NEXUS アーティスト・インタヴュー:Hello Sleepwalkers 「気持ちいい方向にただ進んでいく」Hello Sleepwalkersの特異なバンド力学を解き明かす

いよいよその独自の感性が花開いている感じがする。シングル『午夜の待ち合わせ』、そして2ndアルバム『Masked Monkey Awakening』が共にiTunesロックチャートで1位を獲得。新世代のロックバンドとして徐々にその名を轟かせ始めている5人組、Hello Sleepwalkers。2年ぶりとなる新作は、男女ヴォーカルにトリプルギターの編成を活かし、畳み掛けるようなフレーズの応酬で今までにない快感ポイントを突いてくるような一枚だ。

5月には初の東名阪ワンマンツアー「Hello Sleepwalkers 2014 "TAKE YOUR MASK OFF"」も開催される。アルバムについて、ライヴについて、そしてバンドの未来について語ってもらった。

取材・文=柴那典



遠回りしてきたけど、ようやく辿り着いた

――今回の取材をさせていただいてるのが、ニューアルバム『Masked monkey Awakening』のリリース日です。手応えはどうでしょう?

シュンタロウ
(Vo&Gt)
発売前はシングル『午夜の待ち合わせ』のリリースやPVを公開してきて、その後のライヴでは一緒に歌ってくれるお客さんも沢山いて。今回のアルバムはライヴでやるってことを突き詰めて突き詰めて作ったアルバムなんで、その甲斐があったと思いました。


――ライヴに向けて作った作品であるということは、今回のアルバムにおいては大きなポイントだったんでしょうか。

シュンタロウ
そうですね。それまで、お客さんと共有する、一緒に作り上げていくということはこれまでは、あんまりなかったので。
タソコ
(Gt)
今回のアルバムの中で、“円盤飛来”の次に古いのが“Comic Relief”なんです。この曲は以前にライヴをやっていたときに、反応がよくて。ライヴ感もあるし、お客さんと共有できて楽しめるんじゃないかと思った。そういう風に、お客さんからの反応を見て感じるところも大きかったです。
シュンタロウ
今回は遠回りしてきたけど、ようやくそこに辿り着いたと思います。

――遠回りというのは、どういうことだったんでしょう?

シュンタロウ
僕らの最初のアルバムでは、わりと平熱感を保っていたところがあったと思うんです。今回のアルバムでいうと“天地創造”のような、楽曲の空気感を伝える曲が多かった。で、2ndアルバムでも、最初はわりと作品っぽいものを作ろうと思っていたんです。ちょっと難解なことをやっていて。

――シングル『円盤飛来』の時にそういうコンセプトの話をしていましたよね。まず物語を作って、それをいろんな登場人物の視点から描いたようなアルバムになると。

シュンタロウ
そうですね。それが12曲くらいあって、その中の1曲が“Comic Relief”だったんです。その時点では浮いていたんですけれど、今回は馴染んでますね。

――ということは、2ndアルバムは最初は“円盤飛来”や“Comic Relief”を含むコンセプトアルバム、一つの物語を描くものとして構想していたわけですよね。でも、そうじゃなくなった。

シュンタロウ
今ようやくこのアルバムが完成して、2ndアルバムがこれで良かったなって最近思うようになって。いずれこういうアルバムを作っていたと思うんです。だから、今回、このタイミングでこの曲を出せることが大事なことだった。前の計画は座礁したんですけれど、遠回りしたぶん、いいものができたと思います。

何重にも衝撃を与えていく

ーーHello Sleepwalkersは、基本的にテンプレートをなぞらない楽曲の作り方をしますよね。そういうオリジナルなものでありながら、ライヴに来た人にもその熱がすぐに伝わるような楽曲になっている。それって、すごく難しい二つを両立させるチャレンジだと思うんです。その感覚はどういう風に掴んでいったんでしょう?

シュンタロウ
今回のアルバムは、気持ちいい方向にただ進んでいくということを突き詰めた感じですね。このフレーズが気持ちいいというのを繰り返して、何重にも衝撃を与えていくっていう。それが必要だと思って。ちょっと意識的にやっていた部分はありますね。

――気持ちいいポイントって、どういうところ?

シュンタロウ
なんだろう……。まずは自分が感動することですね。それがモチベーションにもつながるし、絶対に必要なものだと思っていて。それを、前回まではひと繋ぎで次から次へと訪れるように作っていたんです。だけど、今回はいわば安心できる気持ちよさを目指したところはありますね。

――いろんなフレーズが次々と繰り出されるし、手数は相当多いと思うんですけれど。

シュンタロウ
3人パワーコードを弾くことが不可能だし、自然にそうなっちゃうんですよね。やっていて楽しいというのもあるし。

――聴いている側もそういう楽しさに引き込まれるような感覚がある。

シュンタロウ
そうですね。ここから入る人も楽しめるかなって思います。僕ららしさを失っていないし、取り込める人が増えたんじゃないかな。

「また変な曲を作ってきたな」

――アルバムの中で、メンバーの皆さんが思い入れの深い曲は?

ナルミ
(Gt&Vo)
作ってきたときに「これはリード曲になるな」と思ったのは、“猿は木から何処へ落ちる”ですね。「また変な曲を作ってきたな」と思ったけど、サビがすごくキャッチーだったんで、一押しになるだろうし、アルバムに入れたいって。“Bloody Mary”もいいけど、歌っていて楽しいのは“猿は木から何処へ落ちる”かな。
タソコ
僕は、初めてアルバムに自分の曲が入るんで。“砂漠”と“Countdown”ですね。今も曲を作っているんですけれど、今回の曲は最初の一歩のようなイメージです。

――これはシュンタロウさんに聞きたいんですが、タソコさんが作る曲はバンドの中でどういう位置づけになってきているんでしょう?

シュンタロウ
僕が求めているのは、やっぱり自分じゃできないことなので。バンドの違う面を見せてくれるし、タソコが作る曲はギタリストが光る、ギターを弾いていて楽しい曲なんですよね。違ったカラーが出て面白いと思います。

――マコトさんの思い入れの強い曲はどうでしょう?

マコト
(Ba)
僕は“Bloody Mary”と“砂漠”ですね。2曲とも、ベースはほとんどルートしか弾いていないんです。今まではフレーズも複雑な方を選んでいたんですよ。でも今回はそればかりだと曲に太刀打ちできないなと思った。曲に負けた感じです(笑)。口惜しいという意味で印象深いですね。
ナルミ
でもまあ、普通のベーシストはルート弾くけどね(笑)。下で支えるというか。
タソコ
マコトは4人目のギタリストみたいですからね。“ Countdown”でも、最初はもっと上のほうのフレーズを弾いていたんです。やっぱりベースが動きまわりたいんだなって。

――ユウキさんはどうでしょう?

ユウキ
(Dr)
僕は”天地創造”ですね。他の曲は僕なりにシンプルにしたつもりなんですけど、この曲はアルバムの中でも”円盤飛来”を除くと”Comic Relief"と同じくらい前からできていた曲で。デモの段階でめちゃめちゃ練りたかったんですよね。でもレコーディング本番では全然できなくて。
シュンタロウ
今回、ギリギリまでやってたからね。
ユウキ
めちゃくちゃ苦労したんですよ。という意味で思い入れは強いですね。


Hello Sleepwalkers

Hello Sleepwalkersはシュンタロウ(Vo&Gt)、ナルミ(Gt&Vo)、タソコ(Gt)、マコ ト(Ba)、ユウキ(Dr)からなる平均年齢22歳のロックバンド。
2011年10月「センチメンタル症候群」でインディーズチャート1位を獲得。
2012年1月にデビューアルバム「マジルヨル:ネムラナイワクセイ」、6月に「円盤飛来」をリリースし各地の夏フェスに出演!
2014年に1月29日にシングル「午夜の待ち合わせ」、2月19日にアルバム「Masked Monkey Awakening」をリリース。

オフィシャルサイト

2ndアルバム
『Masked Monkey Awakening』

2014年2月19日(水)発売
AZCS-1027 / 2,300円(税込)

[ 収録楽曲 ]
01. 猿は木から何処へ落ちる
02. 午夜の待ち合わせ
03. Bloody Mary
04. Comic Relief
05. 砂漠
06. 天地創造
07. 23
08. 越境
09. Countdown
10. 円盤飛来



■TOUR INFORMATION
Hello Sleepwalkers 2014
“TAKE YOUR MASK OFF”


5月03日(土) 大阪 心斎橋Music Club JANUS
5月04日(日) 名古屋 ell.FITSALL
5月18日(日) 渋谷CLUB QUATTRO

インタヴューArchives