佐咲紗花「5で刻むな」対談 第三回前編:angela

佐咲紗花「5で刻むな」対談 第三回前編:angela

2003年のメジャーデビュー以来、サウンドとアニメ作品との見事なシンクロ度を感じさせながらも唯一無二の世界観を音で放ち続けるangelaは、今や海外でのリリースはもとより、アジアツアーも行い、世界中を熱狂させるスーパーユニットだ。言葉や国の壁を取っ払い、ファンとの一体感を生みだし続ける彼らの背中を追いかけたい!と意気込む佐咲紗花。アジアでのライヴなど経験してきたことでさらに世界を視野に入れ、先輩たちから教えを乞うべく、直撃する!そこで語られる、世界をも席捲するパフォーマンスの秘密と魅力とは!!

取材・文=えびさわなち

ーー今回、angelaのお二人から、ライヴでのパフォーマンス力や表現力を学びたいという佐咲紗花さんですが、まずは、angelaさんと佐咲さんとの出会いというと?

atsuko:えー? いつだったかな。もう気が付いたら「いた」って感覚なんですけど…。だって「いた」よね?ラジオに出てくれたのが最初?

佐咲:実は、ラジオ出演する前に御挨拶をさせて頂いてるんです。

atsuko:そうだったんだー。でもそれも結構、前ですよね。

佐咲:そうですね。2011年の冬です。

KATSU:ラジオだと思ってた。その時の印象が強いなぁ。

atsuko:スタッフ情報によるとね、ANIMAX MUSIXでご挨拶をしたときに「(angelaが)好きなんです」と言っていただいたことで、じゃあラジオにゲストでいらっしゃいませんか?って話をしてって話らしいです。ラジオで印象的だったのが…。

佐咲:叔父の話ですよね?

atsuko:そうそう! 叔父さんがangelaのラジオを聴いていたというお話をしてくれたの。

佐咲:そうなんです。私は元々ファンだったんですが、まさか歌謡曲好きな叔父がangelaさんのラジオを毎回聴いていたとは…!という(笑)。最初のご挨拶後に叔父から連絡が来て知りました。「紗花! お前angelaと会えたのか!? すごいんだぞangelaは! 歌もトークも最高で!」って(笑)。

atsuko:あれも結構前だよね。でも…今日まであっという間だったなぁ。…あっという間じゃない?

佐咲:angelaさんは制作を常にしているイメージがあるので、それもあって余計にあっという間に感じられるのかもしれないですよね。

atsuko:そうなの。常にしてるの。常にしてるんだけど、終わらないの。ずっと作ってるのに、アルバムを出すの2年ぶりだし…。なんなんだろうね?

KATSU:ずっと何か作ってるよね。

atsuko:生活の中に制作が組み込まれているというよりかは、生活の中で常に追い込まれているっていう感じなんだよね。でも佐咲さんもすごく忙しくしてなかった? 学園祭からランティスさん祭りから…。だから、追い詰められてる私たちは手本にはならない気がします(苦笑)。

佐咲:いえいえ。angelaさんは、ご自身の音楽が確立されていて。確かな音楽があった上で、ライヴが面白楽しい。本当に「ワンダーランド」そのままだな、と思っているんです。楽曲も確かなものを持っていて、それでいてライヴも確かな「世界」がある。そんなangelaさんのようになりたい、と常々思っているんですね。『蒼い春』のように変化球的な曲にビックリすることもあるけれど、それでもどれだけ驚かされようともそこに響くのは絶対的なangelaサウンドで。angelaというものは裏切らない。色んなことを試しているんだけど、全てが、angelaを愛する人たちが求めるものを作っているんだなってことを感じているんです。そして好きなものを作り続ける、という姿勢がすごいなぁ、と思って尊敬しています。

KATSU:ありがとうございます。でも追い込まれてるからなぁ。常に。

atsuko:あとは、飽きられるのが怖いんだよね。自分に飽きたくないし。

KATSU:飽きられたら怖い。それに自分の中の引き出しなんて10年前に出しつくしてるからね。

佐咲:えーーーっ!? 引き出しだらけに思っていました! でもatsukoさんが、あれだけたくさんのステージに立たれているのに、今もステージ裏ではライヴに行く前に「どうしよ、どうしよ。緊張する!」っておっしゃっていることにビックリして。だってステージ上ではそんな姿は微塵も感じさせないのに! ステージに出たときの、オンに切り替わる感じというか。atsukoモードになる感じもすごいな、と思っています。

atsuko:それは、影山ヒロノブさんもおっしゃってたけど「もう始まったらやるしかないからさぁ」って。それと一緒(笑)。

佐咲:でもあの先輩たちは出る寸前まで、楽屋でかなりリラックスしてますね。

atsuko:ほんとだよね。前にKATSUさんが楽屋でご一緒させてもらってたんだけど、しゃべる、しゃべる。

KATSU:先輩たちは。

atsuko:キャッキャするにもほどがある(笑)。遠藤正明さんも「ステージに出たら歌うだけだし、今ここでしゃべるんだ」って、ずっとしゃべってたし。あれはすごいですよね。リスペクトですよ。自分もあんな風になれたらいいのになぁって思う。楽屋でキャッキャできるくらいにリラックスしていたいですよね。

佐咲:楽しそうですよね、いつも。

KATSU:多分、ステージにあがる数秒前にマックスにテンションを持って行けるんだと思うんですよ。そのコントロール力は僕らとは構造が違うのかなって思うし。

atsuko:でもそうなっていけるのかもしれないよね。経験を経ていけば。だって昔はわたしも一週間前からごはんが食べられなくなってましたから。緊張のあまり。

佐咲:えー!? そんなだったんですか?

atsuko:今だと、本番前でもお腹が空くと機嫌が悪くなるくらいなのに。

KATSU:そうそう。機嫌が悪くなる。あと海外とかだとごはんが食べれないとダメだから、簡易炊飯器持参して。

atsuko:うん。それでマネージャーに米を炊いてもらってた。

佐咲:持って行くんですか?

atsuko:持って行ってたの。炊いていない状態の米と簡易炊飯器。海外はパンが多いでしょ? でも米を食べたいんだよね。緊張もあって普段と変わらずに米を食べてライヴに臨みたいんですよ。まぁ、今ではどこに行っても何でも食べるんですけどね(笑)。

佐咲:KATSUさんはそういった食べ物のことは特にないんですか?

KATSU:ないですね。どこでもなんでも全然、大丈夫。



ページ:

1

2

関連記事

佐咲紗花
佐咲紗花

「第3回全日本アニソングランプリ」でグランプリを受賞し、TVアニメ「戦う司書 The Book of Bantorra」第2期OP主題歌『星彩のRipieno』でデビュー。圧倒的な歌唱力に加えデビューシングル「星彩のRipieno」からC/W共に作詞も担当するなど、その才能の片鱗を見せつける。

デビュー以来、横浜アリーナ、埼玉スーパーアリーナ等での大きなフェスにも多数参加。2011年2月にはデビュー1周年の集大成とも言えるワンマンライブを開催。

2012年、2013年には1stアルバム、2ndアルバムをリリースしをアルバムを引っさげてワンマンツアーを開催。海外にも活発に活動している。代表曲はアニメ「日常」ED主題歌「Zzz」、TVアニメ「だから僕は、Hができない。」OP主題歌、TVアニメ『閃乱カグラ』OP主題歌「Break your world」TV アニメ「牙狼」のED「CHIASTOLITE」など数々の主題歌を担当。2014年は超大型イベント、ランティス祭りのステージにも立ち2015年はランティスフェスティバル、ラスベガス、香港、台湾公演に出演することが決定。2015年2月14日に5周年ライブがshibuya duo MUSIC EXCHANGEで開催される。

2015年3月25日に全てのアニソンファンに捧げる世界基準のカバーアルバム「SAYAKAVER.」のリリースが決定。

< RELEASE INFORMATION >
New Single『DREAMLESS DIVER』

2015年5月27日発売
LACM-14345 / 1,200円(+税)
[ 収録楽曲 ]
1. DREAMLESS DIVER
2. EverCruise
3. DREAMLESS DIVER(Off Vocal)
4. EverCruise(Off Vocal)


< LIVE INFORMATION >
SAYAKAVER.LIVE 01
日時:6月17日(水) 開場 18:30 / 開演 19:00
会場:下北沢GARDEN
料金:前売り・自由
(1) Sチケット7,560円(税込)
(2) Aチケット4,320円(税込)
※別途drink代必要
※未就学児童は入場不可※3歳以上はチケットが必要
★Sチケット特典内容★
・全てのAチケットより優先入場
・Sチケットアフターミニライブ
・お土産付
※チケットは先着ではございません
※本編のライブ終了後そのまま残っていただいての参加になります

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
オフィシャルBlog




angela
angela

2003年 TVアニメ「宇宙のステルヴィア」の主題歌「明日へのbrilliant road」でメジャーデビューしたユニット。
以降、「蒼穹のファフナー」「K」など、数々のアニメ作品の主題歌を担当し、2013年4月発売のアルバム「ZERO」はオリコンウィークリー10位を獲得した。2014年5月21日のデビュー記念日に 2nd ベストアルバム「宝箱2 -TREASURE BOX II-」とTVアニメ「シドニアの騎士」OP 主題歌シングル「シドニア」を同時発売し、後に「シドニア」が「第19回アニメーション神戸賞」主題歌賞を受賞。
海外イベントへも多数出演しており、2014年は7月に米「Anime Expo」、12月にシンガポール「Anime Festival Asia 2014」などに参加。2015年2月11にTVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」OP&ED主題歌「イグジスト」を発売し、オリコンウィークリー第7位を獲得。4月29日に最新シングル「騎士行進曲」(「シドニアの騎士 第九惑星戦役」)をリリース。また6月7日より海外公演(香港・台湾)を含むライヴツアー開催を予定。

< RELEASE INFORMATION >
7thアルバム『ONE WAY』

初回限定盤:KICS-93189 / 3,426円+税
クリアケース仕様
封入特典:特製はちまき


通常盤:KICS-3189 / 2,963円+税

2015年5月20日(水)発売
[ 収録楽曲 ]
1. イグジスト
2. Different colors
3. シドニア
4. Sail away
5. キラキラ-go-round
6. 春夏秋冬
7. This is LOVE
8. ANGEL
9. バイバイオーライ
10. その時、蒼穹へ
11. 二十四節気恋唄
12. 騎士行進曲 [angela × HEAVENS WiRE Remix]


< LIVE INFORMATION >
angela Live Tour 2015「ONE WAY」
6月07日(日) 香港 九龍湾国際展貿中心G/F Music Zone@E-Max
6月13日(土) 台湾 花漾Hana展演空間
7月11日(土) 福岡 DRUM Be-1
7月12日(日) 愛知 BOTTOM LINE
7月18日(土) 大阪 BIG CAT
7月25日(土) 東京 新木場STUDIO COAST
料金:オールスタンディング 5,616円(税込) 香港、台湾公演除く
※3歳以上有料
※整理番号付き
※ドリンク代別途500円必要
※大阪公演はドリンク代600円

オフィシャルサイト
オフィシャルYouTube


ページ上部へ戻る