<インタヴュー 特別編> 桜井和寿+TRICERATOPS=Quattro Formaggi(クアトロフォルマッジ)結成秘話と 名曲「STAND BY ME」の裏側

TRICERATOPS

アルバム『SONGS FOR THE STARLIGHT』についてたっぷりと語ってもらったインタビュー本編に続いては、その「特典音源CD」に収録された、TRICERATOPSとMr.Childrenの桜井和寿によるバンドQuattro Formaggi(クアトロフォルマッジ)のオリジナル楽曲“STAND BY ME”について、和田唱に語ってもらった。

まさに両者の個性が溶け合ったような名曲が完成するまでの、コラボ秘話をどうぞ。

取材・文=柴 那典


<インタヴュー> TRICERATOPS
「踊れるアルバムを、今一度作るべきだと思った」
―― 痛快ダンス絵巻の裏側にある「発明」を解き明かす

ーーここからはアルバム『SONGS FOR THE STARLIGHT』の特典音源「STAND BY ME」について話を聞ければと思います。すごい曲ですね。改めて。

和田:ありがとうございます! これはね、冷静に考えれば考えるほど「なんで俺らとやってくれたんだろう?」って思うけれど(笑)。

ーーまず、どういう風にして桜井さんに声をかけたんですか?

振り返ると、桜井さんって、なんだかんだで昔から面識はあったんですよね。イベントですれ違ったり、挨拶はするような関係で。で、今回の話につながる最初のきっかけは2012年の「ap bank fes ’12 -Fund for Japan- 淡路島」に誘っていただいたことなんです。そこに僕らが出演して。フェスが終わってバックヤードでの打ち上げ中、みんなほろ酔いの中、桜井さんと僕ら3人の4人で記念写真を撮ったんです。そうしたらなんとなく4人がバンドっぽい佇まいだったんで「バンドみたいですね」って笑ってたら、桜井さんが「このバンドで歌いたいな」って言ってくれた。「いつでも誘って」って。あと「俺がボーカルだよ」って言われました(笑)。

ーーそういう出会いがあったんですね。

そこから時は流れ、風の噂で桜井さんがバンド名を考えてるということを聞いたんです。「マジで考えてくれてたんだ」って思って。

ーーそれがQuattro Formaggi(クアトロフォルマッジ)だった。

そう。これ、桜井さんが考えた名前なんです。4種類のチーズのピザの名前からとったという。で、「バンド名を考えたってどういうことだろう……?」って思ったけど、少なくともあれは冗談じゃなかったということがわかった。で、そこからまた時が経ち、2014年の4月に僕らのイベント「DINOSAUR ROCK’N ROLL 6」 の2daysをやったんです。1日目はGRAPEVINEを誘ったんですけれど、2日目は桜井さんに出てもらえないかと打診したらオーケーをもらった。で、シークレットで出てもらうことになったんです。

ーーそこで共演をすることになったわけですね。

打ち合わせをやって、結果決まったのが、AKB48のカバーを1曲と、ミスチル2曲とトライセラトップス2曲をやる、ということで。でも、そこで「桜井さん、Quattro Formaggiって名前、ここで出していいんですかね?」って聞いたんですよ。「お互いの曲をカバーするだけで新しいバンド名を名乗るのって、変じゃないですか? 名乗るからにはオリジナル曲があったほうがいいんじゃないですか?」って。でも、公演までもそんなに時間がないし、ちゃんと作るのも大変だろうと思って。「スリーコードのロックンロールみたいなシンプルな構成で、歌詞もお遊びみたいな、そういう曲を作ったりするのどうでしょう?」って、冗談めかして言ったんです。そうしたら、桜井さんは「なんでもやるよ」って言ってくれて。「でも、どうせやるんだったら、のちのち盤になるようなクオリティのものがいいな」って。最初は「え?」って思いましたよ。「のちのち盤になる……?」って。でもそこでも桜井さんが本気だっていうことがわかった。

ーーそこから曲はどういう感じで作っていったんですか?

「桜井さん、どういう風にすればいいですか?」って聞いたんです。そしたら「モチーフがあったら送って」って言われた。「録音したものを送りあって、メールでやりとりしようよ」って。だから、これは俺が始めないことにはスタートしないなって思ったんで、まずは作ったんです。AタイプとBタイプを作った。Aタイプは激しいリフのファンキーなやつ、Bタイプはこの「STAND BY ME」の原型になっているやつ。両方ともメロディをつけて、Aメロだけ作って適当な言葉で歌ってiPhoneのボイスメモで録音したものを送ったんです。「桜井さん、二つ作ったんですけど、どうですか?」って。そしたら「Bが好きです」って返事がきた。さらに、そこにサビのメロディをつけて桜井さんが送り返してくれた。

ーーなるほど。それで曲の原型ができた。

で、今度は電話で「桜井さん、詩とかタイトルのアイディアはあります?」って聞いたら「ないんだよね」って。「あったら送って」って言われたから、「まいったな、曲はまだしも詩のアイディアを桜井和寿に投げるのはチャレンジングな作業だぞ」って思って(笑)。でもやらなきゃしょうがないから、やりましたよ。Aメロからサビの「遠くまで 遠くまで 今を重ねよう」「STAND BY ME」っていうところまで書いて、送った。そしたら二日後くらいに電話が来て。「詩、すごくいいよ。タイトルもOK!」って返事がきた。後は桜井さん作ってくださいって、お願いしたんです。「2番以降によって多少1番を修正するけどいい?」って言われて、もちろんこちらとしては全然オッケーなんで、お願いして。で、そうしたらこの曲、大サビがないことに気付いて。「桜井さん、大サビがあったほうがいいと思いません?」って言ったら。「そうだね、賛成」って。「作って」って言われたんで、またiPhoneのボイスメモで録音して送ったんです。

ーーどうでした?

そしたら「完璧! 天才!」って返事がきた。「よっしゃ! 天才いただいた!」って思いました(笑)。嬉しかったですね。それでその数日後に桜井さんが歌詞を書いて完成したんです。

ーー本当に二人のキャッチボールで作ってたんですね。

そうなんです! 本当に共作なんですよ。改めて振り返ると、桜井さんよくやってくれたな、ありがたいなって思うと同時に、俺もよくやったなって思います(笑)。

ーー実際、「STAND BY ME」はミスチルっぽさもトライセラっぽさもあるし、でもどちらのバンドの曲でもないし、見事に融け合っていると思います。

それは嬉しいな。でも、本当にそういう風にして、曲作りの段階から桜井さんを近くに感じることができたんです。もちろんレコーディングも一緒にやらせてもらって。

ーーレコーディングはどうでした?

実はトライセラトップスの本体のアルバムの方はロックバンドらしからぬ録音方法だったのに対して、この曲はすごくロックバンドらしいやり方で録ってるんです。「せーの!」で、ちゃんとアンプでギター鳴らして。それ以上オーバーダビングしてないんです。ドラム、ベース、俺と桜井さんのギター。まさに4人だけの音だった。ロックバンドになってましたね。

ーー得たものも大きかったですか?

そりゃもう! 並じゃないですよ、やっぱり。いろんな人とコラボレーションしてきたんで、それはわかります。皆さんすごいんですけれど、特にすごかった。音楽に対しての真面目さとか、簡単に納得しないところとか。俺と似てる、って思った。「これでよかったんだ」って思いましたね。こんなに一生懸命突き詰めるんだってわかったのは嬉しかったです。いろんなことが勉強になりました。ほんと、「すごいな」と思いました。



TRICERATOPS

関連記事

TRICERATOPS

和田唱(Vo/G)、林幸治(B)、吉田佳史(Dr)のスリーピースからなるロックバンド。1996年結成、同年5月にイ ンディーズよりミニアルバム『TRICERATOPS』を発表。同7月にシングル「Raspberry」 でメジャーデビューを果たし、キャッチーなメロディとダンサブルなロックサウンドで人気を呼ぶ。精力的なリリースやライブ活動を続 け、これまでに11枚のオリジナル アルバムを発表。2012年7月、15周年記念ベスト『DINOSOUL-BEST OF TRICERATOPS-』をリリース。2014年12月に4年3ヶ月ぶりとなる新作『SONGS FOR STARLIGHT』を発表。

オフィシャルサイト


ニューアルバム
『SONGS FOR THE STARLIGHT』


2014年12月10日発売
TTLC-1005 / 2,593円+税
01. GRRR! GRRR! GRRR!
02. HOLLYWOOD
03. スターライト スターライト
04. ポスターフレーム
05. GOOD ENOUGH
06. PUMPKIN
07. 僕はゴースト
08. 虹色のレコード
09. FLASH!!!
10. 恋するギターとガーベラの花
11. ふたつの窓
※特典音源CD付き


< TOUR INFORMATION >
ALBUM『SONGS FOR THE STARLIGHT』リリースツアー第一弾 決定!!
5月24日(日) なんばHatch
6月04日(木) Zepp Tokyo
6月05日(金) Zepp Tokyo
6月07日(日) Zepp Nagoya
全席指定 4,950円(税込/ドリンク代別)
チケット発売日等の詳細は後日発表

ページ上部へ戻る