NEXUS アーティスト・インタヴュー:[Champagne] 「バカさ加減、マックスだと思ってますね」 ――アルバム『Me No Do Karate.』の挑戦を4人が語る

[Champagne]が、4枚目のアルバム『Me No Do Karate.』をリリースした。今の時代のロックシーンのど真ん中を背負うバンドとして、期待も注目もかつてなく高まったタイミングで放たれるこの作品。いわば勝負作の一枚。そこで彼らが作り上げたのは、奔放で痛快な「突き抜けた」アルバムだった。

ここに掲載するのは、アルバムのレコーディングが終わったばかりのタイミングで行われたインタヴュー。メンバー4人の、完成直後ならではの生々しい声をお届けする。

取材・撮影・文/柴那典

「めちゃくちゃなことやろうぜ!」ってモードになってた

――この取材をさせてもらっている今日が、レコーディングが終わったばっかりということで。曲順も決まってないという。

川上
そうですね。

――とりあえず、曲を一通り聴いた感想としては「こう来たか!」と思ったんですよ。『starrrrrrr / 涙がこぼれそう』『Forever Young』というここ2枚のシングルでは真正面な印象があったんですけれど。どっちかと言うと、このアルバムはやりたい放題というか。

川上
まったくそうですね。

――これはどういうところから、そういう風になっていったんでしょうか。

川上
単純に、飽きたんですよ。“starrrrrrr”と“Forever Young”の流れから。 去年の夏ぐらいから作っていたんですけど、あの2曲を作った後には「めちゃくちゃなことやろうぜ!」ってモードになってた。[Champagne]っていつもそうなんですよね。1stアルバムを出して、ポップなことをやりたいねって『city』とか『You're So Sweet & I Love You』というシングルを出して。それで飽きて、2ndアルバムの『I Wanna Go To Hawaii.』の時は“Cat2”とか入ってる意味わかんないアルバムになって。で、その後に“spy”っていうポップな曲を作った。そういう繰り返しなんです。

――もともと飽きっぽいバンドだという。

川上
そうです。単純にそれだけ(笑)。でも、今までよりはスケールは大きくなってるかなって思います。

――たとえば「こういうアルバムにしたい」というイメージはあったんですか?

川上
「こういうことやりたい」と掲げて作ったことはないんですよ。特に今回「4枚目は勝負作」とか、そういう意識は一切なくて。周りからは言われますし、それはわかりますけど、作ってる時にはそんなことは全く考えてなかったですね。だから急にメタルが出てきたり、中国風のイントロをシタールで弾いたり。そういうことになってくるんで。

――思いつきで?

川上
思いつきで、その場その場で出たアイディアをやってる。それが楽しいんで。「こういう曲を書いて、こういう風になんなきゃいけないんだ」って誰かにプラン立てられた通りやってるような、バカみたいなアーティストじゃないんで(笑)。

――ははははは!

川上
言われたとしても、そんなことを言われても、作れないものは作れないわけだし。だから、本当に「これ面白くね?」みたいに作っているわけで。ありがたいことに、環境は整っていると思うんです。『Mステ』に出たり、タイアップをいただいたりするわけで。でも、曲を作っている時には、スタジオに4人しかいないので。そんな中でできるのは、自由奔放に、自分たちの欲に素直に作ることが大事だと思っていて。そこはピュアに考えてますね。

――環境が変わったというのはどう捉えています? 『Mステ』にも出たし、バンドが矢面に立つようになった。そのことに関してはどう振り返って捉えています?

川上
いや、まず『Mステ』出れて嬉しいぜ!っていう(笑)。そういうミーハー心がありましたね。タイアップも単純に嬉しかったです。インディーズでやってますけれど、ウチらはそういう派手なのも大好きだし。そういうことに否定的になるどころか、どんどん矢面に立っていきたい。それでバンドが注目されてきて、自分たちはそれを超えるような作品を作っていきたいというのはありましたね。

――自分が目指していくものへのステップを考えたら、当然踏むものだろう、と。

川上
そうですね、もちろん。

得体のしれない、化け物のようなものができた

――これはみなさんに訊こうと思いますが、レコーディングが終わって、どういう手応えがありました?

磯部
手応えはすごくありますね。どの作品もありますけど、今回は、新しい音も取り入れているし、新章に突入した感じがあって。それが自分としては楽しかったし、曲ができるペースも録音もギリギリだったんですけど、生まれてきたものはよかったと思うし。メロディに関しては何も心配なかったんで。どういう評価をされるのかはまだわからないですけどね。でも、不安はないですよ。絶対格好いいって思わせられるだろうって手応えはすごくあります。どういう評判がくるのか楽しみです。
庄村
このバンド面白いよな、ってことをすごく思いました。今まで以上に直感で動いた部分が多かったんですよ。でも、聴いてみると、明らかに僕らじゃないと出せない音が鳴っていて。上手く回るもんだなあ、面白いなこのバンドはって感じです。いい意味で得体のしれない、化け物のようなものができたな、と。

――白井さんはどうですか?

白井
録りながらツアーもやっていたんで、曲の全体像を作らないでレコーディングしてたんです。その時で、一瞬一瞬、血眼になって作ってたという。頭で考えていた「こういう風になる」という予想とは全然違うものができたという。想像を遥かに超えたというか。
庄村
突き動かされるままに動いていたら、「できた」というより「できちゃった」という。
白井
そうそう。でも、妥協は全くしなかったですね。「ここで終わり」っていうのがなくて。どこまでも行けるっていうところで。正直、憔悴はしたよね。
川上
ははは! そうだったね。

――川上さんはどうですか?

川上
もう、嬉しかったですね。安堵したし、ホッとして。でも次の日に一曲聴いて、「これ、歌詞を考えなおしたほうがいいな」ってのがあって。実はこれから録り直します(笑)。

――今もまさに妥協してないと。

川上
そうですね。事務所には迷惑かけてますけど(笑)。その分、いいなと思えるものが見えているので。そこに突き詰めないほうが失礼だと思っちゃうし。疲れるけれど、それ以上に楽しいんで。前に比べて自分たちで把握できることが増えて、成長した分、自分たちの想像力がでかくなっていて。ちょっとやそっとの満足感じゃ満たされなかった。どんどんわがままになっていく。仕方ないと思いますね(笑)。

[Champagne]

川上洋平(Vo,G)、磯部寛之(B&Cho)、白井眞輝(G)、庄村聡泰(Dr)の4人からなるロックバンド。
2010年1月、ファースト・フルアルバム『Where's My Potato?』をリリース。メンバー4人で東京近郊の一軒家で共同生活を営みながら、音楽中心の生活を過ごすも、今作のレコーディング後に共同生活を解消。。2011年2月には2nd アルバム『I Wanna Go To Hawaii.』を、2012年4月には3rdアルバム『Schwarzenegger』をリリース。
2013年にはMUSEのオープニングアクトをつとめ、イギリスのフェス「THE GREAT ESCAPE」への出演も果たした。

http://champagne.vc/


4th Album
『Me No Do Karate.』

2013年6月26日発売
初回限定盤(28ページフォトブック+三方背ケース付き)
RX-075 / 3,150円(税込)
通常盤:RX-076 / 2,625円(税込)

[CD収録曲]
01. Rise
02. Stimulator
03. Starrrrrrr
04. Kick&Spin
05. 涙がこぼれそう
06. Ho!
07. Forever Young
08. Travel
09. Wanna Get Out
10. This Is Teenage
11. Plus Altra

[ライヴ情報]
「We Don't Learn Anything Tour 2013-2014」
2013年
09/13(金) 千葉 LOOK
09/14(土) 水戸 LIGHT HOUSE
09/16(月・祝) 横浜F.A.D
09/20(金) 京都 磔磔
09/21(土) 神戸 VARIT.
09/23(月・祝) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
09/28(土) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
09/29(日) 郡山 HIP SHOT JAPAN
10/01(火) 宇都宮 HEAVEN'S ROCK VJ-02
10/05(土) 長野 CLUB JUNK BOX
10/06(日) 金沢 EIGHT HALL
10/08(火) 熊谷 HEAVEN'S ROCK VJ-01
10/12(土) 福岡 DRUM LOGOS
10/13(日) 広島 CLUB QUATTRO
10/17(木) 浜松 窓枠
10/19(土) 高松 MONSTER
10/20(日) 高知 X-pt.
10/26(土) 新潟 LOTS
10/27(日) 仙台 Rensa0
11/02(土) 旭川 CASINO DRIVE
11/03(日・祝) 札幌 PENNYLANE 24
11/08(金) 名古屋 Zepp Nagoya
11/09(土) 大阪 Zepp Namba Osaka
11/14(木) 東京 Zepp Tokyo
11/15(金) 東京 Zepp Tokyo

2014年
03/28(金) 東京 日本武道館

インタヴューArchives