<インタヴュー> Rei「自分自身に誇りを持って生きる人がもっと世界に増えてほしい」――注目! ブルースの本質を今に蘇らせる22歳のニューカマー

<インタヴュー> Rei「自分自身に誇りを持って生きる人がもっと世界に増えてほしい」――注目! ブルースの本質を今に蘇らせる22歳のニューカマー

昨年にリリースした2枚のミニアルバム『BLU』と『UNO』が、かなりの評判を巻き起こしている女性ギタリスト/シンガーソングライター、Rei。一度聴けば、その「本物感」というものがハッキリと伝わってくるんじゃないかと思う。

幼少期からニューヨークでクラシックギターを弾き始め、5歳でブルースに出会ったという早熟の音楽人生を歩んできた彼女。ヒリヒリするような音を紡ぎだす卓越したギタープレイにまずは耳がいくが、ソングライターとしての才能もかなりのもの。奮い立たされるような、勇気づけられるような、生命力ある歌を歌っている。

現在22歳、今年2月で23歳。3月にはアメリカの「SXSW Music Festival 2016」への出演も決定している。さらなる飛躍を果たすだろう彼女に話を聞いた。

取材・文=柴 那典


その人の胸の奥のところまで突き刺しにいくものに


ーー昨年は『BLU』と『UNO』と2枚のアルバムをリリースしました。どんな一年でした?

Rei:駆け抜けたって感じでしたね。

ーーどんな反響がありましたか?

『UNO』と『BLU』は印象が違うという意見があって。それは自分でも意図していた部分だったので嬉しかったです。より『UNO』の方が意志とか決意が見えるようなサウンドや歌詞にしたいなと思ってたんで。ライヴをやっていても、人と話していても、その情熱が伝わった実感はあります。

ーー『BLU』と『UNO』は、位置付けも方向性も少し違う作品なんですね。これはどういう違いを意識してたんでしょうか?

作ってた当時の私が人として変化しているのは根本的にあると思うんですけど、『BLU』は1枚目というのもあったんで、「私はこういう人です」っていう1枚にしたかったんです。だからブルースとかロックとかクラシックとか、自分が影響されてきた音楽のエッセンスを丁寧に描いて、その上で歌いたいことを歌ったのが『BLU』でした。で、『UNO』は、挑戦する姿勢を大事にしたいアルバムだったので。まだ行ったことのない街に一人で繰り出すみたいなドキドキ感も味わいつつ作ったというか、果敢に挑戦する姿を映しこむためにアルバムの中でも自分自身いろいろやってみた感じです。

ーー聴いた印象でいうと、『UNO』はきちんと今の時代のポップミュージックとして通用するものにしようっていう感じがしたんですけれども。そういう感覚っていうのは作ってありましたか?

ポップっていうのは言葉としては意識しなかったんですけど、より浸透率というか、伝わりやすいようにするにはどうすればいいんだろう、っていうことは考えました。自分が考えていることが音楽に乗って、100が100のままで伝わるためにはどういう言葉を使ったらいいんだろう、どういうアレンジするんだろうとか、そういう考え方で作っていました。

ーーブルースというスタイルよりも、歌が前に届くようにするってことですか?

そうですね。もちろん自分の好きな音楽だし、ブルースの音使いの傾向とかあるわけですけど、自分が結局伝えたいことっていうのは、メッセージだったり、生きていく姿、そういう部分だったりするので。その人の胸の奥のところまで突き刺しにいくものにするためにはどうすればいいかなっていう。

ーーということは、自分の聴いてきたルーツと、今東京に暮らす22歳が感じるものと、その両方をストレートに出したのが『UNO』だった、と。

そうだと思います。ジャンルって肩書きは、CDショップとかで探しやすいようについているもので。音楽家としてはそういう隔たりはできるだけ持たないようにしてますね。ブルースも好きだけどクラシックも好きだし、そこのところを自由に泳げるようにやっていきたいなと思っています。

次ページ:ブルースはスリーコードで12小節で会話できる

ページ:

1

2

関連記事

Rei

1993年、兵庫県伊丹市生。

卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガー・ソングライター/ギタリスト。 幼少期をニューヨークで過ごす。4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズに出会う。

2015年2月、プロデューサーに長岡亮介(ペトロールズ)を迎え、1st Mini Album『BLU』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL '15、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015、Peter Barakan's Live Magicなどビッグフェスに多数出演。

2015年11月4日、セルフ・プロデュースにて2nd Mini Album『UNO』をリリース。

好きなミュージシャンは、Johnny Winter、Blind Blake、JB Lenoir、Jeff Lang、BECK、tUnE-yArDs、HIATUS KAIYOTEなど。


オフィシャルサイト


2nd Mini Album『UNO』



2015年11月4日(水)発売
DDCB-12401 / 1,389円+税
[ 収録楽曲 ]
1. OCD
2. JUMP
3. Love Sick
4. Black Cat
5. Soleil
6. POTATO
7. We


< LIVE INFORMATION >
Rei Release Live「UNO」
1月29日(金) OPEN 18:30 / START 19:30
会場:渋谷TSUTAYA O-nest
SOLD OUT!

サンフジンズ対バン企画「問診過注射2016 vol.2」
3月2日(水) 代官山UNIT

「IMAIKE GO NOW」
3月26日(土) 名古屋9会場


ページ上部へ戻る