<インタヴュー> 特別企画・永原真夏とNEXUSの歩みを振り返る

・『ひなぎくと怪獣』SPECIAL SITE(2012年7月)
・『ひなぎくと怪獣』SPECIAL SITE(2012年7月)

・SEBASTIAN X ツアー2012『ひなぎくと怪獣』ライヴレポート(2012年8月)
・SEBASTIAN X ツアー2012『ひなぎくと怪獣』ライヴレポート(2012年8月)

・SEBASTIAN X ツアー2012『ひなぎくと怪獣』ワンマンライヴ「怪獣オーケストラ」ライヴレポート(2012年10月)
・SEBASTIAN X ツアー2012『ひなぎくと怪獣』ワンマンライヴ「怪獣オーケストラ」ライヴレポート(2012年10月)

ーー『ひなぎくと怪獣』の時は特設ページを作りました。この頃はどうでした?

永原真夏:『ひなぎくと怪獣』の頃は、どうだったっけな? 自分の好きなこと、表現したいこととかが明確になってきて、リアリティをもってバンドのスケールも広がってきた時期だったので。収穫もあったし。シンプルでしたね。『ひなぎくと怪獣』と『POWER OF NOISE』は本当にシンプルな気持ちでやった記憶がありますね。やっぱり「GO BACK TO MONSTER」っていう曲がでかかったかな。自分で歌いながら自分の曲に押されてた。

・『POWER OF NOISE』特設サイト(2013年8月)
・『POWER OF NOISE』特設サイト(2013年8月)

・ツアー2013 POWER OF NOISE 8/24 吉祥寺WARP レポート
・ツアー2013 POWER OF NOISE 8/24 吉祥寺WARP レポート

・ツアー2013 POWER OF NOISE 11/22 恵比寿LIQUIDROOM レポート
・ツアー2013 POWER OF NOISE 11/22 恵比寿LIQUIDROOM レポート

ーーそして2013年には『POWER OF NOISE』をリリースします。

この時のアー写、うちの実家のベランダですからね。今見てて思ったけど、『FUTURES』くらいから変わっていったんですよね。『ワンダフルワールド』とか『僕らのファンタジー』は、気ままな感じが強い。別にこの先どうこうっていうイメージもまだ持ってなくて。そこから、いろんなところに行けるようになって、「GO BACK TO MONSTER」ができて、そこでいろんな人とどんどん視野が広がっていくっていう収穫があった中で、『POWER OF NOISE』っていうのは、DIYみたいな感覚が音楽に落とし込まれたことなのかもしれないなぁと今思いましたね。

ーーこの頃のライヴはどうでした?

ただバンドとしてはワーッと盛り上がったりとかするような波がある反面、聴きたいお客さんとのコミュニケーションが難しかった時期でもあった。盛り上がって楽しい人もいれば、聴きたくてこんなことなら後ろに行かなくちゃっていう人だってもちろんいるから、それを如実に一番感じてたころでもある。

ーーそうですね。その頃からフェスに出るバンドのムードも変わってきた。

だけどそっちに寄るのはやっぱり自分の中では避けたい。あくまでも歌ものであることを守りたかったんだと思うんですよ。そこのジレンマが強くて。でも、そうやって葛藤するのはSEBASTIAN Xの良さだったと思う。

・SEBASTIAN Xが語る!「TOKYO春告ジャンボリー2014」出演陣の見どころ
・SEBASTIAN Xが語る!「TOKYO春告ジャンボリー2014」出演陣の見どころ

・「TOKYO春告ジャンボリー2014」速報レポート(2014年4月)
・「TOKYO春告ジャンボリー2014」速報レポート(2014年4月)

ーーで、2014年の日比谷での3回目の春告ですね。これも特設サイトを作りました。

これは大変だった!

ーーというのは?

やっぱり上野と規模感も違うし、全く全然知らないところでやらなきゃいけないっていうのもでかかったし、装飾とかもキャパのレベルが違うから、走り回らないと終わらないみたいな。ステージを組むのも、直前までPAさんがピリピリしてたり。ギリギリでなんとかなったんだけど、あたふたしてたら1日終わったっていう感じだよね。

ーーこの時にはもうメジャーデビューの意思はあったんですか?

話は進み始めてましたね。終わった後エイベックスの方々が挨拶にきてくださったんですけど、もうバタバタで。あんまり記憶もなかった。

次ページへ

ページ:
1 2

3

4

関連記事

永原真夏

2008年2月から2015年4月の活動休止までSEBASTIAN Xのヴォーカリストとして活動。作詞作曲、アートワークやMV、グッズなどを手がけていた。バンドの活動休 止から19日後にソロ活動開始宣言、2015年 7月には1stソロEP『青い空』をリ リース。発売日にソロ初ライブを行なう。
現在、ソロプロジェクト「永原真夏+SUPER GOOD BAND」やKey.工藤歩里とのユニット「音沙汰」などで活動中。
そして、2016年3月に1st Mini Album『バイオロジー』をリリースする。

オフィシャルサイト
オフィシャルTumblr
オフィシャルTwitter
永原真夏STAFF Twitter



< RELEASE INFORMATION >
1st Mini Album『バイオロジー』

2016年3月16日(水)発売 WRCA-06 / 1,800円(税込)
[ 収録楽曲 ]
1. リトルタイガー
2. バイオロジー
3. 平和
4. 唄おうカロリーメイツ
5. 青い空(Hyper Ver.)
6. プリズム99%


< TOUR INFORMATION >
永原真夏1st Mini Album『バイオロジー』リリース記念東名阪インストアライブツアー
3月19日(土) 名古屋PARCO 西館1Fエントランス・スペース
16:30スタート/観覧フリー
※永原真夏(Vo)と工藤歩里(Key)による2人編成でのライヴとなります
※アコースティック・ミニライブ&サイン会&特典引換会

3月25日(金) タワーレコード難波店 5Fイベントスペース
19:30スタート/観覧フリー
※永原真夏(Vo)と工藤歩里(Key)による2人編成でのライヴとなります
※アコースティック・ミニライブ&サイン会&特典引換会

3月27日(日) タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
21:00スタート/観覧フリー
※永原真夏+SUPER GOODでのライヴとなります
※ミニライヴ&サイン会&特典引換会

永原真夏ツアー2016「わたしのバイオロジー」
4月10日(日) 水戸SONIC
永原真夏+SUPER GOOD BAND / 他

4月15日(金) 仙台FLYINGSON
永原真夏+SUPER GOOD BAND / ワンダフルボーイズ

4月23日(土) 浜松FORCE
永原真夏+SUPER GOOD BAND / 指先ノハク / Spoon / ピンク・ロリータ・ジュリエッツ / macico / ピスタチオ

5月7日(土) 岡山CAFE MUSIQA
音沙汰 / さとうもか

5月8日(日) 島根・松江NU
音沙汰 / O.G.K / wonder wonder / DJエンペラー梅木 / 他

東名阪2マンツアー
5月13日(金) 大阪シャングリラ w/ Wienners
5月21日(土) 名古屋TOKUZO w/ GEZAN
5月26日(木) 渋谷WWW w/ HAPPY


ページ上部へ戻る