佐咲紗花「5で刻むな」対談 第一回前編:井上俊次 (ランティス代表取締役社長)

佐咲紗花「5で刻むな」対談 第一回:井上俊次 (ランティス代表取締役社長)

アニソンシンガーの発掘に特化した。むしろ、「アニソンシンガーになりたい」という明確な夢を持った人たちのチャンスの場として行われ続けてきたコンテスト「全日本アニソングランプリ」。第3回目となる大会で優勝。アニメ「戦う司書 The Book of Bantorra」の後期オープニングテーマ『星彩のRipieno』を歌い、2010年1月にデビューを飾った佐咲紗花。

今年で、ちょうどデビュー5周年。でも、今回より始まった連載のタイトルに「5で刻むな」と題しているように、何十年とアニメ/アニソンの世界を舞台に活動をしている人たちからすれば、デビューから5年はまだまだ若輩者な時期。でも今は、次々と新しいシンガーも誕生するように、けっして”新人”とは言えないのも事実。

1月にデビュー5周年を迎える佐咲紗花が、5年目の今年にどんな経験を重ね、10周年や20周年へ向けた日々を重ねていけるのか。彼女の心境を、いろんな人たちとの対談を通して説き明かそうということから、この企画は誕生した。

第一回目の対談相手として登場したのが、佐咲紗花のレーベル先である株式会社ランティスの代表である井上俊次氏。「全日本アニソングランプリ」を通し出会った頃の話をきっかけに、対談はスタートした。

取材・文=長澤智典

「5で刻むな」は、「アニソン業界には長く活動している大先輩たちが沢山いる。なのに、5周年とか、5という数字を刻んで喜んでる場合じゃないだろう。もっと長くやることを前提に頑張れ」と叱咤激励を受け、出てきた言葉なんです。


佐咲紗花「5で刻むな」対談 第一回:井上俊次 (ランティス代表取締役社長)

佐咲:今回の連載企画のタイトルが「5で刻むな」。これは、いつも諸先輩たちの背中を見ながらアニソン業界には長く活動している大先輩たちが沢山いる。なのに、5周年とか、5という数字を刻んで喜んでる場合じゃないだろう。10周年20周年、もっともっと長くやることを前提に頑張らなくては、と考えていて。そこから出てきた言葉なんです。

井上:デビューしてから、もう5年も経つんだね。デビューのきっかけは「全日本アニソングランプリ」の第3回目だよね。地方予選は、どこに参加したんでしたっけ?

佐咲:当時、東北での地方予選がなくて、東北民からすると近いのは札幌予選か東京予選で。私、秋田出身なんですけど、札幌大会に参加させていただきました。そこで優勝したことから、東京で開催になった決勝大会へと進みました。

井上:決勝大会は僕審査委員長を担当していたから、その姿はもちろん見てるんだけど。「全日本アニソングランプリ」って、いろんなメーカーさんが参加しては、みんなガチで将来のことを見据えた審査をしています。あのときの大会で佐咲さんは、出場者の中で一番年上だったのかな?

佐咲:男性では一つ年上の方がいたんですけど。女子では私が最年長で、当時で27歳でした。他の女性の出演者はほとんどが10代。一人だけ年齢が離れていました(笑)。

井上:審査員の中でも、その歌声を聞いて「彼女(佐咲紗花)がいいなぁ」という声でまとまっていたんだけど、一つ気になってたことがあって。あのときは、「秋田でOLをやってます」と質疑応答の中で言ってたよね。

佐咲:言いました。

井上:聞いたら、しっかりとした大きな会社だったのに、でも「会社を辞めて上京してくる」という話をしてたでしょ。

あのときの大会は、「デビュー・シングルはランティスで出します」と最初から宣言していたから、僕がランティスの代表として決勝大会の審査員へ臨んでいたんですけど。覚えているのが、当時、審査員を務めた各レコード会社の方々に、「うちで、デビュー・シングルは出させていただきますけど。彼女はこれから、安定した会社も辞め、東京で不安定な状態のまま生活を始めることになるわけですから、その後も、いろんな方々の協力がないと本人も不安を覚えていくと思うんです。その際は、みなさんも応援してくださいね」と、その協力要請を確認したこと。あのときは、彼女の先の展開のサポートも自分なりに考えたうえで、みんなで「佐咲紗花でいこう」と決めたんですよ。

佐咲:秋田に住みながらアニソンシンガーを目指すと夢を描いていても、正直、地方だと情報も少ないし、急にオーディションがあっても日程調整や遠征費や色々前もって準備をしないと難しくて、叶えるのは大変なことなんです。私、あの大会でどんな結果になろうと、「この大会の結果がどうなったとしても上京しよう」と決めていたし、そのために、1年前から上京するための貯蓄もしていました。なので、質疑応答のときに「今も秋田でOLをやってますよね」と聞かれたとき、「会社を退職し、年内には東京に住む決意をしてます(大会は9月に開催)から、そこは大丈夫です」と答えたんです。地方に住んでいることで発生する、デビューしてからの交通費だったリ面倒なケアだったりは問題ないですよーという意味のアピールも含めて。

井上:重たいなぁ(笑)。そういう決意を表明していたからこそ、「彼女で」と決めたわけだけど(笑)。

ページ:

1

2

関連記事

佐咲紗花
佐咲紗花

「第3回全日本アニソングランプリ」でグランプリを受賞し、TVアニメ「戦う司書 The Book of Bantorra」第2期OP主題歌『星彩のRipieno』でデビュー。圧倒的な歌唱力に加えデビューシングル「星彩のRipieno」からC/W共に作詞も担当するなど、その才能の片鱗を見せつける。

デビュー以来、横浜アリーナ、埼玉スーパーアリーナ等での大きなフェスにも多数参加。2011年2月にはデビュー1周年の集大成とも言えるワンマンライブを開催。

2012年、2013年には1stアルバム、2ndアルバムをリリースしをアルバムを引っさげてワンマンツアーを開催。海外にも活発に活動している。代表曲はアニメ「日常」ED主題歌「Zzz」、TVアニメ「だから僕は、Hができない。」OP主題歌、TVアニメ『閃乱カグラ』OP主題歌「Break your world」TV アニメ「牙狼」のED「CHIASTOLITE」など数々の主題歌を担当。2014年は超大型イベント、ランティス祭りのステージにも立ち2015年はランティスフェスティバル、ラスベガス、香港、台湾公演に出演することが決定。2015年2月14日に5周年ライブがshibuya duo MUSIC EXCHANGEで開催される。

2015年3月25日に全てのアニソンファンに捧げる世界基準のカバーアルバム「SAYAKAVER.」のリリースが決定。

< RELEASE INFORMATION >
『SAYAKAVER.』
佐咲紗花 / SAYAKAVER.

2015年3月25日発売
LACM-15484 / 3,000円(税抜)
[ 収録楽曲 ]
「JUST COMMUNICATION」
TWO-MIX/TVアニメ「新機動戦記ガンダムW」OP主題歌
「LEVEL5-judgelight-」
fripSide/TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OP主題歌
「The Biggest Dreamer」
和田光司/TVアニメ「デジモンテイマーズ」OP主題歌
「Sakura」
NIRGILIS/TVアニメ「交響詩篇エウレカセブン」OP主題歌
「プラチナ」
坂本真綾/TVアニメ「カードキャプターさくら」第3期OP主題歌
「Snow halation」
μ's/「ラブライブ!」第2期挿入歌
「Anything Goes!」
大黒摩季/TV特撮「仮面ライダーオーズ/OOO」OP主題歌
「炎のたからもの」
ボビー/劇場版アニメ「ルパン三世カリオストロの城」主題歌
「特捜エクシードラフト」
宮内タカユキ/TV特撮「特捜エクシードラフト」OP主題歌
「DISCOTHEQU
水樹奈々/TVアニメ「ロザリオとバンパイア CAPU2」OP主題歌
....他 全12曲収録予定


< LIVE INFORMATION >
佐咲紗花 5th Anniversary Live 2010-2015 ~Genesis~
日時:2月14日(土) 開場 18:00 / 開演 18:30
会場:shibuya duo MUSIC EXCHANGE
(東京都渋谷区道玄坂2-14-8 O-EASTビル 1F)
料金:前売り 6,000円(税込)+1D別 チケットぴあ(Pコード:244-903)
イープラス
shibuya duo MUSIC EXCHANGE

佐咲紗花 5th Anniversary Live 2010-2015 〜Genesis〜プレミアムプレライブ
開場:17:00 / 開演:17:15
会場:shibuya duo MUSIC EXCHANGE
チケット:SOLD OUT
内容:ミニライブ×トーク
本編では歌唱しない楽曲を歌唱します!

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
オフィシャルBlog




井上俊次

1960年生まれ。ロックバンド「レイジー」「ネバーランド」のキーボーディスト、音楽プロデューサーを経て、1999年に音楽レーベル会社「ランティス」を設立。それまでとは違う、アーティスト志向の強い新たなアニソンスタイルを築く。影山ヒロノブ、JAM Project、ALI PROJECT、茅原実里をはじめ、50組近くのアーティストが所属。昨年はコンサート制作会社「バンダイナムコライブクリエイティブ」を設立し社長に、アニメ系以外のアーティストマネージメント会社「アイウィル」を設立し会長に就任。


オフィシャルサイト
ページ上部へ戻る