NEXUS アーティスト・インタヴュー:Base Ball Bear 「自分には3つのチャンネルがあると思ってる」 ――ジャンルを軽々と横断するベボベの“全方位”を解き明かす

新作ミニアルバム『THE CUT』をリリースしたBase Ball Bear。あくまでギターロックに軸足を置きながら、彼らは今、誰よりも意欲的にジャンル横断的な表現にチャレンジするバンドになってきている。なんせ、新作のコラボ相手はヒップホップ界の重鎮RHYMESTER、そして今年2月にアルバム『claire』をリリースしたばかりの声優・花澤香菜。ヒャダイン、岡村靖幸を迎えた昨年の『初恋』に続き、さらに飛距離のある組み合わせが実現しているわけだ。

ミニアルバムに加えて、アニメ『惡の華』のコンセプトCD『惡の花譜』にも新曲“光蘚”(ひかりごけ)を提供している彼ら。今回の取材は、それぞれの曲の成り立ちから、Base Ball Bearというバンドの、小出祐介という人の表現のチャンネルを一つ一つ解き明かしていくようなインタヴューになった。

取材・撮影・文/柴那典 ヘアメイク/下田亜希子

Base Ball Bear

僕からしたらアイドルとやるのは当たり前っていうか、ベタすぎる

――このミニアルバムは相当面白いし、Base Ball Bearのらしさが一番極端な形で出てると思います。

全員
ありがとうございます。

――まず、ミニアルバムっていう形態は最初から決まってたんですか?

小出
次に何を出そうかと話した時に、自然とミニアルバムでいいんじゃね?って感じになってきたんですよね。去年も『初恋』というミニアルバムを出して、そこでヒャダインさん、岡村靖幸さんと一緒にやったんですけど、今回はどうしようか? またコラボやる?って。実は、去年にRHYMESTERさんにオファーさせていただいてたんですよ。でもその時はRHYMESTERさんがちょうど『ダーティーサイエンス』っていうアルバムを制作中だったんで、また次の機会に是非っていうことになって。今回は僕らもRHYMESTERさんもツアーが終わるタイミングだったので、じゃあご一緒させて下さいって改めてオファーしたんです。で、もう一組をどうしよう?っていう話になって、最初はアイドルも考えたんですけど、僕からしたらアイドルとやるっていうのは当たり前っていうか、ベタすぎるなと思って。2年前ならいいんですけど、今はシーンの情勢的にもロックがアイドルを追ってる状態になっちゃってるし。アイドル以外で、ギターロックとやって面白い人いないかな?と考えて、声優さん、それも花澤香菜さんはどうかなと思ったんです。

――2組を決めたのはほぼ同時?

小出
ほぼ同時ですね。皆でライヴの前に打ち合わせしてて、その時にRHYMESTERさんと花澤さん一緒にオファーしようって話になって。
湯浅
どんなやつだったっけって覚えてないくらい即決の話でした。
小出
僕も花澤さんのアルバムをめっちゃ聴いてたし、ピンときたんですよね。RHYMESTERと花澤さんっていう飛距離もいいなと思って。

――オファーして、コラボをできることになって、そこから曲のテーマやイメージを決めていったんですか?

小出
RHYMESTERさんとやった“The Cut”に関しては完全にそうです。“恋する感覚”に関しては、花澤さんが歌う前提でもう曲を書いてたんですけど。“The Cut”は曲が0から1になる段階から一緒にやりましたね。RHYMESTERさんにとっても、その段階から関わることってなかなかないらしいです。

ラップ文脈を利用して、今までやれなかった怒りの表現をできる

――“The Cut”の最初のアイディアはどういうところから?

小出
最初はDさん(Mummy-D)、宇多さん(宇多丸)と「どういう曲にしようかね」みたいな打ち合わせをして。例えば「旅」をテーマにとか、いろんなアイディアが出てたんですけど。

――ほんとに0からだったんだ。

小出
最近、自分には3つのチャンネルがあると思ってるんですよ。いろんなタイプの曲も書いてきてるし、いろんなこともやっているから。で、1つが「作家・プロデュース」チャンネル、1つが「バンドマン」チャンネル、もう1つが「私小説」チャンネル。ここ数年はそれのバランスでいつもやってきてるんですね。たとえば他のアーティストに曲を提供する時は「作家」チャンネルが10になってるわけで。

――“The Cut”に関しては、そのバランスはどんな感じだったんでしょう?

小出
今回の“The Cut”に関しては、作家、バンドマン、私小説、それが全部同じ割合で5:5:5なんですよね。曲に対するアプローチの仕方って、こういうギターリフから始めようとか、こういうテーマでやりたいとか、いろんな入り口があって。高校生の時とか、一番初めは「自分がまず何を歌いたいか」から始まるんですよ。俺は今こういう気持ちを形にしたいっていうところから始まって、音に呼ばれて曲になる。そこから、段々いろんな技術を覚えていくにつれ、自分の中のチャンネルが明確になっていって。それで、逆に出口から入口っていうパターンになっていったんです。ゴールがある程度見えてるところから始まって、内容に潜っていくっていうタイプの作り方。最近は、そこにもう一度入口から作るやり方を加えることで、さらにいろんなタイプの曲が作れるようになるといいなと思ってて。だから、RHYMESTERさんとの最初の打ち合わせの時も、あえてサウンドの話はしなかったんですよ。こういうことを歌いたいっていう、そのテーマを何パターンか出していって。で、最初に気が合ったのが「何か腹立つこと多いよね」みたいなところ。まあ、宇多さんに関しては、あの人はずっと怒りっぱなしだから(笑)。で、本来、僕もそういう人なんですよ。普段からすげぇムカついてるし。でも、あんまりそれを形にしてなくて。だから、お二人とやるのであればラップ文脈を利用して、今までのギターロックだけではやれなかった怒りの表現をできるんじゃないかって思ったんですよね。

“The Cut”とは「見方」「捉え方」がテーマの曲

――「怒ってる」っていうのは、何に対しての怒りだったんですか?

小出
ざっくり言うと、SNSが起因となっている、いろんなことですね。昔は、アーティストの情報、新譜が出るとかライヴをやるとかって、自分で調べなきゃいけなかったんですよ。本屋に行って、雑誌の表紙を見て、「あ、今度この人アルバム出るんだ」とか「話題になってるんだ」とか、細かい情報を自分で能動的に取得しにいかないとダメだった。でも今はTwitterとかFacebookとかが当たり前になって、情報がどんどん受動的になってきたじゃないですか。見出しで判断するようになった。140字である程度書いてあって、それを見ただけで知った気になるというか。でも、本当はその先が重要じゃないですか。そこに貼られてるリンクの向こう側で自分がどういうことを感じるか、どういうことを思ったのかっていうのが重要なのに、皆いつも見出しに対して反応してるだけじゃんみたいな。

――なるほどね。僕もそれは日々思うことありますね。自分の原稿で2ちゃんねるにスレ立てられて、本文には一切書いてないことを「音楽ライターはこう言ってる」みたいな見出しにされたこともあったし。

小出
そうそう、そうじゃなくてもっと本質的なところで捉えてほしいんですよ。僕らは歌いたいことがあって、表現したいことがあって、音楽っていう表現に辿り着いたわけで。でも、みんなが元々そうじゃないわけじゃないですか。でも、ブログを書いたり、Twitterやったりっていうことで、徐々に一般の人達が一口表現をすることがどんどん増えてるような気がして。僕らは表現っていうことが責任あることだと思うし、発表だと思ってるから、ちゃんと発言の一つ一つに責任を持ってるけど、一般の人は必ずしもそうじゃないから。それがリテラシーの無さにつながったりする。そういう全体的なムードがすげぇ嫌なんですよ。情報が伝達されるスピードが加速してくのは時代の流れだし、別にいいんですよ。だから、それに上手く乗っかりつつも、自分でいろんなことを見極めてく力を持つことが一番重要だって俺は思っていて。そういうことを言ってやりたいと常々思ってるんですけど、それを俺がTwitterで書いても、意味ないじゃないですか。

――Twitter使ってるわけだからね。誰よりも。

小出
Twitterの言い合いっこになってもしょうがないしね。そういうのが一番嫌だったし。で、そこから単純にSNS全体を怒るとかそういうことじゃなくて、ちゃんと物事を捉えてくっていうことが重要だぜっていうメッセージにしようってことで、この“The Cut”というのは「見方」「捉え方」がテーマの曲になってるんです。

Base Ball Bear

小出祐介(Vo/G)、関根史織(B&Cho)、湯浅将平(G)、堀之内大介(Dr&Cho)の4人組。

2001年、同じ高校に通っていた4人のメンバーにより、学園祭に出演するために結成された。 10代のころから都内のライブハウスに出演し、その高い音楽性と演奏力が大きな話題を呼ぶ。 2006年、EMIよりメジャーデビュー。

2枚のフルアルバム『C』と『十七歳』が業界内外より非常に高い評価を得ると共に、そのステージパフォーマンスや遊び心あふれるキャラクターで10代〜20代前半の男女から圧倒的な支持を集める。

2008年5月発売シング「changes」でついに、オリコン・シングルランキングで初のTOP10入りを果たし、以降『LOVE MATHEMATICS』(シングル)『完全版「バンドBについて」』(インディー時代の音源のコンプリートアルバム)、『神々LOOKS YOU』(シングル)とオリコンランキング10位以内にランクイン。

2010年1月には初の日本武道館でのワンマンライブが行われ、約9,000人の客を沸かせた。
2011年に結成10周年を迎え、4枚目のフルアルバム『新呼吸』をリリース。年をまたいだ2012年1月には、2回目となる日本武道館ワンマンを成功させた。

www.baseballbear.com/


3rd Mini Album
『THE CUT』

2013年6月26日発売
初回生産限定盤:TOCT-29173 / 2,000円(税込)
通常盤:TOCT-29174 / 1,600円(税込)

[CD収録曲]
1. The Cut -feat. RHYMESTER-
2. ストレンジダンサー
3. 恋する感覚 -feat. 花澤香菜-
4. 64-Minute Live Track From “バンドBのゆくえツアー”
(2013/4/25 赤坂BLITZ & 4/28 札幌CUBE GARDEN)
CRAZY FOR YOUの季節
GIRL FRIEND
17才
Tabibito In The Dark
kimino-me
抱きしめたい
真夏の条件
yoakemae
若者のゆくえ
祭りのあと

インタヴューArchives