NEXUS アーティスト・インタヴュー:flumpool

flumpool、3枚目のアルバム『experience』が届いた。以下のインタヴューで4人にも繰り返して伝えているが、とにかく前のめりな“熱”のようなものが全ての曲に込められた一枚。ポップスとしての成熟やバランス感よりも、とにかく抱えている思いを余さず伝えることに徹したアルバムだ。

この2年間、彼らはライヴを繰り返す日々の中で大きな成長を遂げてきた。特に、今年に敢行したバンド史上最長のツアーは、バンドのアイデンティティを強固に築き上げるきっかけになったものだった。アルバムの楽曲には、ツアーの中で培われた成果がエネルギーと決意に変えて注ぎ込まれている。いびつで、生々しく、だからこそ堂々とメインストリームを歩むバンドに化けた覚醒の一枚だと思う。4人と語り合った。

取材・文=柴那典

ライヴで伝えられるバンドになってきた

――新作、非常に熱気のこもったアルバムだと思います。僕は初回限定盤のDVDに収録されている6月の神奈川県民ホールでのライヴを拝見させてもらったんですけれど、あの場の空気とも地続きのアルバムだという印象があって。

山村隆太
(Vo)
ありがとうございます。

――まず、今回のアルバムはどういうところをスタート地点にして作っていた感じなんでしょうか?

山村
今回はアルバムを作ろうと思って作ったアルバムじゃなかったんですよ。前回のアルバムはコンセプトがあったりしたんですけど、今回はツアーを回ってたっていうことが一番大きくて。その中で納得できるものが一番真実だと思うし、リアルだと思うんです。だから、そこに重きを置いて、今自分たちが感じることを音楽にしていこうと思って作った曲を詰め込んだものなんで。まさに写真を一冊にしたアルバムのような感じもありますね。こういう写真を撮ろうと思って撮ったんじゃなくて、一瞬一瞬の出会った瞬間を抑えて、それが増えてきてアルバムとなったっていう。そんな気がします。

――ツアーをやってきた中で見えたこと、感じたこと、成長したことには、どんなものがありました?

阪井一生
(G)
振り切れた自分がいるというか、自由になれたなっていう感じはありますね。今まで考えていた雑念がなくなったというか。自信を持ってステージに立てるようになった。今まで自分を制御して一歩引いてたようなところがあったけれど、自分自身をもっと前に出せるようになった。それは自分の中で一番大きいなと思います。
尼川元気
(B)
「Because... I am」というツアーは、個々をしっかり持つというテーマで始まったツアーで。その中で自分を見つめ直した結果、ベーシストとしての立ち位置みたいなものを見つけたかなと思ってます。繋ぎとめる感覚というか。特に僕らはシーケンスと同期しているので、ブレないシーケンスのリズムと生の演奏の前ノリ感を繋いで、その気持ちいいポイントを探れるようになったというか。
小倉誠司
(Dr)
単純にバンドとして見ると、ライヴで伝えられるバンドになってきたんじゃないかなって思いますね。今までも僕らはライヴをすごく大事にしてきたし、僕らの原点はライヴっていうことは間違いないんですけれども、デビュー当初はやっぱり右も左もわからなかったですし、それ以降はどこか背伸びしてる部分も、わかっていない部分もあったですし。でも今はわからない部分もあっても、開き直ってライヴをやれてると思う。

僕らが伝えたいことは、胸張ろうぜってこと

――山村さんはどうですか? 目の前のお客さんのムードから自分たちのやっていることの意義を再発見するようなところもあったんじゃないかと思うんですが。

山村
そうですね。まさにその通りで。一言で言ってしまうと、僕らが伝えたいことは、胸張ろうぜってことなんですよ。みんなそれぞれ、悩みや問題は違うと思うし、身の回りではいろんなことがあるけど、でもこの身体で産まれてこの声で産まれていて、そんな自分に自信を持ったらいいなと思うんですよね。それは別に自分の言ってることが全て正しいっていう意味の自信じゃなくて。こう思う、こう感じる、自分の胸がこういう時に高まる、それがもう自分であるからしょうがないっていうこと。そうやって、開き直って生きていこうぜっていうことを伝えたいなと思いましたね。“Because... I am”という曲にもそういうメッセージを込めてますけれども。

――なるほど。確かにそういう曲ですよね。

山村
で、そういうことって、ライヴの中だけじゃなくて、日常の中でも大事だと思うんです。今はネット社会になって、全世界の人と繋がれるようになったけれど、そこで誰もが自分のことを本当に表現できてるわけじゃないし。やっぱり人の目は気になるし、余計に萎縮してしまう人もいるかもしれない。いろんな人が多様な意見や価値観を持っているということが広がるにつれて、自分に自信がなくなっていくようなところもあると思う。そんな中で、やっぱり僕らはライヴを通して、それでも胸張ってこうぜってことを伝えたいんです。

――みんな誰だって自分の考えはあるし、でもそれがほんとに正しいかどうか、言い切っていいかどうかわからないみたいな迷いや不安がある。でも、不安を抱えてうずくまったり、迷いを攻撃性に転嫁して誰かにぶつけるようなことよりも、自分にとって大事なことをしっかりと持っておこうという。そういうメッセージは、音楽の中にちゃんと鳴っているように思います。

山村
うん、そうですね。それは震災もすごく大きく影響してると思います。目の前にいる人がそこにいることが当たり前じゃなくて、もう二度と会えないかもしれない。じゃあそういうときに何を伝えたいかっていうことなんです。別に明日や明後日に伝えればいい言葉ならそれは出てこない。今しか伝えられないなら言葉のチョイスにしても自然と一番重要なものだけが残っていくんですよ。それはライヴでも一緒ですね。

昨日の悲しみも、明日の憂いも、今を楽しむためにある

――楽曲のサウンドの話もしていきたいんですが、今回のアルバムは、かなりアレンジの幅も広がってると思うんです。たとえば“プレミアム・ガール”みたいな、どんどん転調するトリッキーで凝った展開の曲があって。これは、どういう風にできていった曲なんですか?

阪井
あれは、作った当初はそういう構成ではなかったんです。最初は80年代のポップスみたいなものを表現できたらいいなと思って作り始めた曲で、転調とか変拍子とかは全くなくて。メンバーと合わせていく中で遊び心みたいなものを入れてみようかっていう話になって、転調とか変拍子が加わっていったんですね。
小倉
自然でしたね。Bメロの変拍子のところも、話し合いの中で「4分の5にしたらいいんじゃない?」というような流れになっていって。

――“イイじゃない?”はどうですか? アッパーなタイプの曲で、ホーンセクションのサウンドも印象的で、こういう曲があるのもライヴっぽいアルバムっていう印象の一つになっていると思うんですけれども。

阪井
この曲は、普段とはちょっと違う作り方をしていて。いつもはメロディから曲を作ることが多いんですけど、この曲に関しては自分の頭の中では構成が完璧にできあがってて。まずアレンジを全部自分でがっつり固めちゃって、ホーンも全部入れて、ライヴ感も意識して、曲の形を完成させて。それで、メロディを最後に乗せたっていう曲で。そういう曲作りはあんまりしてなかったので印象に残ってますね。

――山村さんからすると、こういう“イイじゃない?”みたいなタイプの曲って、アルバムの中での役割ってどんな感じですか?

山村
アルバムの中っていうよりライヴの中の役割というイメージが強いですね。ライヴの中で、陽気に踊れるような曲っていう。今年のツアーの中でもすごく沢山の笑顔を見れたし、心から笑ってる人たちの姿を見てきたんですけれど、でも逆に言うと、その人たちって、ひょっとしたら実は悲しいことがあった人かもしれない。そういう辛い思いをしてきた人ほど、今を楽しむ力をすごく感じるんですよね。昨日の悲しみも、明日の憂いも、今を楽しむためにあるんだと思えば、それはすごくポジティブなものになると思いますし。そうライヴの中で感じたことっていうのをそのまま音楽として表現したいと思った曲ですね。

flumpool

2007年結成。2008年10月ダウンロードシングル「花になれ」では、デビュー10日間で100万DLを記録するという鮮烈なメジャーデビューを果たす。以降「星に願いを」、「reboot 〜あきらめない詩〜」、「君に届け」等、多くのヒット作を生み出し、2009年10月には2日間に渡る日本武道館公演を、2010年12月には4日間に渡るアリーナライブ、2011年にはさいたまスーパーアリーナ2DAYSも大成功に収め、3年連続でのNHK紅白歌合戦出場を果たす。ファン層を更に拡大し続け、2012年3月からは10万人動員となる5度目の全国ツアーを開催中。7月11日にはツアーテーマソングとも言えるニューシングル「Because... I am」をリリース。7/23付オリコンシングルウィークリーチャート初登場3位を獲得した。11月7日にはTBS系ドラマ「レジデント〜5人の研修医」主題歌となる。12月12日には2年ぶりとなるニューアルバム「experience」をリリース、2013年1月には横浜アリーナ・大阪城ホールでアリーナライブ4DAYSが開催

http://www.flumpool.jp/


3rdフルアルバム『experience』

2012年12月12日発売
DVD付初回限定盤:AZZS-12 / 3,300円(税込)
通常盤:AZCS-1020 / 2,800円(税込)

[収録曲]
01. どんな未来にも愛はある
02. Answer
03. イイじゃない?
04. Across the Times
05. プレミアム・ガール
06. Sprechchor
07. Because... I am
08. 証
09. Natural Venus
10. 傘の下で君は・・・
11. 覚醒アイデンティティ
12. The great escape
13. Touch
14. 36℃


【ライヴ情報】
■New Album『experience』リリース記念 祝!! レコ発LIVE! flumpool at Shibuya eggman!!!
2012年12月12日(水) 19:00 START
ネット6元生中継!
特設サイトはこちら

■flumpool Special Live 2013 “experience”
・横浜アリーナ
 2013年1月11日(金)
 2013年1月12日(土)
・大阪城ホール
 2013年1月16日(水)
 2013年1月17日(木)
特設サイトはこちら

インタヴューArchives