NEXUS アーティスト・インタヴュー:ねごと 「楽しさがあればそれで本当にOK」――ねごと、ミニアルバムで突入したフレッシュな新境地

2ndミニアルバム『“Z”OOM』をリリースしたガールズロックバンド、ねごと。ミニアルバム『Hello! “Z”』でのメジャーデビューから4年、2枚のフルアルバムとツアーを経て風格を増してきた彼女たちが、もう一度フレッシュな「第二章」の始まりのスイッチを入れたような作品だ。

きらめきを詰め込んだストレートなポップチューン“真夜中のアンセム”を筆頭に、ねごとならではのファンタジックでエモーショナルな世界観が活き活きと展開される6曲。昨年にはOKAMOTO’SやThe SALOVERS、BLUE ENCOUNTなど同世代のバンドとの対バンツアーを回った4人に、新作と、自分たちの“世代感”について訊いた。

取材・文=柴 那典


自由さ、のびのびさ、これがやっぱり“ねごとらしさ”だ

――ミニアルバムを聴いたら、すごく風通しが良いというか、フレッシュというか、そういう感触があったんですけれども。

澤村
あら、いい言葉だ(笑)。

――確か、前のアルバムの『5』を作っていた時には、自分たちのライヴとか、音楽との向き合い方とか、そういうことに苦悩してたという話を聞いた覚えがあって。

蒼山
はい。

――なので、その時とはちょっと手応えは違うのかな、と。

蒼山
はい。今回はすごく自由に作った感じがありますね。『5』を作ったからこその自由さ、のびのびさ、これがやっぱり“ねごとらしさ”だって、やっと自分たちで見つけられた感じはすごくあって。楽しかったですね、今回は。

――『5』を作った時と、何か変わったりしたんですか?

澤村
全部変わりましたね。全員大学を卒業もしたし。
蒼山
うん。チームが全部変わりました。
藤咲
まず、環境が変わったんですよ。
沙田
卒業したタイミングで、マネージャーや制作スタッフが全員変わって。それによってバンドの中の空気も変わりました。「まずは何をどういう風にやりたいのか」ということを託された感じがあって。私たちがこのチームを引っ張って制作やライヴをしたいという話をまずみんなでしたんです。

――その時に、これからのねごとを進めていく上でのキーワードとかテーマとかイメージとかって出たんでしょうか?

沙田
『5』のツアーが終わってから、アルバムとツアーはどうだったんだろうって振り返って話す機会があって。その延長で、ただ単に「じゃあ次の新しいことをやろう」っていうよりも、まず解放されて、どんなライヴがしたいのか、一回まっさらな状態で考えようよって。そこがテーマだったと思います。
澤村
一つ一つ納得して進もうねっていうことを話しましたね。
沙田
前作のアルバム『5』では自分たちの中で、枠をせばめちゃった部分があったなって思う部分もあって。それを一回取っ払ってみようかっていうのが今回の作品なんですよね。
藤咲
シングルの『シンクロマニカ』からだよね、言ってみれば。

まず、ライヴを楽しくやりたい

――枠を取っ払ったことによって、まずは音楽的なところでどういう変化が生まれたと思いますか?

澤村
いきいきとしている(笑)。
沙田
「次、どういう作品を作ろう?」ってなった時に、今までのねごと像って、みんなのキーワードとして「無機質だよね」とか、「ちょっとあたたかみがないよね」とか、そういう感じで。でも実際はそれだけじゃないっていうことにみんなも気付いていて。今回、3rdアルバムに向けて、もっと、人間味があって、活き活きとしていて、有機的な風通しの良いものにしたいねっていう。多分それって、もともとあったものなんですよ。もともと奔放だし自由だし溌剌としてた。

――その変化は楽曲にはどうやって反映されたんでしょうか。

澤村
全部つながってましたね、結構。ライヴから自分たちのモチベーションとか、自分たちの今のモードとか、全部。
沙田
まず、ライヴを楽しくやりたいっていうところからスタートしたんですよね。自分たちが一番活き活きできる場所はライヴだから。それをやり始めたら、まずライヴがよくなっていったんですよね、自由度が増していった。気持ちを込めて歌おう、じゃなくて気持ちがこもってる感じになってきた。「伝えなきゃ」じゃなくて「伝わるんだな」みたいな、そういう実感が湧いてきたんですよね。

ねごと

全員平成生まれの蒼山幸子(Vo&Key)、沙田瑞紀(G)、藤咲佑(Ba)、澤村小夜子(Dr)からなるガールズ4ピースロックバンド。2008年、高校3年生のときに出場した10代アーティスト限定のロックフェス「閃光ライオット」で審査員特別賞を獲得。2010年、1stミニアルバム「Hello!“Z”」でデビュー。2011年3月リリースの1st シングル「カロン」がau「LISMO!」CMソングに起用され注目を浴びる。その後『ex Negoto』『5』と2枚のフルアルバムをリリース。2014年3月12日に最新ミニアルバム『“Z”OOM』を発売した。

オフィシャルサイト


2ndミニアルバム
『“Z”OOM』

2014年3月12日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)KSCL-2367〜8 / 2,205円(税込)
■DVD:「“Z”OOM」制作の裏側に密着!
“Recording diary & The making of photo shoots”収録
■ねごと presents「お口ポカーン!!“Z”OOM in Z day」チケット
最速先行抽選受付シリアルナンバー封入

【通常盤】(CD)KSCL-2369 / 1,890円(税込)
■初回仕様:ねごと presents「お口ポカーン!!“Z”OOM in Z day」チケット
最速先行抽選受付シリアルナンバー封入

【収録曲】
1. 真夜中のアンセム
2. Dreamin’
3. M.Y.D.
4. 風惹かれ
5. 迷宮ラブレター
6. 勲章

■TOUR INFORMATION
ねごとpresents
「お口ポカーン!! “Z”OOM in X day」


5月01日(木) 渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
5月02日(金) 渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
7月20日(日) 六本木 EX THEATER ROPPONGI

インタヴューArchives