NEXUS SELECT特別座談会「2015年を背負うニューカマーたちを大紹介!」前編

NEXUS SELECT対談

現場の音楽好きたちがオススメの曲をリコメンドするNEXUSの人気コーナー「NEXUS SELECT」。

そこでレギュラーセレクターを担当している藤田琢己・三原勇希・柴 那典の三人が座談会形式で「2015年を背負うニューカマー」についてじっくり語り合う特別企画を実施!

前編はShiggy Jr.、Sugar’s Campaign、BOMI、The fin.、カラスは真っ白、vivid undress、Benthamを紹介します。

文・構成:柴 那典


柴:今回が初の開催なんですが、基本的にはみんなのオススメを語り合いたいという企画です。テーマは2015年に期待したいニューカマー、ということで。

藤田:僕ね、紹介したくてたまらないないアーティストが沢山あるんです! NEXUSさんがやらないなら自分でやろうと思ってた(笑)。本当に言いきれないくらいあるので。

三原:でもそれくらいいい人、いい曲が出てるってことですよね。

柴:じゃあ、まずは藤田さんからどうですか?

Shiggy Jr.

藤田琢己

藤田:これは去年から言ってたんですけど、2015年のニューカマーということで、やっぱり最初に挙がるのはShiggy Jr.かな、と。

柴:いいですよね、彼ら。僕もまずはShiggy Jr.かなと思ってました。

三原:よく見かけるようになりましたよね。

藤田:彼らはアイドル好きでも刺さりそうな曲の音感と、声の萌え感があって。それに、彼らはプロデューサー気質のメンバーがちゃんといて、「今これが面白い」とか「今こういうことやったらいい」みたいなことを自分達でちゃんとプロデュースできてるんですよね。キャッチーだしバンド然としてるところもあるのに、普通にアイドルソングと並べてもヌケて聴こえる。

柴:ちょっと80′sっぽいポップ感がありますね。ディスコっぽいというか。

三原:身近なルックスと電子音っていうの、今っぽいですよね。

柴:tofubeatsが出てきた時と似ていて、みんなに愛されてる感がすごくある。

Sugar’s Campaign

藤田:で、tofubeatsの名前が出てきたんで紹介したいのがSugar’s Campaign。

三原:格好いいですよね! 好きです。

藤田:tofubeatsが売れるんだったら彼らも売れるだろうみたいな。

三原:しかもこの奇抜なルックスとかパフォーマンスも魅力的。SeihoさんのDJもたまに聴きにいくんですけど、すごいアガるし超踊れるんですよすね。

柴:実はNEXUSでもこないだSugar’s Campaignのインタビューやってきたんです。ビックリしたのが、二人ともジャズからオールディーズからものすごい数の音楽を聴いてて。でも、頭でっかちな感じじゃなくて、キャッチーで楽しい感じになってるのがいいですよね。

藤田:デビューアルバム聴いて「これはヤバイな」と思いましたよ。わかってるし、狙ってるし、しかも上手い。ビジュアルイメージとか含めてスキのない表現になっていて。小西康陽さんとか渋谷系に通じる感じもあって。80’s~90’sに盛り上がったポップスを知り尽くして、でもカッティングエッジみたいなことをしながら、ムーブメントを作っていくという。そういう新世代ですよね。いろんなことをわかった上で、いい曲を作るっていう。知能指数の高さと狡猾さに、ゾクゾクします。

三原:それでいて、またいろんなボーカルの人を迎えていろんな広がりが出てくるから。これからすごく楽しみですよね。

柴:楽しみですよね。

ページ:

1

2 3

関連記事

藤田琢己
藤田琢己

ラジオ、テレビ、新聞など、音楽を伝える仕事をメインに、1000を超えるライブに足を運び、B'z、ミスチルからマライア・キャリー、エアロスミスまでインタビューしてきた経験を持つ。

オフィシャルサイト
オフィシャルブログ
オフィシャルTwitter



三原勇希
三原勇希

モデル・タレント/1990年4月4日生まれ。大阪府出身。
2004年、雑誌「nicola」モデルとしてデビュー。tvkの音楽情報番組「sakusaku」3代目MC。
大の日本語ラップ・ヒップホップ好き。

【趣味】音楽・ライブ鑑賞、ヨガ、ランニング、旅
【特技】ピアノ、絶対音感、高音

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
オフィシャルブログ




柴 那典
柴 那典

1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。出版社ロッキング・オンにて『ROCKIN’ON JAPAN』『BUZZ』『rockin’on』の編集に携わり、その後独立。雑誌、ウェブメディアなど各方面にて編集とライティングを担当し、音楽やサブカルチャー分野を中心に幅広くインタビュー・記事執筆を手掛ける。

オフィシャルブログ
オフィシャルTwitter


ページ上部へ戻る