NEXUS SELECT特別座談会「2015年を背負うニューカマーたちを大紹介!」後編

NEXUS SELECT特別座談会「2015年を背負うニューカマーたちを大紹介!」後編

現場の音楽好きたちがオススメの曲をリコメンドするNEXUSの人気コーナー「NEXUS SELECT」。

そこでレギュラーセレクターを担当している藤田琢己・三原勇希・柴 那典の三人が座談会形式で「2015年を背負うニューカマー」についてじっくり語り合う特別企画を実施!

後編は水曜日のカンパネラ、WANIMA、戸渡陽太、ヘンショクリュウ、ボンジュール鈴木、KOHH、SANABAGUN、banvox、go!go!vanillasを紹介します。

文・構成:柴 那典

NEXUS SELECT特別座談会「2015年を背負うニューカマーたちを大紹介!」前編
NEXUS SELECT特別座談会「2015年を背負うニューカマーたちを大紹介!」前編


水曜日のカンパネラ

柴 那典

柴:僕が紹介したいのは、2015年期待のニューカマーというにはすでにかなりの知名度があるわけなんですが、水曜日のカンパネラ。

藤田:水カン、キテるよね。完全に。やっぱり自分たちを客観視できてるタイプ。

柴:水曜日のカンパネラもshiggy Jr.と同じように、いろんな人に愛されたり面白がられている感じあって。パフォーマンスが注目されがちですが、音楽もキレキレで面白い。

三原:トラックもいいですよね。

藤田:ホントは、コムアイだけじゃなくて3人組でやってくはずだったんですよ。でもやっていくうちに本人も面白くなってきてて。

三原:そういう感じはびんびんしますね。

藤田:自分もあれやりたい、これやりたいってアイディアが一杯あるから。パフォーマーとしての現場責任者みたいになっていて。これもキュウソネコカミと一緒ですよ。

柴:というと?

藤田:キュウソも「さすがにメジャーで売れないだろうなあ」って思いながら、ずっとラジオでかけてたんですよ。音楽好きの間では話題になるだろうけど、メジャーにいったらどうだろうなあ、って。でも水曜日のカンパネラも3月にはLIQUIDROOMでワンマンが決まってる。

柴:すごいな〜。

藤田:次のレベルでデカいことをやって、ちゃんと楽しませて飽きさせないっていうことを考えてるっていう。鹿の解体をしてるだけじゃないんだって(笑)。


WANIMA

三原:私はロックバンドで言うと、WANIMAがすごく好きなんです。

藤田:あ〜! WANIMA、いいよね〜。

三原:WANIMAは、特に“1106”は今っぽいワケじゃないと思うんですよ。でも「こういうの聴きたかった!」みたいな曲で。みんなでカラオケとかで盛り上がれる青春ソングのような要素を兼ね備えてて、モンパチみたいなハイスタみたいな懐かしさもありつつ、痒いところに手が届く新しさもちゃんとある。聴いてて「うわっ!」って清々しい風が吹いたみたいな感じです。メロディも歌詞もよくてハマりました。

柴:基本的にはスタイルとしては完全にやり尽くされてるわけじゃないですか。でも「やっぱいいよね」ってなる。

三原:そうなんですよ! やっぱり好きなんですよ。“BIG UP”もスカとかレゲエとかの要素がちょっと入ってて、さらに幅広い層にハマるんじゃないかなって思います。

藤田:実際、メロコアというシーンの中では飛び抜けて成功しているらしい。

三原:そうなんですよね。キャラも立ってるし、歌唱力もあるし、これからもっともっと来るんじゃないかって思います。

ページ:

1

2 3

関連記事

藤田琢己
藤田琢己

ラジオ、テレビ、新聞など、音楽を伝える仕事をメインに、1000を超えるライブに足を運び、B'z、ミスチルからマライア・キャリー、エアロスミスまでインタビューしてきた経験を持つ。

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ
オフィシャルTwitter



三原勇希
三原勇希

モデル・タレント/1990年4月4日生まれ。大阪府出身。
2004年、雑誌「nicola」モデルとしてデビュー。tvkの音楽情報番組「sakusaku」3代目MC。
大の日本語ラップ・ヒップホップ好き。

【趣味】音楽・ライブ鑑賞、ヨガ、ランニング、旅
【特技】ピアノ、絶対音感、高音

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
オフィシャルブログ




柴 那典
柴 那典

1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。出版社ロッキング・オンにて『ROCKIN’ON JAPAN』『BUZZ』『rockin’on』の編集に携わり、その後独立。雑誌、ウェブメディアなど各方面にて編集とライティングを担当し、音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー・記事執筆を手掛ける。

オフィシャルブログ
オフィシャルTwitter


ページ上部へ戻る