永原真夏、初の全国流通盤となる1stミニアルバム&東名阪レコ発ツアー決定

永原真夏

Photo:西槇太一

2015年4月に活動休止したSEBASTIAN Xのフロントマン永原真夏がソロ活動開始後初の全国流通盤となる1st Mini Album『バイオロジー』を3/16にリリースする。さらに、5月には東名阪でレコ発ツアーが開催される。これは昨日1月11日に六本木ケントスで行なわれた主催イベント「永原真夏 PRESENTS あけおめ爆音新年会」で、永原真夏から発表されたもの。

永原真夏・主催イベント「あけおめ爆音新年会」は永原真夏が企画した新年会的な趣向を持った企画で、永原真夏+SUPER GOOD BANDの他に「迎春ゲスト」として、アナログフィッシュとワンダフルボーイズの2組、さらに”でぶコーネリアスEX”のVo.藤田千秋が「CHIAKIZZCLUB」名義でDJを担当。ゲストMCに同じく”でぶコーネリアスEX”のBa.たっぴーが参加。ソールドアウトで満 員の会場は笑いあり感動ありの新年ムードで溢れていた。

永原真夏

Photo:木村泰之

トリで登場した永 原真夏+SUPER GOOD BANDはまだ作品化されている楽曲が3曲のみということもあり、新作に収録されるであろう新曲も次々演奏。アンコールで再びステージに登場した永原真夏 の口から3月に初の流通盤がリリースされること、東名阪でレコ発ツアーを行なうことが発表され、さらに「ネットよりもCDよりも何よりもまず 今日来てくれた皆さんに届けたかった曲」というメッセージの後に、「リトルタイガー」を初披露した。永原真夏の真骨頂とも言える、駆け回るよ うなアップテンポのロックチューンで会場は大いに盛り上がっていた。

さらに終演後 には、アンコールで初披露された新曲『リトルタイガー』のカセットテープ・シングルをサプライズリリース。永原真夏がイラスト/デザインを手掛けた、キュートなアートワークも印象的なカセットテープとなっている。

永原真夏 / リトルタイガー

SEBASTIAN X活動休止から3ヶ月後の2015年7月に1st EP『青い空』をライヴ会場・オフィシャル通販のみで販売していた永原真夏だが、その後も精力的にライヴ活動・制作活動を行ない完成させた1st Mini Album『バイオロジー』はEP『青い空』も一緒に制作したサポートバンド「SUPER GOOD BAND」と共に永原真夏の”今”を体現した曲たちが収録されている模様。新作やツアーの詳細は追ってアナウンスされるとのこと。今回の発表に伴い公開になったアーティスト写真はこれまでの永原真夏のイメージとは趣きの異なるものとなっており、また本作からリ リース名義が「永原真夏」単独名義になっており、どのような作品に仕上がっているかも楽しみにしたい。

また、突如リリースされたカセットシングル『リトルタイガー』のアートワーク写真もHPで公開になっている。このカセット・シングルの後の 販売方法などは後日発表される。


永原真夏 1st Mini Album『バイオロジー』
2016年3月16日(水)発売:WRCA-06
価格/収録曲/仕様など詳細は後日発表

永原真夏 1st Cassette Single『リトルタイガー』
2016年1月11日(月)発売
特別ラッピング仕様:WRCT-01 / 800円(税込)
SIDE A:リトルタイガー
SIDE B:リトルタイガー(カラオケ)
※今後の販売方法などの詳細は後日発表


「永原真夏 東名阪ツアー2016(仮)」
5月13日(金) 大阪シャングリラ
5月21日(土) 名古屋TOKUZO
5月26日(木) 渋谷WWW
詳細後日発表

1月28日(木) 「JANUS POPS BANQUET」
3月26日(土) 「IMAIKE GO NOW 2016」


オフィシャルサイト

関連記事

ページ上部へ戻る