NEXUS アーティスト・インタヴュー:ROTH BART BARON 「ミュージシャンは、ギターを弾くことによって世界の秘密を暴く仕事」若き俊英の二人組ロットバルトバロン、その突き抜けた発想

初のフルアルバム『ロットバルトバロンの氷河期』でデビューした東京出身の二人組、ROTH BART BARON。すでにかなりの人がその規格外の才能にざわめいている。僕もその一人だ。最初に聴いた時には本当にびっくりした。深遠なハーモニー、アコースティックの繊細なサウンド、そして三船雅也(Vo/G)の透き通るハイトーンボイス。ひんやりと現実と非現実の境目を溶かすような歌詞の言葉も印象的だ。他のどこにもない、不思議な生命力に満ちた音楽を奏でている。

一体どんな発想からこの音楽が生まれてきたのか、インタヴューで探った。

取材・文=柴那典



お互い、友達同士だと踏み込まない部分まで踏み込む感じがある

――アルバムのリリース後の掲載になるんですが、改めてインタビューしたいと思って取材をオファーさせてもらいました。

三船
ありがとうございます。嬉しいです。

――アルバムが出てから、反響はありました?

三船
なんか「言われてるよ」っていうことを誰かに聞いたことあるくらいです。直接「すごいよ!」って言われたことはあんまりなくて。

――ほんとですか? じゃあ今言います。このアルバムはすごいです、ほんとに。

三船
ありがとうございます。なんか実感が湧かないところがあるんですけどね。

――これはね、どこにもないアルバムだと思います。フリート・フォクシーズとかボン・イヴェールとか、海外のアーティストと比べているようなレビューや紹介文も沢山あって、確かにそれもわかるんですけど、僕としてはあまりそういう「和製なんとか」みたいな感じは全然しなくて。むしろどこにもない架空の原風景というか、謎の源流を辿ってるような感じがあるんですよね。だから、僕としては、どういうところからこの音楽が生まれたのか知りたい。まず、そもそも二人は中学時代の知り合いだったということですが。

三船
そうですね、同級生でした。テニス部でペア組んでました。

――その時は別に音楽を一緒にやることになるとも思ってなかった。

三船
まったくそうですね。部活やったり、オフの日は彼の実家でゲームやったりとか、そんな感じで遊んでました。そこから卒業を機にお互い別々の進路に行って、その後大学生の頃に合流して。そしたらお互い音楽をやってたから。それをきっかけにCDを貸し合うようになったり、いろんな音楽の映像とかドキュメンタリーを見たりして、一緒に遊ぶようになったんですよね。

――その時はお互いどういう音楽をやってたんですか? 中原さんは?

中原
僕は、ちょうど高校を卒業するタイミングぐらいに部活を引退して、その仲間とバンドを組んでたんです。その時はブルーハーツとかミッシェル・ガン・エレファントとか、そういう日本のロックを中心にやってたり聴いてたりしてました。

――三船さんはどうですか?

三船
僕は家で宅録してました。友達がいなかったので(笑)。家でコンピューターでひたすらレイヤーを重ねていく作業をして。ビーチボーイズとかが好きだったんで、たくさんヴォーカルのハーモニーを作る実験をしてました。

――そういう手ほどきをしてくれた人はいたんですか?

三船
きっかけになった人は知り合いの、僕が通ってた学習塾のおじさんですね。クラシックロックが好きな、60代ぐらいのビートルズ世代のおじさんで。みんなが勉強をやってるそばでアナログレコードをかけたり生でギターを弾いてるような、ちょっと変わったおじさんで。そこにコンピューターがあって、ソフトがあったんで、そこでちょっと知ったっていう感じですかね。それをきっかけに始めた感じです。

――中学時代は普通にテニス部のペアだったわけですけど、この二人ならではの共通してる感覚はありました?

三船
共通してる感覚……うーん、なんだろう……。音楽的じゃないところで言えば、一緒にペアを組んで試合をしていて、「あと1球で負ける」とか、シリアスな勝負ごとのステージに一緒に立った。それは普通の友達ではなかなかできない経験だと思います。だから、ライヴに一緒に挑んでいく感じとか、なんかちょっと勝負している感覚みたいなのがある。そういうのはありますね。
中原
お互い、あんまり友達同士だと踏み込まない部分まで踏み込む感じはあるかもしれないですね。友達だったら「まあ、いっか」と言って深く入らなくてもお互い楽しいんですけれど、部活だとそこで言わないと負けちゃうし、ちゃんと伝えないと上手くいかない。そういう部分まで共有できたのはデカかったです。
三船
なんだろうね、楽しみのツボが違うよね。
中原
確かに、そのへんはあるかな。

500年そこそこの、最近できた「日本らしさ」には、わりと違和感がある

――このROTH BART BARONというバンドはどういう風にして始まったんでしょうか。

三船
始めようって感じじゃなかったですね。遊んでるうちにだら〜っと始まった。リハーサルスタジオを借りて一緒に練習したり、近くの児童館の、学童保育の子たちが集まる音楽室で一緒にやったりして。

――そこはどんな場所なんですか?

三船
ドラムセットとかアップライトのピアノとか木琴とか。置いてあるんですよ。そこにアンプとかを持ち込んだらタダでできるから、かついでいって。子供たちが見てる中でやったりしてましたね。そういう遊びの延長で。
中原
うん、遊びだと思う。「今日一緒に買い物行こう」みたいな感覚で、「じゃあ今日は音楽室に行って一緒に音出してみよう」みたいな。

――お二人、地元は東京ですよね?

中原
東京ですね。
三船
目黒区のほうです。

――ROTH BART BARONの音楽には都会的なセンスとは全く違う、独特のルーツ感があるんですよね。これは何だろうって思っていて。お二人が感じる東京らしさって、音楽の中にあったりします?

三船
いわゆる「東京」というのは、あんまり意識したことがないかな。みんな東京の歌とか作るけど、あんまり作る気にもならないし。どっちかっていうと今興味があるのは、ここ500年ぐらい言われている、江戸から続く首都としての東京、日本のシンボルとしての東京感っていうものより、わりともうちょっと古いほうが好きだなとは思います。

――古いというと、どれぐらい古いところですか?

三船
僕、わりと、いわゆる500年そこそこの、最近できた「日本らしさ」には、わりと違和感があって。あんまり日本ぽくないなっていうか。もっと古墳時代とか、出雲とか、あっちのクラシックな日本というか、もっとルーツ的なもののほうですかね。渡来人が来る前の時とか、そういう時代のほうの日本のほうが好きだというか。もっと奥の、ディープなところ、後から作られた概念じゃないところを掘りたいなと思っていて。縄文時代だったり弥生時代だったりもそうですけど……いや、弥生よりも前かな? あのあたりのことは、本を探すんですけどなかなか見つからなくて(笑)。

――なるほど。それは古い。

三船
東京じゃなくなっちゃいましたけど(笑)。

――いや、でも、今三船さんが言ったことってすごくROTH BART BARONの音楽の「らしさ」に通じてる気がするんですよ。縄文時代とか古墳のことに興味を持ったり、500年ぐらいを「ここ最近」って言える感じ。普通20代の若者が「ここ最近」と言う時は2~3年だと思います(笑)。

三船
あはは。確かに。

――でも、少なくとも興味の向く方向としてはすごい広い時間軸がある。

三船
そうですね、わりと。

――これは昔からそうだったんですか?

三船
いや、なんかわかんないですね。歴史の成績は全然良くなかったんですけどね(笑)。なんでしょうね、でも音楽をいろいろ聴くようになって、例えばロックのルーツってなったら、いわゆるビートルズとかストーンズから遡って、エルヴィス・プレスリーにいって、どんどんルーツに戻っていって、黒人のブルースになって。そこからまた戦前にまで遡ると、どうやらバンジョーっていうのはアフリカの楽器とアイルランドの楽器がミックスされて作られた楽器らしいぞっていうことがわかって。そしたらブルースのルーツがアイルランドにあるということがわかる。アイルランド人がアメリカに渡っていったのも、ものすごい貧しかったからで。そうやって世界地図ができてくるじゃないですか。それの延長な気がしてます。そういうのを知るのが好きな性分なんでしょうね。

――そういう性分は中原さんも昔から知っていた?

中原
うーん……そうだな、何かひとつのことに興味を持ったら、けっこう掘り下げるタイプではあるなと前から思ってました。でも、そこまで深いとは思ってなかった(笑)。

一番根底にシンプルにあるのは歌うこと

――そういう風に、いろいろ物事を掘り下げている性分って、三船さんの中ではどんな風に培われてきたものなんでしょう?

三船
うーん、どうでしょうね。もともと凝り性なのはあるけど、男の子って、例えば機械があったら一度分解してみたくなるじゃないですか。たぶんそういうことなんじゃないかな。車が動く仕組みはわかってるんですけど、どうにかして一度ガソリンが爆発してるところが見たい、というか。葉っぱの裏側はどうなってるのかなとか、そういうことをしていくとちょっと自分がものを知った気になれるというか。世界の秘密に気付けるじゃないですか。僕、ミュージシャンはギターを弾くことによって世界の秘密を暴く仕事というか、そういうことができると思ってるから。そういうことだと思います。

――なるほど、なるほど。いや、そうですよね。

三船
いろんなことがわかると、ちょっと楽しくなるじゃないですか。自分が当たり前と思ってたものが覆されたり、逆に、実は思ってたほどでもないとかがっかりしたり。そうすると、退屈なルーティンから外れられるっていうか、楽しいんですよね。

――たぶんね、僕も含めてたくさんの人間は、たとえば自動車があったら、アクセルとブレーキがある、ハンドルがある、これをこう握ってこうすれば運転できる、で、交通ルールはこうなってるんだって知識と考えを深めていくと思うんです。でも、三船さんはガソリンが爆発してるところを見たいっていう方向にいく。それが、この音楽になっている。

三船
そういう感じだと思います(笑)。

――いやあ、そういう音楽ですよ。

三船
世の中ね、そういうのが一杯あるんですよ。なかなか1回の人生で調べきれないんですけど。

――そういう性分を踏まえたうえで、ROTH BART BARONの音楽の型としては、フォークミュージックっていうのがひとつの規範になっている。このフォークっていうものに惹かれる理由っていうのは?

三船
プリミティブなところですね。余計なものが入らないというか、人間の発声に合ってるというか。肉体的なんでしょうね。1920年代のフィールドレコーディングの、スミソニアン博物館のコレクションとか聴くと、やっぱりすごくナチュラルだし。なんていうのかな……一番根底にシンプルにあるのは歌うことだけだと思うんです。フォークギター1本で単調なメロディを繰り返し歌ってるだけなのに、どうしても古い、1900年代初頭のアメリカの景色が浮かんできたりとかする。ウディ・ガスリーとか、そうなんですよね。その街の景色が見えたりとか、ちょっと昔の人はこうだったんじゃないかって、想像のきっかけを与えてくれる感じがある。そういうのがわりと好きなんでしょうかね。それでいて、低音は一切入ってない音楽なのに、すごくお腹の底にくるっていうか。17、8歳の時にいろいろ音楽を聴くようになって、「この異様なものは何だ」という衝撃を受けて、そこからという感じですね。

――中原さんはその時点で、ウディ・ガスリーとか言われても知らなかった。

中原
全然知らないですね。
三船
あはは。巻き込んだんです。
中原
17、8歳ですからね。フォークと言われるものをいろいろ聴いて、いいなと思って。僕はガレージロックとかを主に聴いてたので、そこに三船が持ってるルーツというか、持ってるものと馴染んでいったと思います。

――三船さんの歌声も印象的ですけれど、あの歌い方は初期からああだった?

三船
そうですね。僕、昔から声高くて、話しててもすごい違和感があったし、イヤだったんですよ。ファルセットとかの垣根もあんまりなくて。でも、ある時ニール・ヤングに出会って「あ、こんなじいさんになるまでああいう歌い方でいいんだ」っていう見本になって。すごく励まされたっていうか。そこから、ああいう感じになった。初期からわりとそうですね。だからニール・ヤングとかは僕にとってけっこうデカい存在です。

――なるほど。

――しかも、宅録をやってた時から、声を何重も重ねるっていうことは興味としてずっと持っていた。

三船
そうなんですよね、ハーモニーを作るのは深くておもしろいです。

ROTH BART BARON

中原鉄也(drums/piano)
Tetsuya Nakahara
三船雅也(vocal/guitar)
Masaya Mifune

2008年結成、東京出身の2人組ロックバンド。2010年に自主制作による1stEP「ROTH BART BARON」、2012年には2nd EP「化け物山と合唱団」をリリース。disk unionやJET SETから多大な支持を受ける。ギター、バンジョー、マンドリン、ピアノ、和太鼓、グロッケン、マリンバ、フィドルなど多種多様な楽器を使い、壮大なサウンドスケープと美しいメロディ、剥き出しの感情と生命力に満ちあふれた歌詞が作り出す圧倒的な世界観は日本の音楽シーンだけに留まらず、SoundCloudをはじめとする音楽系SNSサイトから多くの賞賛コメントを受けるなど、海外での評価も高い。2014年1月には初となるNYツアーを成功させる。

オフィシャルサイト


1stアルバム
『ロットバルトバロンの氷河期 (ROTH BART BARON’S “The Ice Age”)』

2014年4月16日発売
PECF-1094 / 2,400円+税

【収録曲】
1. 氷河期#1(The Ice Age)
2. 氷河期#2(Monster)
3. 氷河期#3(Twenty four eyes / alumite)
4. 春と灰(Ashspring)
5. 蠅の王(Lord of the Flies)
6. Buffalo(taivaan helmi)
7. 帰還(Cheap Fall)
8. 炎(Neonlight)
9. オフィーリア(Ophelia)

■LIVE INFORMATION

ROTH BART BARON’S
“The Ice Age” TOUR 2014

5月29日(木) 心斎橋 CONPASS
5月31日(土) 鶴舞 KD ハポン
6月01日(日) 京都 Live House nano
6月07日(土) 渋谷 TSUTAYA O-nest

「The Ice Age」発売記念
アコースティックインストアライブ
5月30日(金) 心斎橋 FLAKE RECORDS

インタヴューArchives