NEXUS アーティスト・インタヴュー:fhána「宙吊り感があるんです。わかりやすいとこに着地してない」――徐々に明らかになってきた「ネット3世代ポップバンド」fhánaの本質

メジャーデビューから一年を迎えたfhánaが、5枚目となるシングル『星屑のインターリュード』をリリースした。

TVアニメ『天体のメソッド』エンディングテーマとなるこの曲は、先行配信となったiTunesのアニメシングルチャートで1位を獲得。やはりアニメ主題歌となったこれまで4枚のシングルや「Animelo Summer Live 2014-ONENESS-」などへの出演を経て、大きくファン層を広げてきている。

もともと、バンドシーンに属しながらネットでの楽曲発表を行ってきた佐藤純一、ニコニコ動画でボカロPとしても活動してきたyuxuki waga、ネットレーベルから作品を発表してきたkevin mitsunagaという「ネット3世代」のポップバンドとして結成されたfhána。紅一点・towanaが加入し、アニソンというアウトプットの場を得たことで、その一筋縄ではいかない個性がさらに花開いてきているようだ。

結成当初から「泣ける」エモーショナルな世界観を核に持つバンドは、どう自分たちの音楽を捉え、どう届けていこうとしているのか? 4人に語ってもらった。

取材・文=柴那典

聴いてくれる層が変わった

――今はfhánaを結成してから3年少しくらいですよね。

佐藤
そうですね。towanaが正式メンバーとして加入して2年。デビューして1年です。

――この4人になって、メジャーデビューしてから、バンドとしてどういう歩みを経てきた印象がありますか?

yuxuki
ジェットコースターのような感じですね。一段落するのかなと思いきや、どんどん次のお話をいただいて曲を作って。ライヴの場も増えたし、特に夏はいろんな大きいイベントに出させてもらって、幅広い人達に認知してもらえるようになってた。そういう1年だった感じです。

――towanaさんはどうですか? メジャーデビューから1年、どう変わった感じがありますか?

towana
まず大きいのは、聴いてくれる層が変わったことですね。ファンの方がすごく変わった。前までは音楽好きの人が静かに聴いてくれてるみたいな感じだったんですけど、アニメファンの人が聴いてくれるようになって。「どうしたらファンの方が喜んでくれるかな」みたいなことも考えるようになったし。ステージも大きくなって。各々、人間的に成長してると思います。

――kevinさんはどうですか?

kevin
目の前のことを精一杯こなしてたから、いつの間にかこうなってたっていうのが正直なところですね。ただ、やっぱり、今towanaさんの話にあったように、聴いてくれるお客さんががらっと変わったんですよ。客層が違うと、ライヴの盛り上がり方もやっぱり違って。でも、印象的だったのはアニメのカルチャーの中にいるファンの方とかお客さんって、すごく暖かいんですよね。いろんな場所でもホームにしてくれるというか。
佐藤
連帯感がありますね。
kevin
その中で演奏してると、今までとは違う楽しさ、気持ちよさがあるんです。大きなステージに出る中で、そういうアニメファンの方々にも、だんだん受け入れてきてもらえてるということを実感するようにもなって。
yuxuki
ただ、それと同時に、僕は普通にバンド上がりだし、普段はインディーロックばっかり聴いてるような人間なんで、それって、自分が見慣れていたものとはまた違う景色だったりするんですよ。そういう違いも楽しんだりしつつ、自分が普段聴くような音楽を聴いてる層にも届けたいと思うことも結構あって。なので、アニソンに接点の無い音楽ファンの人が観たとしても「格好いいじゃん!」ってなるような表現を出来るように、とはずっと考えてますね。

伝わるのが難しいからこそ、届いた時に特別だと感じる

――アニメの主題歌を作るようになって、グループのあり方は変わりました?

kevin
根本的なところは変わってないですね。
佐藤
ただ、アニソンって、アニメの作品ありきで作るんですよ。だから「アニソンって何なのか」とか、「どうやったら曲の良さが届くのかな」とかっていうのは前より考えるようになりました。と言っても、最近思うのは「人って変わらないんだな」っていうことで。

――というのは?

佐藤
ネットの世界になって、人々の価値観が多様化したと言いつつも、人々の望みとか思いは同じなんだなっていう。昔の人も今の人も外国の人もそんなに変わらない。ただ、それが同じでも、そこに届く言葉とか、届く表現のルートが多様になっている。同じことを言ってても、言い方一つで伝わったり、伝わらなかったりする。だから音楽を届けることの難しさっていうのは人と人とが分かり合うことの難しさなんだなっていうことを、アニソンをやるようになって思うようになりました。

――でもそれはもう、アニソンというより、本当に音楽とコミュニケーションの根源的な問題ですよね。

佐藤
根源的なものですね。人と人って、分かり合えないじゃないですか。世の中の人は皆同じ身体だし、自分と相手も、そんなには変わんないはずなんですよ。でも、ちょっとしたことでその伝わるルートが違って、なかなか届けられない。だけど、伝わるのが難しいからこそ、届いた時に特別だと感じるわけですよね。「これは他人には分かんないだろうな」みたいなのを共有した時が一番感情が盛り上がる。それを大事に感じる。音楽もそうですよね。そういう風に、いかに相手にとって特別な存在になれるかみたいなことを思うようになって。その中で、アニメの主題歌、タイアップっていうのはすごい大きな突破口の一つだなと思います。

――アニメが突破口になっている。

佐藤
アニメっていうのはいまや、アーティストや音楽を沢山の人々に接続するためのハブになってると思うんですよね。たとえばそれは初音ミクも同じだったわけで。キャラクターを使うと、単体で曲を作るより聴く人が沢山いる。それはアニソンも同じで、アニメを観てる人達に自分達が作ってる曲を届けることができる。共通の物語があることによって連帯感が生まれてライヴが盛り上がる。アニメの側も、音楽の力でより作品の良さが際立つ。そういう相乗効果がありますよね。ただ、そこで満足するのではなくて、アニメと良い関係を築いていくと同時に、それ以外のフィールドにも届けていきたいなっていう風に思ってます。

fhána (ファナ)

佐藤純一(FLEET) + yuxuki waga(s10rw) + kevin mitsunaga(Leggysalad)のインターネッ ト3世代によるサウンド・プロデューサーと、ボーカリストのtowanaによるユニット。

"FLEET"としてYoutubeやMySpace時代到来前よりインターネットで楽曲を発表、メジャーからも音源を リリースしてきた佐藤純一、"そらいろくらぶ"としてニコニコ動画で初音ミクをメインボーカルに据えて 楽曲を発表し、クリエイティブサークル"s10rw"の設立メンバーでもあるyuxuki waga、そしてネットレ ーベルシーンから登場したエレクトロニカユニット"Leggysalad"のkevin mitsunagaという、主にインタ ーネット上で活躍してきた3世代によって、新たに物語を書き換えるべく結成された。3人の共通項は「ビ ジュアルノベル」・「アニメ」・「インターネット」。

また、佐藤純一とyuxuki wagaが責任編集をつとめたCD+BOOK『TRANSIT LOUNGE』にて、名嘉真祈 子(トルネード竜巻)をボーカルに迎えた楽曲"kotonoha breakdown"を提供。ソーシャルネット上や、 様々なニュースサイトで大きな話題となった。

2012年秋には、ゲスト・ボーカルだったtowanaが正式メンバーとして加入し、4人体制へ。

2013年夏、TVアニメ「有頂天家族」のED主題歌『ケセラセラ』でメジャーデビュー。以降、新人としては異例の4クール連続アニメタイアップを獲得。また、iTunesの「NEW ARTIST 2014」にも選出されるなど、シーンを問わず各界から注目を集めている。

ユニットとして自身の音源を発表するほか、”さよならポニーテール”のシングル『空も飛べるはず / ビア ンカ / 恋するスポーツ』では「魔法のメロディ」、"DECO*27 feat. 初音ミク"のシングル『ゆめゆめ』 では「二息歩行」、TVアニメ『ロボティクス・ノーツ』劇伴曲のRemixをそれぞれ担当。 また、”ChouCho”の楽曲「looping star」や「life is blue back」、”相沢舞”の楽曲「その刹那」のサウ ンドプロデュースも担当するなど、幅広く活動を行なっている。 ライブ活動も積極的に行なっており、その際には佐藤純一(Key/Cho)、yuxuki waga(Gt)、kevin mitsunaga(PC/Sampler)、towana(Vo)という編成で出演している。

オフィシャルサイト


■5thシングル
『星屑のインターリュード』

2014年11月5日発売

LACM-14279 / 1,300円(税抜)


[ 収録楽曲 ]
1. 星屑のインターリュード
2. ソライロピクチャー
3. 星屑のインターリュード (Avec Avec "twilight town" Remix)
4. 星屑のインターリュード (Instrumental)
5. ソライロピクチャー (Instrumental)

■1stアルバム
『Outside of Melancholy』

2015年2月4日発売

初回限定盤(CD+BD):LACA-35473 / 3,600円(税抜)

通常盤:LACA-15473 / 3,000円(税抜)


初回限定盤BDには、これまでのシングル5曲、アルバム表題曲のMUSIC VIDEOの他に、nano.RIPE、ChouChoとの3マンライブ「深窓音楽演奏会」のダイジェストライブ映像を収録予定

< LIVE INFORMATION >
1stアルバム発売記念ライヴ
「Outside of Melancholy
〜憂鬱の向こう側〜」

日時:2015年3月1日(日) OPEN 16:30 / START 17:00
会場:shibuya duo MUSIC EXCHANGE
チケット料金 : 5,500円(税込)
問:インフォメーションダイヤル 03-5793-8878


インタヴューArchives