NEXUS アーティスト・インタヴュー:赤い公園 2013年夏現在、世界一のガールズバンド、赤い公園

赤い公園は4ピースのガールズバンドである。まだ新人と言っても差し支えないキャリアだが、最近はSMAPのシングル“Joy!!”のソングライティングをリーダーの津野米咲が手掛けたり、様々なシーンで話題になり始めているバンドだ。
妖精のような白装束で、驚く程ストロングスタイルな音とアンサンブルを響かせるライヴも素晴らしい。
そして何より、「楽曲」の素晴らしさに圧倒される。

今この時代、PCのソフトをインストールして、簡単に楽曲を作ることさえ可能になった。それ自体は音楽が近くなったこととして素晴らしいし、ポップとアナーキズムを繋ぐ素晴らしい手段だと思うのだけど、ただ、それによって同じような曲が増えたり、「こんな感じでいいんだよね?」という、そのこんな感じだらけな音楽が大量生産されているのも事実だ。

赤い公園の音楽は、何しろ面白い。彼女らはいい曲を作るための定義がないから面白い。要するに、私たちはこういうバンドだからこういう曲が向いている、私たちはロックバンドだから、こういう曲をやるべきだ、などという「こんな感じ」がまったくないのだ。ポップだからといって、何かのマネをするわけじゃなく、アナーキーだからといって、極端に変なことをするわけじゃない。ただただ音楽と友に戯れ続け、その中からその音楽の最もいい表情を見つけてみんなに届ける。そんな発明にして、背後からはポップ、ロック、クラシック、童謡などなど、様々な音楽が見え隠れする赤い公園は、音楽の新しい可能性そのものだと思う。

何故、そんな音楽を彼女らが響かせられるのか? 今回、リーダーであり全ての曲のソングライターであるギターの津野米咲から話を聞いたが、彼女のパーソナリティの中に、このバンドの無邪気さと狡猾さ、そしてエネルギーが詰め込まれていた。こういう、「音楽自体に手と足がついて生きている」ようなアーティストがこの国のシーンにいることは、とても幸福だと思う。

取材・文=鹿野淳

音楽がないと、私の日常ではないような気がしてました

――僕はこれを聴いて、津野さんは音楽だなって思ったんです。津野さんは、音楽的な表現をしてるんじゃなくて、音楽家でもなくて、音楽だなって。

津野
その心は?

――このアルバムは音楽的すぎると共に人間的すぎるし、あと、このアルバムの中から、人というものと、音楽っていうものが、同じように響いてき過ぎるというか、響いてくるし。そういう意味合いでこれは、この国のポップミュージックシーンとして不思議な音楽だなって思いました。

津野
あぁ、ありがとうございます。嬉しいです。私、曲作ると熱も出すし、身体も憔悴しきっちゃうんです。魂削ってんなって思うんで、その人間が音楽っていうのは、そういうことだと思います。

――そこまでしてなんで音楽を作りたいんですか?

津野
んー、それしか趣味がないんですよ。他のことに全然興味ない。水泳とか塾とかも行ってたし、サッカーとかもやってたんですけど、ドリブルをいかにいい感じのリズムでやるかみたいなことばっか考えてました。英語もちっちゃいとき一年間くらい習ってたんですけど、全然喋れなくて。外人って骨格が違うから、違うEQ(イコライザー=音響機器)の声だなみたいなとか、そういうことばっか考えてました。

――そういうことばっか考えるほど、音やリズムに憑りつかれていたんですか?

津野
生まれた時から父が作曲家だったので、家でずっと音楽が鳴っていたし、鳴らすものも幾らでもあったし。それ以外の職業を知らなかったくらい。

――その空間は自分にとって素敵だった?

津野
そうですね、まぁ、家族として成り立ってなかった気もしなくはなくて。キツかったですけど、その特別感みたいのはやっぱあるんだろうなって、友達とかと遊んでいてもそういうのは思ってたし。不満とか我慢とか寂しいとか、そういうものを全て超えて、夢中にさせてくれてましたね。音楽がないと、私の日常ではないような気がしてました。

あの時に見てきた風景とか、感じたこと。それこそ抑圧されてきたことも、絶対に忘れたくない

――家庭の中で音楽がある空間がキツかったっていうのは、緊張感みたいなものがあったということ?

津野
そうですね、緊張感。

――具体的にいうとどうなんですか?

津野
父もすごく神経質な人だったので。私がこのお仕事をし始めて分かった部分もあるんですけど……例えば、集中しているときに、大きな物音立てたりすると、私もイライラするし、あのー……心が発達する時期にすごく抑圧されていたから、そういうのがあって。本当に最初はその職業しか知らなったから、もう『絶対こんなになるもんか』みたいに思ってたくらいなんですけど。でも、私は音楽以外のことをほんとに見てこなかったから、悔しいけどそこに行くしかなかったんですよね(苦笑)。新しいことを学ぼうと思っても、元々短気なんで、身が入らないし。

――人間のキャパシティって、天才も凡人もある程度同じだと思うんですよ。あとは、その人が自分の引き出しに何をしまい込むかだけだと思っていて。凡人と言われる人は取捨選択できないから、人から見てると、何が秀でてるかわからない。でも、天才と言われる人も実は同じくらいのキャパシティの可能性と実力を持っていて、でもそれにキレがあるから人が気付くし、世の中に効力を発揮する。だから、津野さんは、自分の中の引き出しに音楽以外のものを入れるつもりに全くなれなかったから、これだけの音楽の宇宙が、頭の中に広がっていったのかもしれないね。

津野
そうですね。だから逆に、見た映画とか、先生が話してくれたお話とか、食べたご飯とか、そういう生活の中で、勝手に入ってくるものを、大事にしなきゃなって最近思いました。何も考えないでいると、音楽の引き出しばかりが増えていくから……。音楽を聴いて音楽を作る人っていうのが、今はまだ成立するかもしれないけど、いつか曲が作れなくなったら私は?っていう不安はいつでもあって。……だから怖いんですよ。

――音楽っていうものは、すごく偏った表現じゃないかと僕は思っていて。例えばベートーヴェンとか、スティーヴィー・ワンダーとか、聴覚とか視覚が失われてる人が、時代を超えて人に聴かれる音楽を作っている。サッカーとか水泳と違って、音楽はそういう人がトップに立つことができる。その辺は、どうですか? 自分の中で、エキセントリックなものと音楽がどこかで繋がりやすい感覚を持ってるんですか?

津野
あのー……感動したりとか、泣いたりすることにも絶対に音楽がついてくるんですよ。だからその、自分の中の感覚的なものと繋がりやすいってのもありますし、私こないだ誰かに言われて気付いたんですけど、未来よりも、今まで過ごしてきた過去の方がすごく大事で。っていうのは、曲を作る人間になってから聴くようになった音楽よりも、昔に名作たちを聴いてきた時の、その音楽の方が好きなんですよ。あの時に見てきた風景とか感じたこと、それこそ抑圧されてきたことも、絶対に忘れたくないし。でも、そこにも音楽は付いてきて逃げられないですよね。

赤い公園

Vox/Key 佐藤千明(さとうちあき)、Gt/Cho 津野米咲(つのまいさ)、Ba 藤本ひかり(ふじもとひかり)、Drs/Cho 歌川菜穂(うたがわなお) 、女子4名による"ポストポップバンド"。高校の軽音楽部の先輩後輩として出会い、佐藤、藤本、歌川の3名によるコピーバンドにサポートギターとして津野が加入。現在に至る。
2010年1月4日(月)結成。
2011年1月 自主制作デモ音源「はじめまして」発売。
2011年3月 自主制作ミニ・アルバム「ブレーメンとあるく」発売。
立川BABELを拠点に、2011年10月にはカナダツアー「Next Music from TOKYO vol 3」に参加。
2012年2月ミニ・アルバム「透明なのか黒なのか」、5月ミニ・アルバム「ランドリーで漂白を」をEMIミュージック・ジャパンより発売。
2012年9月シングル「のぞき穴」発売。約半年の活動休止を経て、2013年3月1日活動再開を発表。5月1日に新曲「今更」を配信。
平均年齢若干20歳のガールズバンドらしからぬ圧倒的な演奏力と存在感から、今年最もブレイクが期待されるバンドとして高い評価を受けている。
また、作詞・作曲・プロデュースを務める津野の才能がアーティスト・クリエイターから注目を集めており、SMAP「Joy!!」の作詞・作曲を行うなど、活動の幅を広げている。

オフィシャルサイト


1stフル・アルバム
『公園デビュー』

2013年8月14日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD):TOCT-29184 / 3,500円(税込)
通常盤(CD):TOCT-29185 / 2,800円(税込)

【収録曲】
01. 今更
02. のぞき穴(Album Version)
03. つぶ
04. 交信
05. 体温計
06. もんだな
07. 急げ
08. カウンター
09. 贅沢
10. くい

[ 初回限定盤DVD収録内容 ]
5月5日大復活祭@渋谷CLUBQUATTRO映像(part.2)
1. 何を言う
2. 公園
3. 急げ
4. もんだな
ドキュメンタリー映像「情熱公園」

[ LIVE INFORMATION ]
赤い公園ワンマンツアー2013
「いざ、公園デビュー〜トトトツーツーツートトト〜」


10月26日(土)仙台LIVE HOUSE enn 2nd
11月03日(日)広島CAVE BE
11月04日(月・祝)福岡DRUM SON
11月08日(金)大阪Shangri-La
11月15日(金)名古屋APOLLO THEATER
11月23日(土)東京キネマ倶楽部

インタヴューArchives