NEXUS アーティスト・インタヴュー:カラーボトル

アルバム『生きる』をリリースした3人組、カラーボトル。ひたすらがむしゃらで、熱くて、真っ直ぐな言葉をメロディにのせて歌うロックバンドだ。「これをやったらダサいかも」とか「こんな青臭いこと歌ったらサムいかも」とか、そういう躊躇を一切感じさせない曲が詰まったアルバム。「日本唯一のプロ応援団」我武者羅應援團とのコラボが実現した“ファイター”や、橘いずみ“太陽”のカヴァーなど、新たな挑戦に満ちた一枚でもある。彼らを突き動かす情熱の源泉を、3人に聞いた。

取材・文=柴那典

12曲どの曲にも共通しているキーワードが「生きる」という言葉だった

――アルバムは、端的にタイトルがいちばん象徴的だし、ストレートだし、非常に嘘のない言葉だと思います。

全員
ありがとうございます!

――この『生きる』という言葉はどういうところから出てきたんでしょう?

竹森
最初にタイトルが決まったわけではないんです。自分たちらしく、潔く、正直にやりたいことや今思うこと、ライヴで掴んできた感覚を信じて、曲作りを進めていって。そして、レコーディングを終えて12曲揃ったものを聴いてタイトルをそろそろ決めないとヤバイぜみたいになって、そのときに出てきた言葉で。

――ギリギリだったんですね。

大川
最後に決まりました。
竹森
前作が『COLOR BOTTLE』という自身のバンド名をつけたアルバムだったんで、「『COLOR BOTTLE2』でいいんじゃね?」って話してたんですけど、「いや、こんな一生懸命作った作品なんだから、きっともっといいのがあるはずだよ」ってなってギリギリまで粘って。12曲並べて、1年間かけて作っていった曲を自分たちで聴いて改めて思ったんですけど、12曲どの曲にも共通しているキーワードが「生きる」という言葉だったんです。そのことが、浮かび上がってきたんです。どの曲も「生きる」ってことが歌詞に出てきたり、そのことを歌ってる。『生きる』、いいタイトルじゃんって。「真っ直ぐ、ストレートでいいよね」ってなってこのタイトルになりましたね。

――コンセプトアルバムのようにして作ったものではなくて、曲ごとに作っていって、改めて全部に共通しているテーマがあったということに気付いた、と。

竹森
そうですね。

――どうでしょう? 「真っ直ぐ、ストレートがいい」って、タイトルだけじゃなくて曲作りにおいても、そういうところはありますよね。

竹森
そうですね。最初から真っ直ぐに、熱さというものを丁寧に伝えていきたいっていう思いはありました。でも、やっぱり迷ったこともあったし、「あれ、これ空回りしてない?」とか、「これ伝わるかな」とか、そういう考えがよぎって、「こういうの気に入ってくれるかな」とか、すごい不安になったりもしたんですよね。だけど、情熱を持って活動していかないときっと誰にも響かない。中途半端なものを作るくらいだったらもう振り切った作品を作ろうって思ってカヴァー曲も入れましたし、インディーズ時代からずっとライヴで歌ってる曲をセルフカヴァーもしましたし、コラボレーションの曲もして。だからこそ、カラーボトルとして初めての挑戦っていうことで挑めたし。でも、いろんなことをやってみましたっていうだけのアルバムになっても嫌だし。何もやらずにただ新曲を集めましたっていうアルバムも嫌で。今のカラーボトル全開のアルバムっていうのはどういうことなんだろうっていうのをスタッフと一緒に話し合いながら、そこは一つコンセプトを持って作りました。

ど真ん中にこの1球で決めるぐらいの球を投げる

――アルバムの中でも一番衝撃的なのがやっぱり我武者羅應援團とコラボした“ファイター”で。これは実際にスタジオに皆さんがいらっしゃって、応援をレコーディングしたんですよね。どんな感じだったんでしょう?

渡辺
まず僕らが最初にスタジオに入っていて、「もうそろそろ着きます」っていう電話をもらったんですけど。来た時点でもう学ランにオールバックだったんですよ。レコーディングなんですけど。

――別に撮影じゃないのに(笑)。

渡辺
普段着でも全然いいのにね。でも、やっぱ我武者羅應援團のみなさんとしては、「これじゃないとできないんです」っていうぐらいの気持ちで来ていただいて。まず着いたら、準備運動から始まり、発声練習をして、そっからレコーディングをして。それで、冒頭の応援のソロを録ったんですけども、もう気迫みたいなものがとにかくハンパじゃないんですよ。ほとんど一発録りみたいな感じで終わって。その後、自分たちの録った音とあわせてみたら、ヤバイ、負けてるかもみたいに思うくらいで。格好よすぎて逆に困ったぞみたいな感じで(笑)。すごい印象的でしたね。
大川
それと、レコーディングが終わったあと、現場にいた1人1人に我武者羅應援團のみなさんが応援をしてくれたんですよ。メンバーにも、マネージャーにも、エンジニアさんにも、その場の全員に応援をしてくれて。応援をされるっていうのがこんなにも嬉しいことというか、感動することなんだってそこで改めて思えたんですよね。

――それはレコーディングも関係なしに?

大川
関係なしです。ほんとに我武者羅應援團のみなさんの気持ちで、カラーボトルに向けてのエールをもらって。普段そうやって人に応援されることってないじゃないですか? だから、自分たちはライヴに来てくれた人に情熱や勇気を届けますって言っていつも活動してるんですけど、受け手側になったのはそれが初めてだった。こんなにも嬉しいんだな!って感動して。応援を込めたCDにできて、これはもう絶対に響くだろうっていう自信はつきました。

――たとえばJ-POPのフィールドで、「聴いている人の背中を押すような曲」っていうものは多いですけど、ほんとにやるってこういうことなんだって、聴いて思ったんですよね。

竹森
そうですね。人を励ます方法ってほんといろいろあると思うけど、野球に喩えるなら、内角低めのインコースぎりぎりいっぱいとか、そんなコントロールとかじゃなくて、とにかくど真ん中にこの1球で決めるぐらいの球を投げるみたいな感じなんですよ。それしかできないバンドだと思うんです。それを全力で、振りきってできたのが、同じイズムを持っている我武者羅應援團さんとカラーボトルのコラボなんです。

――他の曲、例えば橘いずみさんの“太陽”のカヴァーとかでも、「これをやったらダサいかも」とか、「これをやったらサムいかも」とか、そういうことに躊躇しない感じがあると思うんです。そういうことで一切ブレーキをかけないというか。どうでしょう? そういう感覚ってあります?

竹森
あのー、モテたいなっていう気持ちはあるんですよ(笑)。もっとオシャレなことしてモテたいって思うんですけど、それやるとね、魅力が半減しちゃう。それがこのバンドの逆に魅力だと思っていて。スタイルがいいわけでもないし、見てくれが飛び抜けていいっていうことでもないけれども、じゃあなんで俺たちのファンは俺たちをこんなに愛してくれてるんだろうって思ったら、やっぱり情熱だと思うんですよね。で、この情熱に反応してくれて、自分の人生の中の1ページと照らし合わせて曲を聴いてくれる。「この曲を聴いて仕事やめる決心しました」とか、そういう言葉をもらうと負けてらんないし、悩んでられない。モテたいとかそういうことじゃないんだな俺たちはって思って(笑)。それをやることが今はほんとに楽しいし、生きがいなんですよね。それがバンドの存在する意味っていうか。自分たちにとって、ロックンロールは自分たちの中から湧き出てきた正直なものを音楽にして届けることで。それを受け取ってくれた人にとっての、アクションを起こす起爆剤になってくれたら、それが僕たちの鳴らしてる音楽の存在する意味だと思うんです。

カラーボトル

2004年、宮城県仙台にて結成したVo.竹森マサユキ、Gt.渡辺アキラ、Dr.大川“Z”純司の3人組。通称“魂揺さぶるロックバンド” 2007年、ミニ・アルバム『彩色メモリー』でデビュー。
2011年2月にリリースしたミニアルバム『情熱のうた』は、現在のバンドの軸となる方向性が見えたカラーボトルにとって重要な、そして代表作となる。
2012年6月にリリースしたシングル『魂ドライブ』はテレビ東京系列アニメ「遊戯王ZEAXL」のオープニング曲として起用されキッズ達の間で話題となった。
2012年10/7@仙台を皮切りに全国7大都市にてワンマンライブツアーを開催。
12/9、初の赤坂BLITZでのライブでは、シークレットゲストとして新曲『ファイター』でコラボしている我武者羅應援團が登場。“ロックと応援”で会場を熱く湧かせた。
情熱的なステージの先には、汗と涙と笑顔が満ちあふれ、会場が酸欠状態になるほどの熱いライブが話題となっている。
そして、関ジャニ∞「ワッハッハー」や風男塾「信じてゆけ」を楽曲提供するなど、幅広い制作活動も行っている。

http://colorbottle.com/
『生きる』特設サイト


4th Album『生きる』

2013年1月16日発売
MUCD-1271 / 2,500円(税込)

[CD収録曲]
01. ロックンロールドッグ
02. ファイター / カラーボトルと我武者羅應援團
※一般社団法人「あなたのレスラーズ」応援ソング
※仙台放送「あらあらかしこ」“1月エンディング曲”
03. 太陽
04. やぁ、野良犬。 ※映画「名無しの十字架」主題歌
05. 魂ドライブ ※TV東京系アニメ「遊戯王ZEXAL」オープニング曲
06. 希望のバトン ※仙台国際ハーフマラソン大会 TBC東北放送 イメージソング
07. 幻
08. アーミ・アミーコ!アーミ・アムージ! ※TBS「世界・ふしぎ発見!」 エンディングテーマ
09. モンスター / カラーボトルと鶴
10. 棘
11. 地元賛歌 ※「CDTV」 2013年1月度オープニングテーマ
12. あぜ道


【ライヴ情報】
COLOR BOTTLE IS HERE!!2013
3月01日 仙台CLUB JUNKBOX
3月03日 梅田・シャングリラ
3月10日 福岡DRUM Be-1
3月16日 札幌COLONY
3月20日 名古屋アポロシアター
4月21日 東京 赤坂BLITZ

インタヴューArchives