NEXUS アーティスト・インタヴュー:group_inou

group_inouがリリースした3枚目のアルバム『DAY』が、じわじわと評判を集めている。ロックでもヒップホップでもなく、自由でぶっ飛んでる音楽を鳴らす二人組。どこの枠にもハマらないけれど、持ち前のチャーミングさと切れ味で、今までにないポップの「ツボ」を開拓したアルバム。それが、これまで以上に幅広く伝わり始めている。

トラックメイカーのimaiとMCのcpの2人組。imaiはエレクトロからドラムンベースまで多彩なトラックを手掛け、cpは《不思議な詐欺に遭ったんです/と回想する目はどこか穏やか》(“CRISIS”)、《カップル おしどりのカップル アッパッパー アッパー》(“JUDGE”)など、聴いてるうちに頭のネジが緩んできそうなリリックを歌いラップする。既成概念にとらわれないポップの形はどんな風にして生まれたのか? そして二人はどこを目指すのか? 後半ではかなり赤裸々な言葉も飛び出すインタヴューになった。

取材・文=柴那典

もともとアウェイ戦しか経験したことがない

――アルバム『DAY』は、今までにあるフォーマットとか型にハマってない、非常に不可思議なポップになっていると思います。これがどういう風に出来上がったかという話を訊いていければと思うんですけれども。まず、アルバムはどういうところから作り始めたんでしょう?

imai
僕たちの場合はずっと曲を作ってるんですよね。だから、「ここからこのアルバムの制作開始しました!」っていうのはなくて。今回のアルバムも昔からライヴでやってた曲も何曲か入ったりしてるんで。

――そこはやっぱり、自分たちのレーベルで、自分のペースでやれるということのメリットを感じながらやっている感じですか?

imai
はい、ありますね。
cp
その通り!って感じです(笑)。自然に曲が溜まって、アルバムとして出すという。そんなセカセカしてないですしね。
imai
当たり前のことですけど、最低限自分たちが納得いく形までは練り込んでから出したいっていうのがあるんで。周りを見てると、すごい焦ってるなって思うんですよ。すごいケツの叩かれ方をしてるなっていう(笑)。それを反面教師にしながらやってる感じはあると思いますけど。

――これまで、group_inouはフェスやイベントなどいろんな振り幅のステージに出て、アウェイの場でもお客さんを掴んできた感じというのを見て感じるんですけれども。お二人としても、そういう実感ってあります?

imai
うーん……どうなんだろう? 基本、アウェイしかないんですよね、ホームは自分たちのワンマンぐらいで。基本、このシーンにいます、みたいなのがないんで。だからもともとアウェイ戦しか経験したことがないっていう(笑)。大きい後ろ盾があるわけでもないし、徐々にやってきた実感があるんで。その都度、毎回新しいところに出ていけば出ていくたびにアウェイっていう感じです。

――きっちりと毎回のライヴで、1個1個アウェイでちょっとずつ勝って、ワンマンのキャパも広がって、みたいな。

imai
ほんとにそんな感じですね。ボクサーみたいな話ですけど(笑)。感覚としては、飴をちょっとしかもらえないで、ムチ9、アメ1ぐらいで走ってきた感じです。

――あははは。

imai
アメ、もうちょっと舐めたいんですけど(笑)。

ちゃんと人に面白さが伝わるようにふざけている

――アルバムは卵のデザインになっているし、1曲目の“KNOCK”も〈卵をノックする〉というリリックですけれども。これはどういうところから出てきたアイディアなんですか?

cp
ジャケットは偶然なんです。自分でもちょっと驚いたんですけど。
imai
“KNOCK”っていう曲ができてなかったぐらいの時に、先にデザインを作ってもらわなきゃいけなくて。でも、もともとレーベルのマークとして卵を使ってたんですけど。でも、やっぱり偶然ですね。コンセプトを考えてそうしたわけじゃないです。

――基本的にはimaiさんがトラックを作って、cpさんがリリックを書いているわけですよね。で、かなり自由なリリックのスタイルになってると思うんですけれど、cpさんはどういう風にしてこれを書いているんでしょうか?

cp
まずトラック聴いて、イメージして、ラップなり歌なりを乗せて。そこでまたimaiくんに返したら、imaiくんがトラックをちょっといじってまた返してきて。どんどん詰めていって、最終的に完成する感じです。

――どんな時にリリックを書いているんでしょうか?

cp
ツアーの移動中にみんなで話してて、誰かが面白いこと言ったらそれを書き留めたりとか、そういう感じですね(笑)。
imai
まあ、悪ノリで作ってますよね、この二人は(笑)。ただ、ふざけてるんですけど、ちゃんと人に面白さが伝わるようにふざけているという。


group_inou

imai[TRACK]とcp[MC]からなるユニット。自らのレーベル"GAL(ギャル)"を立ち上げ、ポップかつ破壊的な唯一無二のライブパフォーマンスで破竹の快進撃を展開中。2012年10月、約2年半ぶりとなる3rdアルバム"DAY"をリリース。

http://g-a-l.jp/group_inou/


3rd Album『DAY』

10月10日発売
GALS-011 PECF-3028 2,500円

[CD収録曲]
01. KNOCK
02. CRISIS
03. JUDGE
04. ORIENTATION
05. STORY
06. KNUCKLE
07. MONKEY
08. KNIFE
09. 9
10. CURTAIN

【ライヴ情報】
DAY release tour
10/19(金) @岡山CRAZYMAMA 2nd Room
10/20(土) @広島CaveBe
10/21(日) @福岡graf
10/27(土) @札幌mole
11/02(金) @新潟ClubRiverst
11/04(日) @仙台enn 2nd
11/09(金) @名古屋クアトロ
11/11(日) @梅田クアトロ
11/16(金) @渋谷O-EAST

インタヴューArchives