NEXUS アーティスト・インタヴュー:クリープハイプ

この1年で、クリープハイプというバンドを取り巻く状況は大きく変化した。メジャーデビュー以降、動員もセールスも一気に拡大。CMタイアップも獲得。そうしてリリースされた勝負作となる新作『吹き零れる程のI、哀、愛』は、彼らに課せられた様々な期待に真っ向から応えるアルバム。スケールの大きなポップセンスと喉元に突き刺さるエグ味、その両方を兼ね備えた一枚になっている。

今回お届けするのは「ライヴバンドとしてのクリープハイプ」というテーマでのインタヴュー。生々しく、何も隠さない、彼らのバンドのありのままを伝える場所について、話を訊いた。

取材・文=柴那典

殴りにいったら告白された

――アルバムの話を訊く前に、ここ1〜2年でクリープハイプというバンドを巡る状況は大きく変わってきましたよね。まずファンがすごく増えてきた。ライヴの場はまさに日々増えていくお客さんに向き合う場なわけですが、どういうことを感じてますか? 真ん中に立って、お客さんとコミュニケーションしている身としては。

尾崎
戸惑うこともありますけど、自分達が思い浮かべてきた光景なので、嬉しいし、照れくさい感じもするし、何だよ今さらって思ったりもするし、複雑な感じですね。

――そもそも、“HE IS MINE”を3年前に書いた時だって、今みたいに、ライヴのたびに「セックスしよう!」って大合唱を呼ぶような状況を生む曲だとは思っていなかった。

尾崎
そうですね。

――あの曲があんな風に育っていくのはどう見てました?

尾崎
客観的に見て「なんかすごいな」と思ったりもするけど、単純に嬉しいですね。セックスだけを取り上げられたり、不本意なこと言われたりもしますけど。でも、それも引き受けてやっていかないといけないことだと思うし。曲を育てるのはお客さんだから。そういうのバンド側は想像もつかないし。

――不思議なのは、いろんなバンドが「共感してほしい」と思って曲を書いてるんですよ。等身大のものにしようとか、聴いてる人の生活に寄り添いたいとかね。でも、クリープハイプってそういう配慮がほとんどないですよね。主観的に書いている。でも、結果的にそういう歌がみんなのものになってる。それは僕としては不思議に思ってることなんですけど。

尾崎
でも、全部の曲がそうなるわけじゃないじゃないですか。だから、それはすごく価値のあることだと思いますね。そういう曲は、自分の中でもより印象がよくなるし、好きになる。ライヴっていうのは音楽を作って出した答えを見にいく場だと思ってるんで、そこで受け入れられてる曲はより大事に思いますね。

――“社会の窓”なんて、実はかなりリスナーを挑発するような歌詞の曲ですよね。でも、ライヴの場ではオーディエンスのみんながバンドを求める曲になっている。この逆転現象、なかなかすごいなって思うんですけど。

尾崎
殴りにいったら告白されたみたいな感じですよね。ほんと、リリースした時の反応でもそれは思ってました。覚悟してやったのに「あれ?」っていう。それこそ、こっちがやってやろうと思ってたのに逆にやられてしまったみたいな感じで。よく言ってるんですけど、マイナス側の要素とか、愚痴とか文句みたいなものが価値のあるものに変わる瞬間って意味のあることだと思っていて。自分の不満を吐きだした曲がライヴを盛り上げている曲になるっていうのは、いいですよね。余った食材ですごくいい曲作ったみたいな(笑)。

正直に、格好つけず書くことを心がけた

――そういう充実感ある状況の中でアルバムの制作に向かっていったと思うんですが、アルバムが完成して、最初に感じたことってどういうものでしたか?

尾崎
単純にすごくいいなと思いましたね。本当にいいものが出来たなって。単にいいものというより、聴きたい音楽を作りたいって思ってるし、それが出来たと思う。「こういうのが聴きたかったな」って単純に思いましたね。

――今回のアルバム制作は紆余曲折あった感じでした? それともスムーズにパズルのピースがハマっていった感じでした?

尾崎
今回は後者の方ですね。スムーズにいったと思います。迷ってる時も楽しく迷ってたというか。たまにはこんな気持ちで作ってもいいだろうって思ってましたね。これまでは、イヤな想いをしたりとか、悩んだりしながら作らないとダメなんじゃないかと思ってたし。十何年もやってきて一回ぐらいそういう風にアルバムを作ってもいいだろうと思って作ってました。

――パズルのピースがハマっていったのは、最初にアルバムの全体像や枠組みが見えていた感じですか? それとも曲ができることでそれが見えてきた?

尾崎
どっちもですね。曲を作りながら見えてきたのもあるし、パズルを置く場所が見えて曲を作ったっていうのもあるし。どっちもあります。その両方が綺麗にハマって作れた感じはありますね。

――『おやすみ泣き声、さよなら歌姫』、『社会の窓』、『憂、燦々』とシングルをリリースしてきたことは、どう影響しました? 自分達の状況やお客さんの顔も、ある程度見えてきたと思うんですが。

尾崎
とは言っても、作ってる感覚としては今までと変わらないんですよね。それでも、よりお客さんの顔が見えてきた感じはあった。だから、やっぱり正直に、格好つけず書くことを心がけましたね。自分自身が、正直に表現しているものを受け取りたいと思っていたので。これはメンバーも同じだと思うんですけど。そうだよね?
小泉
うん。特に、シングルもあったんで、今からこういうバンドですって言う必要はないっていう感じはありましたね。

音楽を追いかけてるばっかだったけど、今は音楽に追われてる

――『吹き零れる程のI、哀、愛』という、アルバムタイトルは最初の方からあった言葉らしいですけれども。

尾崎
そうですね。前回のアルバムを作り終えた時に、そのタイミングで頭に思い浮かんだ言葉でした。

――これ、みなさん最初から共有してたんですか?

長谷川
いや、出来上がってからですね。
尾崎
恥ずかしかったからね(笑)。
小川
そのタイトルを聞いた時に、アルバムを象徴しているようなものになっているなと思ってたんですけど、そしたら前作が終わった後に思いついた言葉だったって後から聞いたんです。

――この言葉がタイトルとして相応しいと思ったのは何故?

尾崎
曲を作ることに向き合ってきた一年だったので、曲ができるにつれてその気持ちが強まっていったんですよね。ずっと曲を作ってたし、曲を作りたいから作るっていうところから、作らないといけないから作るっていう風になっていて。一時期はそれに苦しんでたんですけど。でもそれってすごい幸せなことだと思ったんですね。いつCDになるか分かんない曲を作ってた頃に比べたら、CDに入れないといけないから作るっていうのはなんて恵まれてるんだろうと思って。音楽を追いかけてるばっかだったけど、今は音楽に追われてるんだなと思うとすごく嬉しかった。そういう中で、曲を作れば作るほど、深く考えれば考えるほど、曲作りの中の要素はこの三つで出来てるなっていうのは強くなっていって。それで、このタイトルに決めましたね。

――「吹き零れる程の」っていうのは?

尾崎
パッと出てきた言葉なんですけど。考えたら吹き零れるって自分の意志とは別のところで勝手に出てくるってイメージがあって。それがすごいぴったりだなって思いましたね。

クリープハイプ

尾崎世界観(Vo./G)、長谷川カオナシ(B)、小川幸慈(G)、小泉拓(Dr)からなる4人組。'01年に結成。'09年に現メンバーで活動を開始。インディーズ期間を経て2012年4月にアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャー進出しアルバムが第5回CDショップ大賞に入賞。リリースされたシングル3作すべてウイークリーチャートTOP10内を記録。

www.creephyp.com


2nd ALBUM
『吹き零れる程のI、哀、愛』

2013年7月24日(水)発売
初回限定盤CD+DVD:VIZL-546 / 3,300円(税込)
通常盤CD:VICL-64040 / 2,800円(税込)

[ 収録楽曲 ]
01. ラブホテル
02. あ
03. おやすみ泣き声、さよなら歌姫
04. 憂、燦々
05. マルコ
06. 女の子
07. 社会の窓
08. NE-TAXI
09. かえるの唄
10. さっきはごめんね、ありがとう
11. シーン33「ある個室」
12. 傷つける
13. 自分の事ばかりで情けなくなるよ(初回盤ボーナストラック)

[ DVD収録内容 ]
ミュージックビデオ
「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」
「社会の窓(オリジナル・バージョン)」
「憂、燦々(オリジナル・バージョン)」
+企画映像「予告篇」収録

[ TOUR INFORMATION ]
全国ツアー「秋、零れる程のクリープハイプ」

10月11日(金) 神奈川県 横浜CLUB Lizard
10月14日(月・祝) 札幌PENNY LANE24
10月17日(木) 京都磔磔
10月19日(土) 高松DIME
10月24日(木) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
10月26日(土) 熊本DRUM Be-9 V-2
10月27日(日) 福岡DRUM LOGOS
11月09日(土) 長野CLUB JUNK BOX
11月10日(日) 金沢EIGHT HALL
11月16日(土) 仙台Rensa
11月17日(日) 盛岡Club Change WAVE
11月22日(金) Zepp Nagoya
11月24日(日) Zepp Namba
12月04日(水) Zepp DiverCity TOKYO
12月05日(木) Zepp DiverCity TOKYO

インタヴューArchives