極彩色の娑婆を駆ける-パスピエ@福岡DRUM LOGOS

14

バカ番号:00014
名前:月の人
レベル:中級
プロフィール:佐賀県の大学生。日本のロックバンドを中心に、まぁまぁいろいろな音楽が好きです。福岡のライヴハウスに行くことが多いです。ライヴレポートは常々、こっそりと自己満足をぶつけるように書いていたのですが、こういう場で公開するという選択肢もアリなんじゃないか!と思いまして、投稿いたします。
リンク:Twitter
過去の投稿:12345

9月にリリースしたアルバム「娑婆ラバ」は、パスピエの歪な音楽性を時に真っ直ぐ、時に斜めに、バランス取りなど一切せず思うがままに鳴らしたぶっ飛んだ作品だった。

そのレコ発ツアーとして開催されたTOUR2015″娑婆めぐり”、11/15福岡DRUM LOGOS公演は、目にも耳にも鮮やかな極彩を浴びせ、熱狂を渦巻かせる異様な夜だった。

「裏の裏」MV

ブルーの照明がステージを照らす中、エレクトロなSEに乗せてメンバーが登場。大胡田なつきは着物、他メンバーは和装というライブハウスには異質、パスピエには特権的とも言える衣装で目に華やかさをもたらす。そして荘厳なイントロから一気にポップに弾ける「裏の裏」で幕開け。続く「YES/NO」では既にサビの大合唱が自然発生し、オープニングにぴったりな高揚感だ。

「贅沢ないいわけ」MV

軽い挨拶を挟んだ後、流麗なピアノとストレートな歌唱が胸打つ「贅沢ないいわけ」へ。こういった普遍的な楽曲も今やパスピエの重要な要素だ。ファンもお馴染みとばかりにクラップを繰り出す。そしてメジャーデビュー盤から「トロイメライ」を披露し、初期から一貫したメロディへの拘りが見える流れだった。

頭にスローなバラードと化したサビを置いた新生「S.S」でもうひと暴れさせた後、ようやく小休憩。ここまでほぼノンストップ、既に汗だくである。バンド的ではない出自を持つパスピエだが、ライブハウスの盛り上げ方をメジャー4年目にして掴んできてる、とよく分かった。

「娑婆ラバ」の一曲目、壮大な弦アレンジとギターポップを交差させた「手加減のない未来」で明るく再開させたかと思うと、「トーキョーシティー・アンダーグラウンド」で静と動をタイトに行き来するなど、予想のつかないセットリスト。不気味な歌謡感と緩やかなリズムで踊らせる「ハレとケ」から、「△」へとシームレスで繋ぐなど、見せ方がとにかく巧い。更に鍵盤主体のアレンジに大幅リフォームされた「とおりゃんせ」をさらりと入れ込むなど、変幻自在のサウンドを聴かせる。

ここでギター三澤勝洸、ベース露崎義邦、ドラムやおたくやの三名によるソロパートを織り交ぜたセッションが挟まれる。パスピエの屋台骨となるサウンドが剥き出しのままバチバチとぶつかり合っていて、シンプルに興奮。そこに投下されるのはアルバム随一の大騒ぎナンバー「つくり囃子」!うねるビートがお祭り騒ぎを誘い、無心で踊った。

「つくり囃子」MV

「チャイナタウン」「MATATABISTEP」という必殺の2曲でフロアは沸点に達する。メンバー全員、とにかく楽しそう。そして散々アガり倒した空間に、ボーカル大胡田なつき曰く「パスピエの活動を通して見た景色を描いた」という「花」が優しく響き渡っていく。

初めてパスピエのワンマンを観たのだが、最も驚いたのは大胡田なつきの表情の豊かさだった。かつてはコケティッシュなアイコンとして不思議な空気を纏いバンドと対象的な彼女だったが、その艶やかさはきちんと残しつつ、演奏の熱さを軽々乗りこなす身体性とオープンさが加わり、とても開かれた存在になっていた。アッパーな曲では笑顔たっぷりに、「花」のような曲では音と一体になるかのように入り込んで歌う。その表現力の大きさに圧倒された。

この日2つ目の別アレンジ曲「シネマ」は、「今夜はブギーバック」かのようなアーバンでスイートな仕上がりに。終盤の寂しさを惜しむかのような多幸感が会場いっぱいに広がっていく。そのムードを後押しする、初期からの名曲「最終電車」は極上の切なさをもたらしれくれた。

本編最後に鳴らされたのは、時空を超えた巡り会いをかつてないストレートなメロディで躍動的に活写する「トキノワ」。成田ハネダはこの日何度も「この時間をみんなで共有出来て嬉しい」と語った。ライブという現場で巡り会った僕らとパスピエの関係性もまた、「トキノワ」の歌に沿う奇跡のようなものしれない。そんなことが思い浮かぶしかないほど、ドラマチックに聴こえた。

「トキノワ」MV

アンコールは、アルバムの最後の曲でもある「素顔」。首謀者・成田ハネダがパスピエで伝えたいことを素直に綴った歌詞がとても意外だった。際立った個性を整えることなく、その奇抜な様式美を追求することで、地方でも1000人キャパをいっぱいにするライブバンドとなったパスピエの、未来へと続く宣言が締めに歌われるのは、とにかく痛快だった。華やかさもタフさも兼ね備え、何処まで行ってしまうのだろうか。これからも、目が離せない。

ページ上部へ戻る