<インタヴュー> ジョゼ「音楽の喜びを、もっと純度の高い形で」――ストレートな歌が躍動するアルバム『YOUNGSTER』に込めた思い

<インタヴュー> ジョゼ「音楽の喜びを、もっと純度の高い形で」――ストレートな歌が躍動するアルバム『YOUNGSTER』に込めた思い

3ピースバンド、ジョゼがニューアルバム『YOUNGSTER』をリリースした。

かつてはテクニカルで変則的な曲調を得意としていた彼らは、デビューを経て前作の1stアルバム『Sekirara』をリリースする過程で大きく変化。真っ直ぐな思いを情熱的なギターサウンドに乗せて届けるバンドへと成長を遂げてきた。

新作は「若さ」をキーワードにしたものだという。輪郭の太くなったアンサンブルに、切実な歌が響いている。制作の裏側を3人に語ってもらった。

取材・文=柴 那典


より鮮明に、伝えたい、共有したい


ーー新作には「伝えたい意思」みたいなものが真っ直ぐに出てきている感じがします。前のアルバムをリリースして、それ以降ジョゼというバンドはどう変わった感触がありますか。

羽深:前作の『Sekirara』が1stフルアルバムで、そこでひとつ出し切ったので、そことは違う一歩を踏み出そうと思いました。これからもずっと長く音楽と寄り添っていきたいし、年をとって達観的になるんじゃなくて、もっと若さを大事にしたかった。『Sekirara』ではやらなかったことを敢えてやろうと思った部分はあります。

ーー前作は『Sekirara』というタイトル通り赤裸々な作品だったと思うんですが、自分自身と向き合うみたいなテーマがあったんでしょうか。

羽深:自分自身と向き合うっていうより、相手と向き合いたいっていう、他者への欲がありました。それが『Sekirara』の制作段階で目覚めていったんです。今回の『YOUNGSTER』では、そこで気付いたことを、その線を濃くしたというか、太くした感じですね。より鮮明に、伝えたい、共有したい、というか。サウンド面の細かいアレンジではなくて、一つ一つの言葉だったり、力強いリフ、わかりやすいメロディで相手と繋がりたい気持ちを表わしていきました。

ーーもともとジョゼってそういうバンドでした? スタート地点はどんな感じでしたか?

羽深:いや、スタート地点はまったくそうじゃなかったですね。変拍子の曲もあったし、周りのバンドとは違うことをやりたいっていうひねくれた考えがあって。変なところに針の糸を通そうというか、一筋縄でいかないバンドが格好いいという思いで始めたんです。とにかく自分のアイディアを詰めまくって、めまぐるしい展開で曲を作っていた。外からは「何が伝えたいかわからないけど、とりあえず雰囲気がかっこいい」と思われていたかもしれない。最初はそういうスタートでしたね。

ーーそこからのバンドの変化を、中神さんと吉田さんはどう見てきましたか?

中神:最初は「このフレーズかっこよくない?」みたいなところから作り上げていくケースが多かったんですけど、今は歌詞とか「こういうことが歌いたい」というものから作っていくことが多いですね。歌が中心になったかたちにどんどん変化していったというか。

吉田:僕は前回のフルアルバムの制作から新しく加入したんです。それまではお客さんと同じで観る側だったんですけど、今ははぶちゃんがお客さんに一人一人に対して直接語りかけるような感じになった。詩の力が強くなったのかなっていうのを感じていました。


さらに脱皮するためには勢いや太さが必要だった


ーー『YOUNGSTER』では「若さ」というものがモチーフとなったんですよね。どういうところが今作のスタート地点になったんでしょうか?

羽深:『Sekirara』のあと、僕のストックがすっからかんになっちゃったんです。で、どうせゼロから次のステップに行くわけだから、同じことをやるのはやめようと。バンドとしてもまだ未熟だから、さらに脱皮するためには勢いや太さが必要だと考えたんです。繊細なアレンジで切実な歌が通る、透き通ったバンドみたいな形容をされることが多かったんだけれど、そのイメージは変えないままかたちを変えられたらと思ったんです。

ーーより力強いものになろうとした。

羽深:『Sekirara』のツアーでライヴの大切さを知ったのも大きかったですね。お客さんはちゃんと応えてくれるから、俺たちがもっと赤裸々に相手と向き合えたらもっと面白いんじゃないかと思って。そこから、ライヴを想定して曲を作り始めたんです。だから今回は家にこもってデモを作るんじゃなくて、プロデューサーの根岸(孝旨)さんとスタジオワークの中で曲ができていく感じで。

ーー脳内で完結しない音楽になった?

羽深:そうですね。その場で確認してみんなで鳴らして、かっこいいねってなって、そこから作っていく。今回はバンドサウンドが先にあって、そこに詩をつけるのも多かった。ライヴ感のあるグルーヴをみんなで研究しましたね。

ーーそういうところが芯の太さというか、骨の太さというか、そういうところに結びついている感じがありますよね。聴いているとタフな曲が多い感じがあります。

羽深:そう言っていただけるとすごく嬉しいです。あと、プロデューサーの根岸さんがいたことが一番大きかったかもしれないですね。最初はお互い「どうするんだろう?」みたいな感じだったんですけれど、なんとか僕らが進みたい方向を汲み取ってくれて。それは、やっぱり歌を届けたい、ということだったんですね。そこから、説得力があるサウンドを作れるように純度が増していった感じがあります。

次ページ:全員、自分に喝が入った

ページ:

1

2 3

関連記事

ジョゼ

羽深創太(Vo&Gt)
吉田春人(Ba)
中神伸允(Dr)

透き通った羽深の歌声が切実な想いを届けるスリーピースバンド。


オフィシャルサイト


3rd Mini Album『YOUNGSTER』



2016年1月13日(水)発売
DQC-1512 / 2,000円+税
[ 収録楽曲 ]
1. ハートソルジャー
2. パステルカラー
3. LITTLE CITY
4. ロクデナシ
5. GUILTY
6. Friday
7. ヤングパレード
8. 飛行機雲を探して


< TOUR INFORMATION >
ジョゼ 3rd mini album『YOUNGSTER』release tour Y.M.C.A. 2016
2月05日(金) shibuya eggman
w/ ドラマストア / リコチェットマイガール

2月10日(水) 京都MOJO
w/ GOOD BYE APRIL / asayake no ato ...and more

2月12日(金) 高松DIME
w/ 最悪な少年 ...and more

2月19日(金) 福岡graf
w/ nicoten / the quiet room ...and more

2月21日(日) 広島CAVE BE
w/ nicoten / the quiet room / Marry Che-LIE ...and more

2月25日(木) 千葉LOOK
w/ Halo at 四畳半 / Ivy to Fraudulent Game / ARCHAIC RAG STORE

2月28日(日) 仙台flying son
w/ The Cheserasera / tonetone / Nice to eat you

3月05日(土) 札幌COLONY
w/ Vianka / The Cheserasera

3月18日(金) 名古屋ELL SIZE
w/ phonon / The Cheserasera / Bob is Sick

3月25日(金) 金沢vanvan4
w/ The Cheserasera / ドラマストア ...and more

3月26日(土) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
w/ The Cheserasera / ドラマストア

4月02日(土) 渋谷TSUTAYA O-CREST ※ワンマン


タワーレコード 全国インストアライヴ(ミニライヴ&サイン会)
1月28(木) タワーレコード渋谷店 1Fイベントスペース 19:00~
2月13(土) タワーレコード難波店 5Fイベントスペース 14:00~
2月14(日) タワーレコード名古屋パルコ店 西館1Fイベントスペース 15:00~
2月18(木) タワーレコード福岡パルコ店 イベントスペース 19:00~
2月20(土) タワーレコード広島パルコ店 15:00~
2月28(日) タワーレコード仙台パルコ店 12:00~


ページ上部へ戻る