NEXUS アーティスト・インタヴュー:星野源

――単に映画のテーマに即して曲を作るより、もう一歩踏み込んでいる感じがしますね。

星野
でも、映画の内容自体、『これがテーマです』って大々的に掲げてないんですよね。そうすることの恥ずかしさを監督も僕も知っているし、でもちゃんとそこに踏み込んでもいる。そういうところですごくシンパシーを感じたし。映画を観てもらえればわかると思うんですけれど、ものすごく主張と熱さがあるんですよ。ただ、それを熱く見せないところに、信頼を感じました。

――完成した曲が映画のエンディングロールで流れたのを観た時にはどう思いました?

星野
東宝の大きなスタジオで、映画館の状況でミックスをしたんですよ。スクリーンがあって、そこで流れたのを観た時には感動しましたね……。『こういうことをしたいな』ってずっと思ってたことがやれたと思いました。

今までよりももっと前向きな曲を作りたいと思ってた

――しかも“フィルム”という曲は、『エピソード』を経て、自分が次にやろうと思っていたことともぴったりハマる形でやれたという。そういう実感もあるんじゃないですか?

星野
そうですそうです。『エピソード』自体が、かなりつらい気持ちの中で、でも負けないぞという気持ちの中で作ったアルバムで。『この苦しみはたぶん終わります、たぶん!』というようなアルバムだった。で、『やっぱり終わった!』という状況の中で、自分が思っていたことは間違ってなかったという、気持ちいい状態で日々を過ごしている頃に映画のオファーがあって。その前から、明るい曲、今までよりももっと前向きな曲を作りたいと思ってた時期なんで。それと映画から受けた『この映画、面白い!』とか『嬉しい!』という前向きな力が、上手い具合に合わさったんだと思います。

――『エピソード』というアルバムには、渦中の感じがあるんですよね。曲はゆったりしているし、メロディは優しいんだけれど、のっぴきならない感じがある。

星野
そうですね(笑)

――で、“フィルム”という曲は明るいけど、それを捨ててないですよね。「のっぴきならない」という感覚も、ちゃんと踏まえている。

星野
いきなり、めちゃくちゃ明るくなっちゃってもいいと思うんですけど、『あれ、嘘だったの?』ってことになっちゃうから。自分なりの明るさですよね。あと、面白いんですよ。のっぴきならないことを書くのって。暗い歌詞でも面白がって作ってるんです。だからいつも歌詞のバランスとしては<のっぴきならなさ>が上だったりするんですけど、今回はそれを踏まえて<でも、いいことがありますよ>という歌詞にできたと思っています。

星野源


1981年、埼玉生まれ。シンガーソングライター。学生の頃より音楽活動と演劇活動を行う。2000年に自身がリーダーを務めるインストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」を結成。2003年に舞台「ニンゲン御破産」(作・演出:松尾スズキ)への参加をきっかけに大人計画事務所に所属。10年にファーストアルバム『ばかのうた』、11年にセカンドアルバム『エピソード』を発表。ミュージシャン、俳優、文筆業、映像ディレクターなど多方面で活躍中。

http://www.hoshinogen.com


2ndシングル

2ndシングル「フィルム」
2012年2月8日(水)発売
[初回限定盤(CD+DVD+スリーブケース)]
VIZL- 456 定価¥1,890(税抜¥1.800)
[通常盤(CD)]
VICL-36683 定価¥1,260(税抜¥1,200)

[ CD収録内容(初回盤・通常盤共通) ]
1.フィルム
2.もしも
3.乱視
4.次は何に産まれましょうか(House ver.)
5.落下(House ver.)

[DVD収録内容(初回限定盤のみ)]
『フィルムのビデオ』
監督:山岸聖太
Music Video:
「フィルム」(監督:沖田修一)
「日常」(監督:山田一郎)
Live:
『星野 源の「エピソード1」』
(@SHIBUYA-AX 2011/10/02)
Documentary:
Recording & Music Video メイキング
星野 源 in 台湾
など

星野 源とスタッフたちによる
オーディオコメンタリー収録


【ツアー情報】
『エピソード2以降』
1月29日(日)札幌・ペニレーン24
2月2日(木)仙台・RENSA
2月7日(火)名古屋市芸術創造センター
2月9日(木)広島クラブクアトロ
2月10日(金)福岡・天神イムズホール
2月12日(日)大阪・サンケイホールブリーゼ
2月20日(月)東京・中野サンプラザ

インタヴューArchives