<インタヴュー> BUGY CRAXONE「大陸的なものを皆で歌って終わる感じっていうのは元々から変わってないんだよね。」

<インタヴュー> BUGY CRAXONE「大陸的なものを皆で歌って終わる感じっていうのは元々から変わってないんだよね。」

2010年に入り傑作アルバムを連射するBUGY CRAXONE。その契機となったのは2012年リリースの『Joyful Joyful』。大胆なまでにソリッド、そしてシンプルとなったすずきゆきこの歌詞とともに、何処か吹っ切れた新たなBUGY CRAXONE像を確立してみせた。以後、『いいかげんなBlue』『ナポリタン・レモネード・ウィー アー ハッピー』と神かがっているオリジナルアルバムのオンパレード状態で来ているのだが、最新作『Lesson』もまたすずきゆきこ主導のシンプルかつポジティブなメッセージ性が凄まじい。「Lesson 1」における“GoodもBadもGodもぜんぶ知ってしまった それでもわらえる きれいなちからを”とはなんと達観したフレーズだろう! すずきゆきこの一層柔らかく明朗な歌声、笈川司による多彩なトーン満載のギタープレイ、旭司、ヤマダヨウイチによるリスム隊も躍動感たっぷりである。カラフルでアイデアたっぷりのサウンドマジックと、R&Rのリスペクトにもあふれる1枚に結実した『Lesson』を聴くと、ポップシーンの革新がライブハウスシーンでさりげなく始まっているという認識を新たにする。すずきゆきこ、笈川司にたっぷりと語ってもらった。

取材・文=北村和孝


作っていくということを切らさないようにしてきた(すずきゆきこ)


ーー『Joyful Joyful』以後のBUGY CRAXONEはとにかく肯定モードでキャッチーで、とにかく素晴らしいアルバムを毎年作リ続けています。やはり『Joyful Joyful』で金の鉱脈を掘り当てたような感覚があったんですか?

すずき:『Joyful Joyful』を作るとき、メンバーもまだ固まっていなかったからまだアルバムをつくるのは早いんじゃないかと思ってたところもあったけど、とにかく前に進まないと歩みが止まってしまうかもしれないとも皆が言っていて。笈川君は元々良い曲を書いていたんですけど、明るい曲に私が歌詞を乗せることができなくてストップしていたところもあったんですが、“頼むから絶対「ハレルヤ」の歌詞を書いて!”って。物凄く勇気を持ちつつ書いたんですけど、進み続けた結果、こうなったのは本当にラッキーだったと思います。

ーー「ハレルヤ」は皆で歌える大きなメロディと、ポジティブなメッセージ性をともなった重要曲になったと思います。

笈川:こういう感じの曲がやりたいと狙って書くことはあまりないんですが、「ハレルヤ」に関しては唯一と言っていいくらいにああいう感じというのがあったんです。

すずき:『Joyful Joyful』はしばらくアルバム制作をストップしていた状況から再スタートした1枚。その後に関しては絶対に年に1枚は出すっていうのがバンド内の約束で、とにかく転がっていくというか、転がしていくというか。作っていくということを切らさないようにしてきたから。自然にそうなったかなとも思うんですよね。年齢もそうだし、年齢をとると身体のつくりも変わってくるし、精神的にも落ち着いてくるところもあるし、このバンドで音楽として昇華してきているなという感覚はあります。

ーー近年、より音数を削いだシンプルなロックをやろうって風に変わってきたんですか?

笈川:レコーディングのやり方が変わっただけで、基本は変わってないと思っていて。ギターは最近ちょっとニューウェイヴ色が強いですかね。

ーー近年歪みのニュアンスは比較的抑えられてきた方向だと思うのですが、『Lesson』は徹底的にクリーン、クランチ系のギターサウンドを追求しているように思えます。

笈川:あぁ、段々とそうなってきているかもしれない。歪んでいるから凶暴だっていう感じは減ってきましたね。それよりもクランチでザラザラしているほうが痛く響いたり、せつなく聴こえたりするのが気に入っているのかもしれない。ギターの弦が震える感じをちゃんと録れればなと。

ーー歌詞が削られてどんどんシンプルになっているのもそうだし、ギターも誤摩化しが効かない音で勝負しているし、近年のBUGY CRAXONEは言い訳のできないところで勝負している印象があります。

笈川:その方がわかりやすいのかなと思っていて。もうちょっと綺麗にまとまっているテイクがあったとしても、自分達のニュアンスが一番強いテイクを選びます。

ーー今の4人が揃ってプレイするのは凄く楽しい状況なんだなって気がしますね。

笈川:めっちゃ楽しい(笑)。

すずき:そうなんだ! 良かったね(笑)。

笈川:『Lesson』を作ってからより楽しくなった気がします。ライヴをやるのが特に楽しくて仕方がない。演奏しているだけでも幸せだなって思いますね。

ーー男性陣がサビを合唱する「Lesson 1」がインパクトありますが、同時に「いいかげんなBlue」のポエトリー路線も受け継がれていて。

すずき:前はそういう特徴的な曲って目立つから一回やったらおしまいって思っていたけど、それが自分の自然なかたちになってきたから。躊躇なく「Lesson 1」でラップができた(笑)。

笈川:ラップか(笑)!?

ーーこういう曲ってどういう風に作るんですか?

すずき:ここからここまでおしゃべりって(笑)。

笈川:「Lesson 1」に関してはそういうイメージがありましたね。凄く詞をフィーチャーしたかったところがあって…。

すずき:その時点ではないのにだよ、詞が(笑)!

笈川:そこでガーッとやってもらって。まず何か書いてきてってお願いをして。

すずき:笈川君が書くタイプの曲のおしゃべりはそんな感じで、どう喋るんだろう?っていうのを理解するのが大変。自分の曲のおしゃべりはすでにデモテープで軽く喋っているからそれを仕上げるのは速いんですけど。

笈川:最初ヒップホップを聴いたとき、なんか怒られているような感じがしちゃってなかなか聴けなかったんですよ。でもミック・ジョーンズのビッグ・オーディオ・ダイナマイトってもうちょっとメロディ寄りで、しかもメロディが良くて怒られてない(笑)。当時そこが新しく聴こえました。

ーー怒られてないって重要ですよね(笑)。怒られるどころか、『Joyful Joyful』以後はバンドサウンド自体が柔らかいイメージになりつつあるなと。

すずき:柔らかく歌おうとは努めていますね。『Joyful Joyful』を作る前、怒髪天のツアーに連れて行ってもらったんですけど、うつみようこさんとDETROITSEVENの菜花知美さんと3人でコーラスをやったんです。そのときに自分の声ってこうなんだっていうのを知った感じがあって。どうやったら声が響くか、自分なりに鳴らせるか、自分の声の響きの良いところはどこかを考えて曲を作るようになりました。それまではガッとリフが効いたロックがやりたくて、そっちに自分の声を合わせていたんですよね。笈川君が作る曲もキャッチーなものになっていたし、もっと良い歌い方があるんじゃないかなと思い始めて今に至っていますね。さらに感情もこめてっていう良いバランスが徐々に取れるようになってきた気がします。それとBUGY CRAXONEを初期、中期、現在と分けるとして、中期くらいのときってちょっと恥ずかしくて自分達の初期って聴けなかったんですよ。でもそのツアーを経てからデビュー当時の音源を聴いたら、わりと良い声していたんじゃないかと思って。実は昔の自分を真似したところもあるんです。

ーーこうお話を聞いてくると、シンプルな音楽がゆえに凄く考えて作っているんだなと。

すずき:めっちゃ考えていますね。野放しにできるものではないし、私達に関しては一個ずつリズムを組んで、それをどう鳴らすかは…。

笈川:うん、めちゃくちゃ考える。バンドとしてどう鳴らすかは。

ーー歌詞はまったく誤解させないくらいシンプルになってきていますね。

すずき:やっぱりずっとずっと歌われている歌ってシンプルで、でも深みがあるというか。別に深みのあることを歌いたいわけじゃないけど、浅いなって思われるのは癪に触るし(笑)。でも難しかったらカッコイイってわけじゃないし、簡単にすることが敷居を下げることとはまったく思わないですね。そこを自分なりにトライして新しい物を作っていくのが自分の中の物作りの楽しいところだから。それをどんどん突き詰めたいって想いはより強くなりました。

ーー『Lesson』を聴いているとこんなシンプルがゆえの言葉の強さを感じる音楽もそうはないなって思うんです。

すずき:楽器の音もエフェクターをどんどん重ねていくと実音と離れていきますよね? 歌詞もそうであまり重ねていくと離れていく。あとどうしてもロックのリズムだと日本語って乗りにくいですよね? 英語を挟みながら四文字熟語や漢字を凄く使った言葉で書いても、リズムに乗ったとしてもヒヤリングでは何を言っているがわからないですよね? そこを突破するのが自分にとってまず第一のラインで、英語乗りと同じくらい気持ち良く聴けるところにメロディと言葉を寄せていくの。でもどうしてもカタカナじゃないと通らない道はあって、そこをどういう風に良いカタカナで乗っけていくかとか、母音を伸ばしていくかってことを考えるのが好きです。

ーーひらがなが増えた感じとか、最近の歌詞は視覚的な効果も意識していますよね。それ自体も柔らかで優しいものとして訴えかけているような気がします。

すずき:…どうなんだろう(笑)!? まぁ、大人だしなとは思いますよ。

ーーだって“すずきゆきこ”までひらがなになってしまいましたよ(笑)。

すずき:そう(笑)! これは完全に作品に合わせました。漢字で書くと見た目のバランスが良くないからしれっと変えちゃいました(笑)。『いいかげんなBlue』のときからかな。

ーー笈川さんの名前も危ないですね(笑)。

すずき:今回クレジットで並んだときに漢字なんだって思いましたけど(笑)。でも笈川君の名前は竹冠が売りだろうし、(ベースの旭とともに)司さんが二人いるっていうのもバンドの旨味だから残してあげてもいいかな(笑)。

ーーそのシンプルな言葉の響きなりイメージが、逆に今度はバンドサウンドにフィードバックしてきた気もします。

すずき:結構それまではバンド全体で考えてきたんですけど、最近は“私はこう歌うけれどどうするの?” “私こう書くけれどどうする?”みたいな気持ちは凄くあります。ライヴやっても練習していてもそうですし。演奏が活き活きするような方向になるように歌うのが私の役割だし、自分が歌うことでより刺激的になったり、彩りが増えるようにしていくのが楽しいんです。

ーーステージアクションは相変わらず激しくてパンキッシュなところもあるけれど、やっている音楽には凄くソフトなテイストが出てきていて。それが今のBUGY CRAXONEのバランス感ですよね。

すずき:そこは凄く好きなところかもしれないね。

笈川:好みだよね。

ーー笈川さん、旭さんは汗だくでピッキングしていて音は立っているんだけど、弾んでいる印象というか。

すずき:そのままのことをそのままやることには皆興味ないと思うんです。いろんなことが混ざっているのが好きなんだろうね…そういう意識はなかったけど。

笈川:うん、そうなんじゃないかな。

次ページ:あえて作りかけのもの新しいものを選びたがるんですよ(笈川司)

ページ:

1

2

関連記事

BUGY CRAXONE

1997年5月結成。99年3月Victor Entertainmentよりデビュー。2003年4月レーベルとマネージメントを兼ねた『ZubRockA RECORDS』を設立。07年、増子直純(怒髪天)主宰のレーベル『Northern Blossom Records』で活動開始、08年にアルバムを2枚リリース、09年には新曲2曲に、デビュー10周年を記念しVictor Entertainment/ZubRockA RECORDS の音源をセレクトしたアニバーサリーアルバムをリリース。12年6月、約4年ぶりとなるオリジナルアルバム「Joyful Joyful」、13年5月10作目となる「いいかげんなBlue」、14年6月にはドラムにヤマダ ヨウイチが正式加入後4人での初アルバム「ナポリタン・レモネード・ウィー アー ハッピー」リリースと、1年に1アルバムとコンスタントなリリースを重ねる。15年、3度目のRISING SUN ROCK FESTIVALへの出演を果たすなど、ライブパフォーマンスに定評のある彼らが「これでいいのだ」と自然体の清く正しいBUGY CRAXONE満載のニューアルバム「Lesson」を11月11日(水)に満を持してリリース。年内に大阪、札幌、東京でのワンマン公演を開催する他、2016年年明けより対バンツアーを開催。自信もって、胸をはって、あゆみ続けるBUGY CRAXONEのストーリーに乞うご期待!


オフィシャルサイト


NEW ALBUM『Lesson』


2015年11月11日(水)発売
BNBR-0009 / 2,500円(税抜)
[ 収録楽曲 ]
01. ベリナイス
02. キュートだろ?
03. たいにーたいにー
04. step by step
05. チャンスをねらえ
06. とぼけたおとなにならないで
07. きれい
08. ハネてるビートはクールな生き方
09. いけないベイビー
10. Lesson 1

<購入特典>
・タワーレコード(店舗・オンライン):ベリナイスなLessonノート(A5サイズ)
・ヴィレッジヴァンガード(店舗・オンライン):サイン入りオリジナルベリナイスなミニ色紙
・HMV(店舗・オンライン):ベリナイスなオリジナルステッカー
・玉光堂:ベリナイスなオリジナル缶バッヂ(31mm)


< LIVE INFORMATION >
『Lesson』リリース記念インストアイベント“Mini Lesson : タワレコにいこう!”
11月26日(木) タワーレコード札幌ピヴォ店 イベントスペース
11月30日(月) タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
12月03日(木) タワーレコード梅田NU茶屋町店 店内イベントスペース

new album『Lesson』リリース記念インストアイベント“Mini Lesson : ヴィレヴァンにいこう!” ~いいかげんなTV公開収録!~
12月06日(日) ヴィレッジヴァンガードお茶の水店
※生・いいかげんなTV! お便り募集中:info@bugycraxone.com
※公開収録ですが、簡易収録&撮影のため、クオリティによっては公開するかは未定です。
※その他、対象店舗など、詳細はHPページをご覧下さい。

BUGY CRAXONE「Lesson 2:ワンマンをしよう!」
12月04日(金)大阪・十三 Fandango
12月18日(金)札幌COLONY
12月20日(日)新宿red cloth

BUGY CRAXONE「Lesson 3:SAY! SAY! DO! DO!」
2016年
01月29日(金) 名古屋 CLUB ROCK’N’ROLL
01月30日(土) 新潟 CLUB RIVERST
02月05日(金) 仙台 enn 3rd
02月18日(木) 神戸 太陽と虎
02月20日(土) 福岡 Queblick
02月21日(日) 熊本 Django

・the pillows presents「COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2015→2016」
12月31日(木)渋谷duo MUSIC EXCHANGE

・「2015 251 ALL STARS SPECIAL」
12月31日(木)下北沢CLUB 251


ページ上部へ戻る