NEXUS アーティスト・インタヴュー:ボールズ 「売れたいですね。売れなくてもいいっていうのは無責任やなって思います」 ボールズ・山本剛義、壮大な野望を語る

7月9日にアルバム『スポットライト』でメジャーデビューを果たした5人組バンド、ボールズ。このインタビューはそのリリース日に行われた取材だ。結果、作品についてのトークというよりも、もっと赤裸々な、リアルな話を訊くことができた。

2014年4月に「ミラーマン」から「ボールズ」にバンド名を改め、感情をギュッと掴むようなセンチメンタルな日本語のポップソングが詰まったアルバムを作り上げた彼ら。しかしバンドを率いる山本剛義(Vo&G)の視線の先は、すでにその「次」を見据えていた。

果たしてどういうことなのか? 彼らはどこを目指すのか? 一対一で話を交わしてきた。

取材・文=柴那典





やるべきことが見つかるまで、3年かかった

――いくつかインタビューを読んで知ったんですけど、ボールズって、もともとはバンドじゃなくてノイズミュージックのユニットだったんですね。

山本
そうなんです。

――このアルバムのポップスとしての精度の高さ、歌ものとしてのメロディーの強さを思うと、「ノイズからスタートしたんだ」って、ちょっとびっくりしてるんですけど。

山本
自分でも感動してます(笑)。

――どういう風にして今のボールズにいたったんでしょう?

山本
楽しくやってて、気がついたら今の僕らがある感じです。知らず知らず、意識せずに転換期を迎えてきて。だから、インタビューしてもらう中で振り返って「あ、あの時がターニングポイントやったんやな」って思って。今思うと面白いことをしてきたんだなと思って、笑えてきます。

――そもそも最初にノイズをやっていたというのは?

山本
もともとノイズがしたかったわけじゃなくて、ライヴをしてみたかったんです。僕とベースの阪口しかメンバーがいなかったので「やれることはノイズや」と思って、とにかく手を出してみたんですよね。元々、それだけをやりたいと思ってたわけじゃないし、今もやりたいと思ったことを何でも試していくっていうスタンスなので。

――そこからの転換点っていうのはどんな感じでした?

山本
バンドをやってみたいと思ったんです。それが最初の転換点でした。メンバーを集めた時に、バンドをやるなら普通は歌を歌うもんやろって思って。それで歌ってみた感じなんですね。最初は僕以外のギターもボーカルをとったりしていたんですけど、やっぱりだんだん僕がやりたくなって。で、最初はソニック・ユースみたいな90年代のオルタナど真ん中みたいな曲をやっていて。でも、その中で1曲明るい曲があれば今までのマイナー調の曲も楽しく聴こえるんじゃないかという話になって、ポップな曲を作った。それが前の『ニューシネマ』というアルバムに入っている「ばんねん」って曲なんです。そこからですね。「俺ポップスやりたい」って思ったのは。「やっと見つけたぞ」って思いました。

――そこで手応えがあった?

山本
そうですね。自分がやるべきことが見つかった感じです。そこまで3年かかってるんですけど。それまでずっと週2回スタジオ入って、ライヴしてもお客さんもいなくて。よく続いてたなって思いました(笑)。

いきものがかり、aiko、レミオロメンの先に行きたい

――今回、メジャーデビューのアルバムを聴いて、まず覚悟を感じたんですよね。日本語でポップソングを作るということへの強い意志。そういう気持ちはありましたか?

山本
僕らはロックバンドではありたいんですけど、メンバー全員がディレクターになりたいという視点はありました。一つのものをいろんな角度から見れるというか。より突き詰めてやったと思います。どうやったらバンドを聴かない人にもこの音楽が届くのかなと思って。

――見据えているところとしては、いわゆるバンドシーンの先を目指している?

山本
それはもうずっと狙っています。特に『ニューシネマ』のCDを出してからずっと思っているのは、いきものがかりさんとか、aikoさんとか、レミオロメンさんとかの先に行きたいと思っています。シンガーとしては玉置浩二さんをリスペクトしています。あとは山下達郎さんとか。

――ということは、ボーカリストとして自分の歌をどれだけ響かせられるかというところが大事になっている。

山本
そうです。だから、今回は前のアルバムに比べて全員が歌に向かっていったアルバムです。今おっしゃっていただいたように、歌を全面にガシッと出したアルバムです。

――元々、聴いている音楽のアンテナはめちゃめちゃ広いですよね。はっぴいえんどから、ノイズからオルタナから。それだけ幅広いということは選ぶスタイルも無数にあると思うんです。でも、これを選んだということですよね。

山本
そうです。でもファジーな感じのギターとかも好きなんですよ。僕、ハッピーマンデーズとかもすごく好きで。ああいうギターが大好きなんですよね。ちょっとずつそういうものを入れて「おまえ、これ気付いた?」みたいなことにもチャレンジして行きたいと思ってます。ポップソングを歌っているけど、フックで面白い音が入ってて、それを何の違和感もなく聴けるようなものを求めています。

――なるほどね。それは確かに大滝詠一さんや山下達郎さんのやってきたことと地続きですね。

山本
そうです。僕、達郎さんめちゃっくちゃ好きで、もうすぐ始まるツアーのチケット当たったんです。家で号泣しました(笑)。初めて生で見れるので。でも、大滝詠一さんの方が達郎さんよりも特にそうだと思います。いろんな音楽へのリスペクトとか愛を感じるんですけど、最終的には大滝詠一スタイルになっている。それがポップソングを作る人の最もあるべき自然な姿やなと思っていて、そういう部分ですごくリスペクトしているというか。僕たちもただ好きなものだけをやるんじゃなくて、遊びを入れていきたいです。音楽は娯楽なんで。作っている僕も楽しく、ちょっとくだけた感じでやりたいです。

そこにいる人全員をたぐり寄せる。そこに挑戦するのがミュージシャンだと思う

――ボールズは、バンドシーンの流行り廃りは見てない感じですよね。

山本
周りのバンドのことは気にしていないです。とにかく今、自分たちのCDとか歌がどこまで届くのか、目の前の人たちがどれだけ気に入ってくれるのかってことだけです。四つ打ちで速いのとか流行ってますけど、あんまり意識していないです。

――そういう考え方って、どこで生まれたと思います? というのも、山本さんみたいにオルタナティブな音楽が好きな人って、「自分の好きなものが正しい」っていう感性を基本に持っているわけじゃないですか。でも今、山本さんが話したことって、むしろ大衆が正しいっていう世界観だと思う。

山本
そこが難しいところで、もちろん大前提として自分がやっている音楽は自分が格好いいと思ってやっているんですけど、徐々にモードが変わってきていて。「いい音楽=売れる音楽」なんじゃないかって。もっと正確に言うと、「いい音楽の中には、売れる音楽も含まれる」って感じられるようになったという。それは『ニューシネマ』っていう、前のアルバムを出して反応があったからですね。

――どう変わったと思います?

山本
売れなくてもいい、自分の好きなものだけやっていればいい、というなら一生スタジオでやっていればいいと思って。人前でやるなら面と向かう努力をする。それは自分のやりたいことや哲学を曲げるという意味ではなくて、そこにいる人全員をたぐり寄せる、という。そこに挑戦するのがミュージシャンだと思うので。自分の中でのターニングポイントになったのはそこですかね。聴いている音楽は全然変わってないんです。

作れば作るほど、やりたいことが増えてくる

――その上で、ボールズというバンドの武器になり得るところはどこだと思って狙いを定めたんでしょうか?

山本
僕が思っているのは、他の歌のあるバンドに比べてギターが2本とも主張しているところですかね。どっちがリードで、どっちがバッキングという住み分けもなく曲によって変わったり、ギターが自由ということです。歌もののバンドやのに、圧倒的にギターが自由なところがある。

――確かに、5人組でギター3本で。多いですよね(笑)。

山本
多いですよね。でも、いつかのタイミングで、レコーディングとかライヴとか、もっといろんなメンバーを入れてやってみたいなと思っています。沢山の楽器を入れてやりたい。今、もう次のアルバムのための曲を作ってるんですよ。作れば作るほど、足りなくなってきて。やりたいことが増えてくるんですよね。今すぐではないですけれど、どっかのタイミングでやりたくなるだろうなって思ってます。

――じゃあ、もう先のことを考えてるわけなんですね。この5人だけをバンドとして捉えてるわけじゃない。

山本
この5人ではずっと一緒にやりたいんですけど、プラス、人間的に面白い人がいれば入れたいなと思うんです。今すぐメンバーを増やしたいとかっていうわけではないんですけど、どんどん作れば作るほど、そういう風な気持ちになるんやろうなって感じています。

――なるほど。いわゆる純音楽的発想ってやつだ。

山本
そうなんですよ! なんというか、最近、本当に音楽が好きなのかなって思った時期があったんですよね。曲を作って「売りたい」「売れたい」とか、大衆性ばっかり考えていて。先程お伝えした「いい音楽=売れる音楽」って考えになって、「じゃあ、自分は本当に音楽が好きなんだろうか」って。ただ売れたいだけなのかって悩んだんですけど、こういう話を定期的にしていただくと「よかった、自分はやっぱり音楽好きだった」って安心するんです。単純に音楽が好きで、いろんなことにチャレンジしたいって気持ちに改めて気付けました。

ボールズ (ex.ミラーマン)

昨年10月に発売された1st mini AL「ニューシネマ」が 『タワレコ渋谷アワード2013<年間ベスト>』を獲得するなど、2014年最重要バンドとも噂され出したボールズ。
関西在住の彼らは、2013年頃から大阪を中心に評判が急速に広がり始め、今や多くのバンドマンと関係者からも強烈な支持を集める。2014年4月、メジャーデビュー決定を機に、バンド名を「ミラーマン」から「ボールズ」へ改名。
古今東西のポップミュージックを幅広く吸収した多幸感溢れるサウンドに、日々の何気ない風景に心情を投影させる、瑞々しく、ちょっとセンチメンタルなリリック。 一度聴いたらリピート必至のボールズワールドをご堪能あれ!

オフィシャルサイト


『スポットライト』

2014年7月9日(水)発売
TYCT-60041 / 1,944円(税込)

【収録曲】
1. 通り雨
2. 渚
3. SING A SONG GIRL
4. 長い夢
5. 君はまぼろし
6. サイダー
7. メルトサマー
8. スポットライト


■LIVE INFORMATION

RockDaze! 2014 3×4×GOW!!
8月23日(土) 福岡Be-1/SON

Re:mix2014
8月24日(日) 名古屋DIAMOND HALL & APOLLO BASE

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2014
8月29日(金) 山中湖交流プラザきらら

ツタロック・スペシャル・ライブ
9月2日(火) TSUTAYA O-WEST/O-nest

1st Album「スポットライト」発売記念ワンマン『スポットライトの夜』
9月19日(金) 下北沢SHELTER

TOWER RECORDS SAPPORO PIVOT presents NOrth MUSIC, NOrth LIFE. Vol.5
9月28日(日) 札幌BESSIE HALL

1st Album「スポットライト」発売記念ワンマン『スポットライトの夜』
9月26日(金) 心斎橋Pangea

SISTERJET Tour "our world"
11月8日(土) 仙台PARK SQUARE
11月9日(日) 福島OUT LINE

セカイイチ『Anahe im Apart』レコ発ツアー2014
11月27日(木) 金沢vanvan V4
11月28日(金) 新潟CLUB RIVERST

インタヴューArchives