタープレイに憧れがあったんですね。で、もう1人ギターを入れて5人組でやろうっていうときに、やっぱり理人くんが思い浮かんで。それで「こういうバンドを始めるんだけど、よかったらどうですか」って誘った。
園木
それで「やる」って。即答です。最初はサポートやったんですけどね。でも、最初に入った時点で「なんか面白いなこの人たち」って思ってたので。バンドっていいなって。バンドに対しての憧れとか、羨ましいなって気持ちはあったんです。その中で亮が声かけてくれて。そこからバンド魂がふつふつと再燃してきて。あるタイミングをきっかけに「REDMANでよろしくお願いします」って。
大熊
アー写のタイミングだよね。「どうする? 撮っちゃう?」みたいな。

――そこで言っとかないと言い出せないですもんね。

園木
「このタイミングちゃうんかな〜。おれもやりたいな〜これ」っていう(笑)

即断ですね。「やる」って言ったら早いので。

――元々みなさんは地元のライヴハウスで付き合いがあった。

吉岡
そうですね。

――みなさんは声がかかったとき、どういう第一印象だったんでしょうか。

杉原
(石川)聡とはずっと友達みたいな感じで8年くらい付き合いがあるんです。家も近かったり、一緒に遊んでたりもして。お互いのやっているバンドも知ってたので、音楽的にも尊敬していて、いずれ一緒にやりたいなとは思っていたんです。で、そのときちょうど僕も別のプロジェクト誘われてたときで、、聡に相談して。「メタルバンドに入らないかっていう話があるんだけど、メタルはやったことないから悩んでるんだよね。」みたいな話をしたら、「お前、俺とやれよ」って。「じゃあ、やる」って言って決めたという。

――なるほど。即断でした?

杉原
即断ですね。彼はもう「やる」って言ったら早いので。その日のうちに「一緒に俺んちに来い」みたいな感じで聡んちに行って、こういう曲を作ろうって。年末には渋谷でライヴがあるぞ、みたいなどんどん進んで行っちゃった感じです。そんな状況でやっていましたね。

――吉岡さんも即断でした?

吉岡
はい。ベースがいないっていうんで、「俺いるよ」って。それで声をかけてもらって。

――5人になったというのは?

石川
この4人で始まってから、活動していく中で(園木)理人くんを入れた感じですね。元々杉原が知り合いだったんだよね。
杉原
そうですね。元々渋谷のライヴハウスを拠点に僕がライヴ活動していたんですけど、そこで出会って。もともとギタープレイに憧れがあったんですね。で、もう1人ギターを入れて5人組でやろうっていうときに、やっぱり理人くんが思い浮かんで。それで「こういうバンドを始めるんだけど、よかったらどうですか」って誘った。
園木
それで「やる」って。即答です。最初はサポートやったんですけどね。でも、最初に入った時点で「なんか面白いなこの人たち」って思ってたので。バンドっていいなって。バンドに対しての憧れとか、羨ましいなって気持ちはあったんです。その中で亮が声かけてくれて。そこからバンド魂がふつふつと再燃してきて。あるタイミングをきっかけに「REDMANでよろしくお願いします」って。
大熊
アー写のタイミングだよね。「どうする? 撮っちゃう?」みたいな。

――そこで言っとかないと言い出せないですもんね。

園木
「このタイミングちゃうんかな〜。おれもやりたいな〜これ」っていう(笑)

小さい頃からアニソンや戦隊モノの歌が大好きだった

――REDMANというバンド名がついたのは?

石川
覚えやすい名前をつけたいなっていうのがあって。元々アニメや戦隊モノが好きで、このバンドでは熱いメッセージを歌っていきたいというのがあったので、「熱い男=REDMAN」っていう名前にしたという感じです。

――5人組っていうのも戦隊モノをリスペクトしている?

石川
そうなんですよね。結構繋がることもあって。小さい頃からアニソンや戦隊モノの歌が大好きでずっと歌っていたので。そういうものとリンクしてこの名前がいいなっていう風になりましたね。

――ちなみにアニメとか戦隊モノ好きっていうのは聡さんだけ? それともみなさん共通していますか?

石川
みんなわりと好きですね。

――みんなで一緒にアニメの劇場版を見に行ったりとか?

石川
ありますね。
杉原
大体共有してますよね。「聡今何見てるの?」とか話したり、それを見たり、逆にあれいいよみたいな。大体アニメの話しかしてないです。

――ということは、シングルが出て、アニメの主題歌になったということは自分たち的にも願ったり叶ったりな感じだった?

石川
そうですね。それがプロジェクトを続けていって、俺の中でもうひとつの居場所だなって感じのがだんだん膨らんできた時期だったんですね。短期のプロジェクトじゃなくて、ひとつのバンドとして一から活動していきたいっていう思いもすごくあって、動員ゼロの段階から何本かライヴを続けていたんですけど、そのときに遊戯王のアニメの話が来て。それはコンペだったんですけど、応募する機会があるから、どうせ無理だろうけどやってみない?みたいなことを言われたんですよね。で、俺が本当にアニメが好きだったので、絶対にこのチャンスは掴みたいと思って。杉原と一緒に1日で曲を作り上げて、次の日にはコンペに出してた。歌を始めたときからずっとアニメの歌を歌いたいというデカい夢があったので。それが叶えられたのが、このバンドで本当にやっていこうというものが決定づけられたすごくきっかけになったんです。

REDMAN

石川聡(Vo)、園木理人(Gt)、 大熊桂斗(Dr)、杉原亮(Gt)、吉岡宗一郎(B)からなる5人組。2013年、石川聡を中心に様々な経歴を持つメンバー5人で結成。ヘヴィロック、エモ、ポップス、パンクというジャンル感のまったく違うバンドを経験してきたメンバーで構成され、その表現力の振り幅、柔軟さがこれからの将来性を煽っている。情熱の赤=REDをバンド名に掲げ、時代に流されない常に熱い音楽をシーンに投げ掛け、切り裂く様なサウンドとは裏腹にポップネスなメロデイを奏で、内に篭る感情や激情を体現する。2013年11月に1stシングル『Challenge the GAME』、2014年2月に1stミニアルバム『FLAME OF LIFE』をリリース。

オフィシャルサイト


1st Mini Album
『FLAME OF LIFE』

2014年2月26日発売
NIR-1 / 1,800円(税込)

【収録曲】
1. Sirius
2. imbalance
3. HOWLING
4. C.P.R
5. ZEBLA
6. FLAME OF LIFE

【LIVE INFORMATION】
・ 閃光ヴァイヴレイト
4/16高田馬場CLUB PHASE

・ SHIBUYA DESEO PRESENTS 「BEAT OUT」
5/7 SHIBUYA DESEO

インタヴューArchives