「変な曲」って…

くるり「Liberty & Gravity」

icon_shiba「くるりの変な曲」と話題の新曲。「変な」=普通じゃない、ひとつじゃない、なんとも形容しがたい不思議な世界観、ということかと思います。いきなり転調したり、民族調だったり、和な雰囲気だったり、ラップが入ったりとジャンルもごちゃまぜ。国籍不明な3人の衣装がまたそれををよく表している。変なんだけど、”くるりっぽい”のが素晴らしい。特に3:10あたりからのちょっと切ないところ。なんだか胸がいっぱいになって、そこから最後までぐわーっと踊り狂いたい!

オフィシャルサイト

Yamasuki Singers「YAMASUKI YAMAZAKI」

icon_shibaYAMASUKIのアルバム『Le Monde Fabuleux Des YAMASUKI 〜素晴らしきYAMASUKIの世界〜』がこの夏再発売されました。こちら1971年にリリースされた作品で、タイトルからお察しかもしれませんが「YAMASUKI」はフランス人のアーティスト。トラックリストには“ANATA BAKANA” “KONO SAMOURAI”などちょっと変な日本語がずらり!歌詞も日本語っぽいんだけどなぜか聞き取れない。笑 曲調はガレージ・サイケ? でもヒップホップっぽい曲もあったり、一貫しているのは”和”な雰囲気。珍妙で絶妙。一言でいうと、めちゃくちゃかっこいいんです。このトレーラーはほんの少しだけなので是非音源を聴いてみて。

オフィシャルサイト

CHIBO MATTO「MFN w/ Supecial Guest Reggie Watts」

icon_shibaNYを拠点に活動する2人組。2001年夏のライヴを最後に活動を停止したのち、2014年2月、なんと15年ぶりとなるアルバム『HOTEL VALENTINE』をリリース。今月にはSUMMER SONIC 2014にも出演。私はそれがきっかけで知りましたが、アルバムを聴いてみたら、魅惑的で踊れて気持ちよくってノリがいい音の虜に。お二人のビジュアルもかっこいー。“DEJAVU”という曲が好きです。

オフィシャルサイト

チャランポランタン「忘れかけてた物語」

icon_shibaサーカスみたいな、ヨーロッパのチンドン屋みたいな…その世界観に一度ふれたらもう忘れられない! 哀愁漂うアコーディオンに小節のきいた歌の姉妹ユニット。芸術一家に生まれたというだけあって、衣装はお母様の手作りだそう! 7月に満を持してのメジャーデビュー。先日ラジオのゲストに来て下さった時は即興で作った“劇団ひとりの歌”を披露して下さり、それがひとりさんも絶賛の素晴らしさだし、やさぐれた(笑)トークは止まらないし、大好きになってしまいました。

オフィシャルサイト

CocoRosie「Lemonade」

icon_shiba私が知ってるアーティストで一番変な曲を作ると思うのがココロージー。最初聴いた時の印象は「怖っ!」(笑)。不気味…だけど芸術的でハマる。ビートはヒップホップっぽい。響きは美しい。アメリカ出身の実の姉妹、通称ココとロージーからなる2人組。ココがヴォーカルと様々な子供用おもちゃや電子楽器を演奏し、ロージーがギター・ピアノ・ハープ・コーラスを担当。すごい才能だなぁ。2人の他にボイスパーカッションやベース、ドラム、ラジカセが加わることも。MVの世界観もそれはそれは独特なので、興味があれば是非チェックしてみてください。

オフィシャルサイト

関連記事

ページ上部へ戻る