NEXUS アーティスト・インタヴュー:Hello Sleepwalkers「自分にないものが自分から生まれた時にすごく感動する。喜びを覚えます」――よりドラマティックに、より刺激的に進化した音楽集団の現在形

バンドの「底知れなさ」をさらに強く信じさせる新作が到着した。ミニアルバム『Liquid Soul and Solid Blood』をリリースした5人組、Hello Sleepwalkers。新作では前作『Masked Monkey Awakening』に続いてリチャード・アーチャー(Hard-Fi)との共同プロデュースが実現、全6曲、それぞれに激しくハイテンションな曲調が実現している。デジタルな発想が、曲作りやサウンドメイキングをさらに革新させている。

11月には自主企画イベントツアー“走りだす生命体TOURS”も開催される。変貌を遂げるバンドの今を、シュンタロウ(Vo/G)に聞いた。

取材・文=柴那典




新作は原点に帰った感じ

――前作から8ヶ月という短いスパンのリリースですけれども、作っていく過程もストレートな感じだったんでしょうか?

シュンタロウ そうですね。前の作品を作った直後から作ってた曲が何曲かあったし、それでミニアルバムを作ろうとなって、曲自体もできていったので。

――アルバム『Masked Monkey Awakening』を作って、バンドのアイデンティティみたいなものがはっきりしてきた感覚はありました?

前の作品はどちらかというと、それまでやってこなかったライヴを意識した作り方っていうのをやったんですよ。それがあの段階でできたのは良かったなと思うんですけど。でも、今回は、いい意味でも悪い意味でも、ライヴを考えてなくて。だから新作は僕としては原点に帰った感じなんです。

――もともと設計図をかなり綿密に作るタイプのバンドですしね。直球よりも変化球を投げたがるバンドだし。それを踏まえて、ちゃんとライヴバンドとして勝負できる説得力をすごくつけてきたここ1、2年があった。

そうですね。

――でもこれを聴くと、改めて、このバンドは見たことのないものを目指していくバンドだなっていう感じがする。

やっぱりイチから決めてやるのもいいとは思うんですけど、今回は曲が先にあったので、これはこれで面白いかなと思ってやりましたね。音的にも広がってると思います。

“百鬼夜行”は前作を踏襲して、一歩踏み出した感じ





――作っていく中で、このミニアルバムの方向性が定まるポイントになった曲っていうと?

そうだな……ないですね(笑)。というのも、ほんとに何も考えず、もう僕らが好きなものを詰め込んでいくだけっていう感じでできたので。もうどれが中心とか最初はわかんない状態で。まあ、“百鬼夜行”かな? 最後に作らなきゃなと思ったというか、必要だろうなという曲ができて、それでまとまったかなっていう感じですね。

――必要、というのはどういう感覚だったんですか?

やっぱり前作から引き継いできたもの、ライヴで勝負するっていう方向にも一歩進まなきゃなというか。そういう面で“百鬼夜行”は前作を踏襲して、一歩踏み出した感じはあるかな。

――なるほど。確かに曲それぞれ、いろんな発想を持って集まっているわけですね。

そうですね。

――じゃあ曲ごとに話を聞いていこうと思うんですけれども。まず最初にできたのが“Ray of Sunlight”なんですよね。緩急のついたリズムの曲ですけれど、この方向性っていうのはどういうモチーフから出てきた?

この曲はタイアップだったので、そこからですね。歌詞はこれだけ全部英語詞なんですよ。それだけは注文というか、そうしてくれっていうのがあって。

――スポーツブランドのUNDER ARMOURのCMに使われた曲なんですよね。

でも、曲に関しては制約がほとんどなくて、好きに作らせてもらいました。映像を見せてもらったんで、それに上手いことマッチする、引き立てる感じがいいなと思って。漠然としたそういうイメージだけでしたね。




Hello Sleepwalkers

シュンタロウ(Vo, G)、マコト(B)、ナルミ(G, Vo)、タソコ(G)、ユウキ(Dr)からなる5人組ロックバンド。2011年10月にタワーレコード限定シングル「センチメンタル症候群」をリリースし、2012年1月にはA-Sketchよりデビューアルバム「マジルヨル:ネムラナイワクセイ」を発表。2014年2月には、2ndアルバム『Masked Monkey Awakening』をリリース。複雑な構成のサウンドと独創的な歌詞世界、エモーショナルなライブパフォーマンスで注目を集めている。

オフィシャルサイト


ニューミニアルバム
『Liquid soul and Solid blood』

2014年10月22日(水)発売
AZCS-1037 / 1,700円(+税)
[ 収録楽曲 ]
1. 百鬼夜行
2. Worker Ant
3. アキレスと亀
4. 朝に二人は
5. デジボウイ
6. Ray of Sunlight

TOUR INFORMATION

Hello Sleepwalkers presents
「走りだす生命体TOURS」

11月16日(日) 恵比寿リキッドルーム
 w/ People In The Box

11月23日(日) 沖縄 桜坂セントラル
 w/ ハッピージェームス2時48分

11月27日(月) 大阪 心斎橋ジャニス
 w/ 木下理樹 from ART-SCHOOL ..and more


インタヴュー | Hello Sleepwalkers

Hello Sleepwalkers presents「走りだす生命体」ライヴレポート

インタヴューArchives