ウソツキ特別企画「甘口カレー対談」第三回:吉田健二(Gt)×真鍋吉明(the pillows)

ウソツキ特別企画「甘口カレー対談」第三回:吉田健二(Gt)×真鍋吉明(the pillows)

ウソツキの「甘口カレー対談」、第三回のゲストにはthe pillowsの真鍋吉明(Gt)が登場!

ウソツキの4人が、それぞれ同じパートのバンドマンの先輩を招いて送るこの対談連載。今回は吉田健二(Gt)とのギタリスト対談。二人のギターのルーツについて、楽器や機材について、かなりマニアックなトークをお届けします。

写真=山野浩司   取材・文=柴 那典


ギタリストは自分の世界を持ってる人が多い(真鍋)


ーーもともと吉田さんはピロウズを聴いて育ってきたんですよね?

吉田:はい。中学生か高校生くらいに聴きはじめました。最初のきっかけは、『SYNCHRONIZED ROCKERS』っていうトリビュートのアルバムだったんです。BUMP OF CHICKENとかELLEGARDENが参加していたことから知って。で、「本家はどういう曲なんだろう」って聴き始めて。それで、すごく突破力というか、力強い曲が本当にあるなと思って。そこがきっかけですね。

ーーライヴも観にいってました?

吉田:はい。

ーーでも、二人がお会いするのは今日が初めて。

真鍋:初めてなんです。

吉田:バンドとしてちゃんと活動するようになったのが、ここ1、2年の話なので。本当にありがたい話です。

真鍋:健二くんがさ、この前のピロウズのツアーのファイナルに来るって聞いてたんだよ。で、事務所の人に「じゃあ終わったから、連れてきてよ」って言ったら、影も形もなくて。「ん? 帰ってしまったのか」って(笑)。

吉田:本当にすいません!

真鍋:打ち上げに連れていって、朝まで連れ回そうと思ってたのに(笑)。

ーー真鍋さんは、そうやって下の世代と知り合うことはたくさんあります?

真鍋:多いですね。特にやっぱりギタリスト、若い子に「ピロウズが好きだ」とか「私のようなギターが好きだ」と言ってくれたら、やっぱり正直かわいがっちゃうし、面倒見ちゃう。ただ、ギタリストなんで、あんまり群れないスタンスの人たちも多い。ギタリストっぽい関係性だなと思いますね。

ウソツキ特別企画「甘口カレー対談」第三回:吉田健二(Gt)×真鍋吉明(the pillows)

ーーギタリストっぽい関係性というと?

真鍋:やっぱり、ドラマーとかベーシストはつるんで飲むんですよ。ドラム飲み会とかベース飲み会とかもあって。でも、ギタリスト飲み会はあんまりない。ギタリストは自分の世界を持ってる人が多いんです。他人の領域を侵食しない感じですね。あとは、真面目な子が多い。ギターの話とか機材の話とかするんだよ。みんな楽器を持ってきて、弾きだしたりしてね。それもギタリストっぽいかなと思って。そういう出会いも嬉しいし、今度は健二くんも良かったらその異質な空間にぶち込んでみようかと(笑)。

吉田:是非参加させてください(笑)。

真鍋:ギタリストって、そんなにグイグイ行かないじゃない。

吉田:そうですね。

真鍋:だから逆に、居心地はいいんじゃないかなって思うけどね。

吉田:僕もギターとか機材のこと語りたがると思います。好きなので。

真鍋:好きなんだ。

吉田:はい。

真鍋:じゃあ楽しみだ(笑)。

吉田:よく、真鍋さんの機材の解説動画とか見てるんです。

真鍋:マジで? まあ、エフェクターの話って尽きないからね。面白いしね。ギタリストならではの話なんだよね。


入り口は夏休みの暇つぶしとエリック・クラプトンだった(吉田)


ーーこの対談はギタリスト対談なんで、マニアックな話も全然アリでいこうと思うんです。

真鍋:読んでる人を置いてきぼりにしちゃいそうだけどね。

吉田:僕としてはもう、ただ単純に自分が今後ギタリストとして成長するために、アドバイスを聞きたいっていうのがあって。

ーーそれを是非ぶつけていただければ。

吉田:はい。じゃあ……あの、真鍋さんのギターのルーツはどういうところにあるんですか?

真鍋:まず、本当のスタートはハードロックだったんだよね。レッド・ツェッペリン、ディープ・パープルだった。ただ、やっぱりパンク・ロックが出てきた世代で。これは格好いいなと思った。それまではギターのテクニックが一番重要だったんだけれども、パンク・ロックはファッションも含めて、ライフスタイルがすごく格好よくて。「パンクバンド始めなきゃ」と思って始めたんだよね。その時までは結構ギターが弾けてたのね。でも、パンクバンドをやったら何かしっくりこなくて。それは俺が上手いせいだと思って(笑)、練習をやめたの。その結果すごく下手になって、「これはヤバいぞ」ということになって、「やっぱり練習はしなきゃダメだ」と思って(笑)。そこから時代が変わっていって、ポリスとかU2とか、どんどん面白いギタリストが時代を作っていく時代になったので、そういうパンク・ロック以降のギタリスト、ギターで音楽を構築していくようなバンドに影響を受けた。初めて憧れたギタリストは誰だった?

吉田:僕は、親父がギターを持っていて。で、僕、すごく退屈な少年だったんですけど、親父がエリック・クラプトンのDVDを流してたんです、家で。で、「ふーん」と思って、「暇だしちょっとやってみるか」って言って始めたっていうきっかけなんですよ。

真鍋:入り口がクラプトンなんだ(笑)。

吉田:そうです、入り口が夏休みの暇つぶしとクラプトンっていう。でも、そうやって音楽を聞いていくうちに、自分の好きなギタリストを見てみると、みんなブルースとかチョーキングとか、そういうのを多用しているギタリストだったんです。その好きなギタリストの中に真鍋さんもいて。

真鍋:ありがとう(笑)。



ページ:

1

2 3 4

関連記事

ウソツキ
ウソツキ

竹田昌和(Vo,Gt)が高校生の頃からオリジナル曲を作り始め、2011年2月に活動がスタート。2012年3月に5曲入り自主制作盤『雨降るバス停』をライブ会場限定で発売する。その後、2013年の夏に現在の吉田健二(Gt)、藤井浩太(Ba)、林山拓斗(Dr)の4人編成となり、都内を中心に活動している“王道うたもの”バンド。
2014年6月4日に、DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECTからデビュー・ミニアルバム『金星人に恋をした。』をリリース。タイトル曲である「金星人に恋をした」は、全国ラジオ局でのパワープレイを多数獲得した。

< RELEASE INFORMATION >
2nd Mini Album『新木場発、銀河鉄道は行く。』

2015年1月21日(水)発売
UKDZ-0160 / 1,500円(税抜)
[ 収録楽曲 ]
1. 新木場発、銀河鉄道
2. 過去から届いた光の手紙
3. 一日だけヒーロー
4. 綿飴とりんご飴
5. 時空間旅行代理時計


< TOUR INFORMATION >
ウソツキpresents「ハレソウ」ツアー
6月24日(水) 仙台MACANA
6月26日(金) 新代田FEVER
7月02日(木) 梅田Shangri-La

時間:開場 18:30 / 開演 19:00
出演:ウソツキ / アンテナ / ココロオークション
料金:前売 2,500円 / 当日 3,000円(ドリンク別)

オフィシャルサイト



the pillows
the pillows

1989年結成。山中さわお(Vo, G)、真鍋吉明(G)、佐藤シンイチロウ(Dr)。精力的なライブ活動を続ける中で固定ファンを獲得。2004年には結成15周年を記念して、BUMP OF CHICKEN、ストレイテナー、Mr. Childrenなどが参加したトリビュートアルバムをリリースし注目を集める。2005年から海外での活動を開始し、6度のアメリカツアーでは、NY、LAなど7都市全てソールドアウトする等、海外での人気も獲得する。結成20周年を迎えた2009年には初の日本武道館公演を行い大成功を収めた。2014年に結成25周年を記念した2枚目のトリビュートアルバム「ROCK AND SYMPATHY」をリリース。髭、Base Ball Bear、UNISON SQUARE GARDENなど、the pillowsに影響を受けた若手バンドが参加し、対バンツアーも敢行。10月に約3年振りのニューアルバム「ムーンダスト」をリリースし、全国ツアーも行った。結成25年を超えてなお、精力的に活動を行い、今や日本のロックシーンには欠かせないバンドとしてリスペクトされている。

< LIVE INFORMATION >
the pillows presents Ready Steady Go!
6月2日(火) 渋谷 TSUTAYA O-EAST
with/ The Birthday

the pillows presents Old Rose And New Rose
6月5日(金) 仙台 Rensa
with/ くろうず

髭 presents ファニーバニー!とテキーラ!テキーラ!
7月8日(水) 渋谷 CLUB QUATTRO
with/ 髭(HiGE)

the pillows presents テキーラ!テキーラ!とファニーバニー!
7月13日(月) 名古屋 THE BOTTOM LINE
with/ 髭(HiGE)

the pillows presents Deadman & Lostman
7月15日(水) 福岡 DRUM LOGOS
with/ ストレイテナー

the pillows presents About A Rock’n’roll Band
7月17日(金) 大阪 BIGCAT
with/ a flood of circle

the pillows presents 恋のマシンガンに気をつけろ!
7月27日(月) 新宿 LOFT
with/ 東京カランコロン



オフィシャルサイト


ページ上部へ戻る