ROVOの日比谷野音「MDT FESTIVAL」今年も開催、ゲストにDE DE MOUSE

ROVO

毎年恒例となったROVOの日比谷野外大音楽堂「MDT FESTIVAL」14回目の開催が決定した。昨年はチケットがSOLD OUTし、満員の野音を音と光の洪水で魅了した。本年度のゲストにはDE DE MOUSEが決定。

ROVOは「何か宇宙っぽい、でっかい音楽をやろう」と、勝井祐二と山本精一を中心に1996年結成。 バンドサウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者として、シーンを牽引してきた。 驚異のツインドラムから叩き出される強靱なグルーヴを核に、6人の鬼神が創り出す音宇宙。音と光、時間と空間が一体となった異次元時空のなか、どこまでも昇りつめていく非日常LIVEは、ROVOでしか体験できない。国内外で幅広い音楽ファンから絶大な信頼と熱狂的な人気を集める、唯一無二のダンスミュージックバンド。バンド結成20周年を迎えたROVOが恒例野音でどんな顔を見せるのか。


ROVO presents MDT FESTIVAL
日時:5月29日(日) 開場 15:00 / 開演 16:00
会場:日比谷野外大音楽堂 ※雨天決行
出演:ROVO / DE DE MOUSE …and more
料金:全席自由 4,800円
発売:3月26日(土)
主催者先行WEB予約:2月26日(金) 12:00 〜 3月7日(月) 23:00


オフィシャルサイト

関連記事

ページ上部へ戻る