NEXUS アーティスト・インタヴュー:MONKEY MAJIK

初のクリスマスシングル『A Christmas Song』で、出色のコラボレーションが実現した。「Monkey Majik +小田和正」名義でリリースされる新曲は、MONKEY MAJIKがかねてから尊敬し、昨年から徐々に交流を深めてきた小田和正を迎えたプレシャスなクリスマスソング。3人のピュアな歌声が、純度の高いハーモニーとなって溶け合っている。「大切な人と大切な日を過ごす」ということをモチーフに、家族の姿を描いた、温かい幸福感に包まれるような一曲になっている。

メンバーのツイッターでのつぶやきヘの反響をきっかけに生まれ、Facebook上での投票から選曲された「ファンに対してのプレゼント」としての英語盤ベストアルバム『ENGLISH BEST』も、同時にリリース。さらに、12月21日には、東日本大震災復興支援プロジェクトのチャリティーライヴ“SEND愛”の東京公演が行われる。

仙台を拠点に活動を続ける彼らは、2012年の冬、どんなことを思うのか。4人に話を聞いた。

取材・文=柴那典

大切な人を失った人たちの心に少しでも寄り添えるような曲を作りたい

――まずは新曲“A Christmas Song”、これはどういうきっかけで、どういうところから作り始めたんでしょうか。

tax
MONKEY MAJIKとしてもクリスマスソングは初めての挑戦というのがあったし、何よりも大切な日に流れる曲っていうのは大切に作りたいという思いが常々あって。今まであえて通ってこなかった道だったんですよね。大事にして、来るべき日が来たら作ろうって思ってたんです。で、その決断っていうのは、やっぱり震災とは切り離せない部分があって。大切な人を失った人たちの心に少しでも寄り添えるような曲を作りたい、僕らMONKEY MAJIKが力になれるようなことがあれば、何でもしたいというところが大きな理由でした。

――小田和正さんとコラボレーションをしたというのは?

tax
曲自体、僕たちMONKEY MAJIKだけで大切に大切に作り上げてきたものなんですけど、そこに小田さんという神様のような、お父さんのような存在の力を借りれたらという思いがだんだん強くなってきて。作品としてはもう素晴らしいものができてたんですけど、そこに小田さんがもし協力してくれたら、さらに力強い作品になるんじゃないかなって。で、手紙をお送りしたら快諾していただいて。そして、さらにいい作品に仕上がっていったという感じです。

――小田和正さんとは今回のコラボ以前にも、去年のテレビ番組『クリスマスの約束』の共演とか、トリビュートアルバム『言葉にできない〜小田和正ベストカバーズ〜』への参加とか、いろいろな交流はあったと思うんですけど。知り合ったきっかけっていうのは最近なんですよね。

Blaise
そう。1年前ぐらいかな。

――初めて一緒に音楽をやった時の印象ってどんな感じだったんでしょうか?

Blaise
すごい!(笑)。
一同
(笑)。
Blaise
自分たちにとって神様みたいなアーティストは日本にもたくさんいますけど、小田和正さんはそのトップクラスで。まさか一緒にコラボができるなんて、絶対ないと思ってた。インディーズの時にずっと小田和正さんの曲を聴いて、「いいね、これ。いつかはこのステキなアーティストに会いたいね」って言ってて。
Maynard
普通に、ファンとして聴いてたんですよ。単純に曲もいいし、声がすごいなって。
Blaise
その頃には、まさかその何年後に『クリスマスの約束』のライヴに一緒に出たり“my home town”のカヴァーをするなんて、全然イメージできなかった。今回のコラボも、最高にステキな経験になったね。
DICK
“SEND愛”っていうライヴに出演してもらえないかっていう話をしたのがたぶん最初のコンタクトだったと思うんですけど、そこから本当に少しずつ、だんだん仲良くなっていったので、その流れは自然といえば自然だったかもしれないなというのは今思えばありますね。

完璧に曲の雰囲気が変わった

――今回の曲の制作過程で、小田さんの歌声が入ったヴァージョンを聴いた時の第一印象はどうでした?

Blaise
完璧に曲の雰囲気が変わったね。あと、彼の声がすごく美しくて、Maynardの声と合ってると思いますね。僕がハスキーでクリアな感じで歌っていて、小田さんがすごく爽やかで、Maynardも爽やかな感じで。もうバッチリ、パーフェクトコラボレーションだった。
tax
やっぱり小田さんが入ってこうなればいいなってイメージしてた通りでしたよ。実際ヴォーカルを聴いた時にも「やっぱこうだった!」ってバンザイするみたいな(笑)。
DICK
でも、やっぱりもう少し歌ってもらえば良かったね(笑)。

――もともと持っていた“A Christmas Song”という曲のイメージは、小田さんが入ることでどのように膨らんだのでしょうか?

tax
小田さんが入ってくるパートから、ストーリー的にも場面転換みたいな感じにはなってたんですけど、そこの世界の広がり方に、ものすごい奥行きが出たっていうか。ほんとにビックリしたっていうのが正直な意見っていうか。想像を超えてた部分はありましたね。「上手い!」って思いました(笑)。
一同
(笑)。
tax
小田さんの声の若さにもビックリしたし、ほんとに音楽に真剣に向き合ってきた人なんだなっていうのが伝わってきたし。
DICK
曲をすごく理解してくれてるんだなって思いましたね。

MONKEY MAJIK

カナダ出身のMaynard(Vo&G)、Blaise(Vo&G)兄弟と日本人のリズム隊tax(Dr)、DICK(B)からなるハイブリッドバンド。2000年に結成し、今もなお仙台を拠点に活動している。
2006年binylrecordsに移籍し、1stシングル「fly」をリリース。全国FM局パワープレイ33局獲得。フジテレビ系ドラマ「西遊記」の主題歌「Around The World」(2ndシングル)が爆発的ヒットを記録。
結成10周年となる2010年にはベストアルバム「MONKEY MAJIK BEST〜10Years&Forever〜」を、2011年にはアルバム「westview」をリリース。2011年東日本大震災後は “SEND 愛”プロジェクトを立ち上げチャリティーイベントを実施。2012年3月アルバム「Somewhere Out There」を発売。12/5に小田和正とのコラボレーションシングル「A Christmas Song」と全編英語詩のベストアルバム「ENGLISH BEST」が発売される。

http://www.monkeymajik.com/


シングル
『A Christmas Song』


2012年12月5日(水)発売
AVCH-78038 / 1,260円(税込)

[ 収録楽曲 ]
1. A Christmas Song
2. LET IT SNOW  LET IT SNOW LET IT SNOW (カバー曲)
3. Have Yourself A Merry Little Christmas (カバー曲)

アルバム
『ENGLISH BEST』




2012年12月5日(水)発売
CD:AVCH-78041 / 2,940円(税込)
CD+DVD:AVCH-78039/B / 3,990円(税込)
CD+Blu-ray:AVCH-78040/B / 5,040円(税込)

[ CD収録楽曲 ]
01. Headlight
02. Together
03. 空はまるで
04. 虹色の魚
05. CHANGE
06. U.F.O
07. Black Hole
08. HERO
09. アイシテル
10. 魔法の言葉
11. Around The World
12. Pretty People
13. The Man You were
14. goin’places
15. Fall Back
16. MONSTER
17. Everything is going be alright
18. fly
19. Open Happiness

[ DVD & Blu-ray収録内容 ]
MTV Unplugged LIVE映像 at Billboard Live TOKYO
1. Apology Accepted
2. delayed
3. Around The World
4. Livin’in the sun
5. RAIN
6. 魔法の言葉
7. HERO
8. Headlight
9. U.F.O

【ライヴ情報】
MONKEY MAJIKチャリティーライブ
”SEND愛”東京公演

日時:2012年12月21日(金)
会場:東京NHKホール
開場/開演:18:00/19:00
出演:MONKEY MAJIK
チケット料金:全席指定\6,090-(税込)
※当日券\6,500-(税込)
3歳未満入場不可。6歳以上チケット必要。

インタヴューArchives